||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さくら

熊本地震から一週間が過ぎました。
被災されたすべての方に、心からお見舞い申し上げます。

私の大事な友人、
そしてぴあの塾のメンバーも被災し、
避難生活を余儀なくされています。

友人は益城町に住んでいて、
今はテントの中で避難生活を送っています。

心配する同級生たちを気遣ってか、
facebookにキャンプ生活だよ~とか、
ご飯ができたよ~など、
明るい写真を載せてくれています。

先日などは、
倒壊した家の中からウェッジウッドのカップを見つけ、
それでコーヒーを入れての朝ごはんの写真。

そして、ご主人が大切に育てていた
一輪のバラが咲いたよと
復興のバラの写真。

大変な中、
少しでも生活を明るくすることを見つけ、
ポジティブに前に進もうとしている姿に
逆に私たちの方が励まされています。

ぴあの塾の大事な塾生も被災されました。
ここに詳しいことは書けませんので、
塾生の方はどうか掲示板に行って
私の立ち上げたスレッドを読んでみてください。

何もできない私たちですが、
少しでも彼女を支え、力になれたらと祈っています。

さて、私の方は新学期から2週間、
まだまだ学生のレベル移動など落ち着きませんが、
それでも、仕事に行くという生活にはだいぶ慣れてきました。

4月上旬のある日のこと、
9連勤中の娘(一人暮らし)が、
突然夜うちに帰ってきて、

「さ、母さん、夜桜見に行くよ!」と。
そして、自分の車の私を乗せて、きれいな夜桜を見せてくれました。

ホテル勤務の娘は、
連日、満室続きで忙しいのに、
わざわざそんな中、勤務を終えて私を夜桜に。

2016-04-04 22.04.32

満開の桜を見ながら、
「今年も見れてよかった」〜という私に、

「2年前(闘病中)桜見た時、母さんが、来年はみられないかもって泣いたから、絶対毎年見せる!ってあの時決めたの」って娘。

ありがとう。

そういえば、広島から帰ってきた時、
テーブルに一輪の桜が。
夫もさりげなく桜を飾ってくれていました。

2016-04-03 10.11.23

私自身も、宮島で原爆ドームで、ホテル近くの川辺で、それはそれは、きれいな桜を見ることができました。

2016-04-01 16.20.34

2016-04-02 11.10.33

2016-04-02 12.38.05

どの桜も、それぞれにとても美しかった。
桜にこめる家族の思い。
私の思い。

大病をしたときは、
もう桜は見れないかと覚悟もしたけど、
こうして、1年、1年、また1年ときれいな桜をめでることができました。

もちろん、来年も再来年もず~っと見ますよ!!

熊本、大分で震災に合われた方々も、
来年の桜の頃には、

少しでもいい状況になっていますように。
少しでも、心癒されていますように。

| こころ | 2016-04-24 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

4年前の記事が教えてくれたこと

4年前の2月に「コンプレックス」という記事を書きました。

お時間のある方は、よかったら読んでみてください。
記事だけではなく、そうそうたるメンバーからのコメントもぜひ!

コンプレックス

当時の私は、

勉強しても勉強しても900点が取れず、
洋書は児童書すら読めなくて、
会話力も中級をうろうろ


勤務する大学にも、どんどん新しい30代前後の海外経験組が同じ非常勤講師として入ってきていて、全員が修士以上、博士を持ってる人も何人もいて、休みは論文に学会発表と研究にいそしんでいて、

私、コンプレックスの塊でした。

コンプレックスがあるのに、
あるくせに、

いや、あるからこそ、
自分を背伸びさせたり、
よく見せようとあがいたり、

人からすごいと思われたいなどという他者評価に固執したり、、、

自分に自信がないから、
自分が好きになれず、
なんだか空回りしてる毎日でした。

そんな思いを綴ったのが、「コンプレックス」でした。
それに対して、

≫ Read More

| こころ | 2016-03-15 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

ナイストライ

浪人している甥っ子(弟の息子)の京大の合格発表、今日の正午にありました。
両親(祖父母)は先週からそわそわ(笑)

私は昨日までは、
すでに慶應にも受かってるんだから、別にいんじゃないの?と思っていたのですが、

朝になって、弟とLINEしていて、弟が「祈ってます」なんて送ってくるもんだから、私までがだんだん緊張してきました。

そんな中、朝9時過ぎにLINEの着信音が。
これまた浪人している4年前の教え子の「とし」からでした。

彼は去年、神戸大を受けて不合格となり、
その時、「先生、おれ1年がんばって浪人します!」と報告してくれていて、私もここ2,3日前からどうなったかな?と気になっていたのです。

「先生、久しぶり」から始まり、
なんとなんと、

≫ Read More

| こころ | 2016-03-09 | comments:2 | TOP↑

≫ EDIT

TOEICを明日に控えて、今思うこと

義母は悪いなりに小康状態を保っているようで、
昨日はついに息子どらむも見舞うことができました。
隣県での出張を終え、こちらに足を延ばしかけつけてくれたのです。

酸素マスクをつけいて、
痰もからまっているようで呼吸も苦しそうな義母でしたが、

看護師さんに、
「耳は聞こえているから、話しかけてあげてください。好きな人の声を聞くと喜ばれますよ」と言われ、

「ばあちゃん!どらむだよ。会いにきたよ!」と、
息子が声をかけると、ほんの少し、ほんの少しですが、
左目を一瞬あけてくれました。

息子が、

≫ Read More

| こころ | 2015-12-12 | comments:1 | TOP↑

≫ EDIT

「いい夫婦の日」

主人の母が救急車で搬送され入院して1か月半以上が経過しました。一時は、随分と元気になり、この分では退院できる日も近いかと思っていたのですが、、、

今週に入り、木曜に急変し、外科的処置で何とか峠は越したものの、予断の許さない状況が続いています。

私自身、術後2年の大きな検査を控えてる身でもあり、精神的に何かと落ち着かない日々です。義母には結婚して30年ちょっと、本当によくしてもらい、かわいがってもらいました。

もう年齢も80歳を超していて、もちろん、気持ちの中では覚悟しているのですが、それでも、何とも言えない、いたたまれない気持ちもあり、私自身、急変した木曜以来、辛く、悲しい思いでいっぱいの日々を過ごしています。

私の両親、主人の両親、双方での4人が幸いなことに健在でいたため、こういう状況に慣れていないこともあるのですが、なんというか、頭ではわかってはいても、親を、それがたとえ、義理の親ではあっても、「見送る」ということに全く慣れていないのです。

人は誰しも寿命があり、幸いなことに、双方の両親がこれまで十分に私たちに愛を注いでくれ、十分働き、天寿に近い年齢になっているので、それは、仕方のないことだということは、頭ではわかっています。

それでも、

≫ Read More

| こころ | 2015-11-22 | comments:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT