||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

テーマは興味のあるもので

今週のRとの授業はこれまでとスタイルを変えてみました。
今まではちょっと背伸びして自分が興味のない分野、
経済特に株式とかの記事をTOEIC対策のためも兼ねて読んできました。

しかし、最近はやっぱり自分が関心のあるテーマを読み、
それについてディスカッションする方が楽しいと思い直し、
予約のある日の朝は記事探しをして、

1つ記事を選んだあとは、その記事の背景知識を調べ(日本語:汗)
授業では、基本的に内容についての意見交換と
私が調べた背景知識を英語で説明するみたいな感じになっています。
もっともRはどんなジャンルに対しても知識が豊富なので
私が調べたこと以上のことを知ってる場合も多々あります。

今週は月から水が代講になったため、
昨日と今日の2回のみのレッスンとなりました。

昨日選んだのロシアの女性スパイの話です。
Russian Spy Anna Chapman Is Back in the Spotlight – Mistakenly
レッスン前に、


Anna Chapmanというこの女性スパイについてwikiで調べ、
授業ちゅうにRに説明しました。

また、私は落合信彦のCIA,KGB,モサドなどが出てくる小説が好きで
ほぼ全部読んでいるので、そういう話しもしました。

今日は、日赤の献血に来た外国人が、日本語ができないからという理由で
献血を拒否されたという記事です。

Less-than-fluent foreigners may have trouble giving blood

記事としては簡単なのですが、
そんなことがあるんだと私はびっくりし、日赤のHP上で
献血をご遠慮いただく場合の10項目をチェックしてみました。

そして、これらの項目を授業で英語で説明すべく
単語をいくつか調べておきました。

けいれん性疾患、肝炎、予防接種、粘膜など、見たらわかるけど
outputのできない語彙ってやはりありますね~

また、1つ1つの項目がなぜ献血できないのかの理由も
特にちょっと不思議に思った「6カ月以内にピアスの穴をあけた方」とか
「6カ月以内にいれずみを入れた方」なども詳細部分を読んで説明しました。

彼女もこの記事は興味深いといろんな意見を出し合ったり、
最後にはこの件の解決策にまで話が及びました。

あ、余談ですがフィリピンでは献血の後、
クッキーがもらえるそうです。
Rはそのクッキーが大好きだと言ってました。
彼女は年に2回献血してるんだそうです。

ところで、この記事内の文法についてですが
私はこれまでeven ifのあとの動詞は現在形のみがくると思ってましたが、
1段落目の2番目の文と最後の文は両方even ifのあとに過去形が来ています。

Rに聞いたところ、even ifのあとにはあらゆる時制がくると。。
あ~~私はまだこういう基本的な文法(語法?)わかってないのですね。

来週からはいよいよ新学期で忙しくなり
レッスン予約もかなり減ってしまいますが、
今後彼女とはこういうスタイルでの授業を続けていきたいなと思っています。
関連記事

| keyeye | 2012-04-06 | comments:9 | TOP↑

COMMENT

ぴあのさん こんばんは。

え~~

>落合信彦のCIA,KGB,モサドなどが出てくる小説が好きで
わたしも落合信彦にはまってました。どこまで本当で
どっからが想像あるいは嘘なのかわからないところに
ぐっときてました。落合信彦本の影響か?中高生のときは
翻訳スパイものばっかり読んでいました。まさか、ベルリン
の壁が崩れるなんて・・・・
多読も1,340万語を超え。 結局、スパイだとかスナイパー
だとかこのあたりの本をさがしてます。
頭の中身が成長してません!

都内の献血ルームだと、無料の占い・ハンドケア(
ネールアート?)等々 いろいろサービスがあるらしい。

・東京都赤十字血液センター
http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/rooms/index.html

ついでに、エドガー賞ノミネートの東野圭吾「容疑者Xの献身」
の英語版、活字が大きかったです。読みやすいかもしれません。

エドガー賞← おもしろそうな本がいっぱい!
http://www.theedgars.com/nominees.html

落合信彦に興奮してしまいました。
失礼しました。

| 電個 | 2012/04/06 22:48 | URL |

こんにちは!
私も一時期落合信彦にはまって読みあさってました。
彼がどうやって英語の勉強をしたかを書いた本も面白かったです。ずいぶん昔に読んだのでタイトルは忘れてしまったけど。

The FirmのISBNは0-440-21145-Xでした。
最初図書館で読んでたんですが、あまりに読みにくいので本屋で探したら、表紙が違うし少し行間が広いような気がしたので購入しました。今もう一度見てみると、思ったほど行間は狭くないような・・・慣れたのかもしれません。

| マーズ | 2012/04/07 18:23 | URL |

電個さん

なんですと・・・多読1,340万語って・・・
いったいどんなペースで読んでるのですか~

そして落合信彦ファンでもあったのですね。
うちは夫もはまってた時期があって
夫婦で競い合うようにして読んでました。

東野圭吾の本って英訳されてるのですね~
最近、日本の作家の本も各国語に翻訳されること多くなりましたね。

| ぴあの | 2012/04/07 19:07 | URL | ≫ EDIT

マーズさん

ISBNありがとうございます!!
今チェックしてみたら、その番号は表紙が顔の方ですね。
http://www.amazon.co.jp/The-Firm-John-Grisham/dp/044021145X/ref=sr_1_1?s=english-books&ie=UTF8&qid=1333793646&sr=1-1

もう一つのスーツ&ネクタイの方はISBNが別番号で中身検索をしたら、確かに、マーズさんのものは文字が太く行間も若干狭く感じました。対してスーツ&ネクタイの方は、読みやすい感じだったので、おそらく、たんぽぽさんが読まれたのはこちらの方だったのでは?と思います。

http://www.amazon.co.jp/The-Firm-Novel-John-Grisham/dp/0440245923/ref=sr_1_2?s=english-books&ie=UTF8&qid=1333793743&sr=1-2#_

いい情報頂き感謝です~
落合信彦の英語の学習についての本も興味があります。
マーズさんも落合信彦読んでたんですね~
なんか共通点があって嬉しいです。

| ぴあの | 2012/04/07 19:22 | URL | ≫ EDIT

久しぶりにJapan Timesを読みました~^^やはり、The New York Times等よりもぐっと読みやすいですね^^;

私も初めて知りました、、、。無知でお恥ずかしい限りです、、、。血液なだけに、とてもナイーブな事の1例のように思いますね。記事にも書かれているように、“だれも故意に差別しているわけではない、、、(だけど、、。)”ここに理由があるように思いました。

それからeven ifですが、ここでは仮定に基づいての文なので過去形を使われているのではないでしょうか?実際日本人を同行していないので、even if you brought..., even if you went to...。
実際連れていたのならeven thoughで表していると思いますが、、。

あくまでも私の文法解釈ですが、、、

| Rosily | 2012/04/08 17:23 | URL |

even if について

こんにちは~i-179
うちの近所もようやく桜が3分咲きとなり、うきうきしてますi-267

さて、話題のeven if についてですが…。

まず、このJapan Timesの記事のなかのeven ifを含む文。

They also told him he couldn't donate blood even if he brought along a native speaker.

これですよね。

これは単純に、主節 They also told him が過去形なので、時制の一致で過去形になっている可能性もあります。
そうだとすれば、これを直接話法にすると、

They also told him, "You can't donate blood even if you bring along a native speaker."

となります。

さて、even if の用法は、副詞節を導くif と同じだと考えてOKです。
ifが通例'条件'(「もし~なら」)を表すのに対し、even ifは'譲歩'の意味(「たとえ~でも」)が加わります。
even if と even though は意味も用法も同じです。

基本的には、even ifのあとに続く内容が

1.現在または未来における現実(直説法)
 even if節=現在形, 帰結節=現在形または will + 原形
  ※未来のことでも、if節でwillは用いず、現在形で表す
  ※この用法においてeven if は even though に置換え可。

2.現在または未来における非現実(仮定法過去)
 even if節=過去形, 帰結節=would + 原形

3.過去における非現実(仮定法過去完了)
 even if節=過去完了形, 帰結節=would + have + 過去分詞

となります。
will, would は文の意味に応じて can, could, might, mustなどいろいろ替えて用いられます。

さてさて、Japan Times中の文が時制の一致で過去形になっているとすれば、これは上記3つのうち1.になります。
留学生が日本人を連れてくるということは、あたりまえに起こりうる未来(=未来における現実)なので、仮定法ではなく直説法を用いたと解釈できます。

しかし、これが2.仮定法過去である可能性もあります。
なぜなら、仮定法過去と仮定法過去完了は時制の一致が適用されないからです。
これが仮定法過去であったら、直接話法にすると

They also told him, "You couldn't donate blood even if you brought along a native speaker."

このようになります。
この場合は、「あなたは実際には日本人を連れてきてはいないけれど、もし連れてきていても…」あるいは「あなたが日本人を連れてくることはないだろうけど、もし仮に連れてくることがあっても…」というニュアンスになります。

って、すみません。
The Helpをちょっと読んだ感想をお伝えに来たのに、長々語ってしまいました~i-274i-274
感想はPBネタのコメント欄で。

| みきすけ | 2012/04/09 11:39 | URL | ≫ EDIT

even if についてとても詳しく解説して頂きぴあのさんのブログをお借りしてありがとうございます^^

私の文章が悪かった為、補足させてください。

>>even if と even though は意味も用法も同じです

これらの用法を見る場合、意味は(ニュアンスと言った方がいいかもしれません)変わってきます。

even ifを用いる場合、仮定に基づいている、可能性が低い内容になりますので、この場合上にも書かれてあるように“あなたが日本人を連れてくることはないだろうけど、もし仮に連れてくることがあっても、、”というニュアンスになります。
また、実際連れてなかったんだな、、ということがわかるわけです。

一方、even thoughは事実に基づいた内容の場合に用いられます。なので、ここで実際連れて行ったのにも関わらず、、ならば、even though I brought...となるわけです。

全てのネイティブがここまでの違いをきちんと分けて使っているのかは??ですが、、、、。

用法について触れたかったのですが、、すみません、、、わかりづらかったです、、> <




| Rosily | 2012/04/09 13:02 | URL |

ありがとうございます

Rosilyさん、ありがとうございます!
あらためて自分のコメントを見て間違いに気づきました~!

すみません!even if=even thoughは、直説法においての説明でしたi-238
訂正させていただきます。
もちろんeven thoughは仮定法には使えないです。

ニュアンスのおはなし、とても勉強になりました~!
ぴあのさん、勝手に盛り上がってごめんなさいi-237

| みきすけ | 2012/04/09 15:02 | URL | ≫ EDIT

Rosilyさん、みきすけさん

まとめてのレスで失礼します。

お二人とも詳しい説明をありがとうございました。
私はまず、even if が仮定法も使えるということすらわかってませんでした。お恥ずかしい。。

as ifのあとの仮定法ならわかっていたんですけどね。
それで、最初の文のeven ifのあとになぜ過去形がくるかがわからず、あ、これは時制の一致か!と思って先生に聞いたら違うという。

それでようやく、あ~ifがあるからこれは仮定法かも?!と気付いた次第です。Forestやロイヤル英文法などで調べてもみましたが、even ifとeven thoughのニュアンスの違い的なことについては記述があるのですが、仮定法の用法については説明がなく、ネットでもいろいろ検索してみたりしたのですが、お二人に説明して頂き、だいぶわかってきました。

ただ、いまだに最初の文がみきすけさんの言う、1番の直接法による時制の一致なのか、2番の仮定法なのかはわかってないのですけど。。今、よんでるPBにもas if, even ifがいっぱいでてきています。仮定法や分詞構文は英文法の中でも私が最も苦手とする分野で、TOEICでも簡単な基本的な用法しかまず出てこないので、今回はいい勉強になりました。

ところでお二人は次のTOEICはいつの予定ですか?
900掲示板でご存知のように、まこちゃんが今回900突破されました!!続きたいですよね~

| ぴあの | 2012/04/12 10:08 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT