||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

興味のあることを英語で

PSでは先生が記事を送ってくれます。
自分で選ぶとつい自分の関心のあるテーマばかりになりがちですが、
先生が毎回事前にテーマを送ってくれるので予習もしやく助かります。

昨夜は毎週末とっている先生とのレッスンで、
Atheists holding Reason Rally in Washington, D.C., this weekend
について勉強しました。

atheistsというのは無神論者で、
週末にワシントンDCで無神論者たちがデモを行うという記事です。

この記事を予習していて、
なぜ、そんなデモが行われるの?
わざわざデモをする必要があるの?
と疑問に思ったので背景についてちょっと調べてみました。

すると、


恥ずかしながら私はこれまで知らなかったのですが、
アメリカ人の91%は自分の宗教を持ち(主にキリスト教)、
宗教を持たない人(無神論者)に対しては不寛容な社会なのだそうです。

例えば公職選挙について聞くと、
宗教的な感性を優先させることが多いようで
無神論者の候補者には投票しないと大部分の人は答えるそうです。

さらに調べてみると、
ルイジアナ州では無神論者の生徒が卒業式での「祈り」は違憲だと言ったことから
学校や地域から攻撃を受け、両親からも縁を切られたことがあったそうです。

また、ブッシュ元大統領は、
「無神論者は市民といえるか、または愛国者といえるか、わからない。米国は神の下での国家であるから」と記者に言ったそうですし、また、

「神を信じない者はモラル的に、人間として信じられない。ゆえに子どもを任せられない」という理由で無神論者はボーイスカウトにも入れないのだそうです。

アメリカ社会では、人種、性志向(同性愛)の他に
無神論者も社会的な差別を受けていると書いてある記事もありました。

知りませんでした。
開かれた自由な国というイメージのあったアメリカ社会ですが、
そんな差別があるなんて。

授業では、記事のヘッドラインからあなたは何を考えたか?
という質問から始まり、私自身の宗教観や神の存在について聞かれました。

私は特にどの宗教にも属していないが、
自分の中に自分だけの神様がいて、困った時、辛い時は
神様に祈るし、うまく行った時は感謝もする。

また、神道的な考えで、自然の中に神の存在を感じることもあり、
たとえば山に登ってご来光が見えれば自然に手を合わせるし、
子供が受験の時などウォーキングしていて道端の石にでさえ、
手を合わせるようなこともあったと話しました。

また、私の大学でのクラスではクラス内に、
キリスト教はもちろん、イスラム教、仏教、ヒンズーなど
いろんな宗教を信じている学生もいるので、
お互いに対し、尊重するようにしているという話しもしました。

911の時はクラスにはアメリカ人もイスラム教徒のイラン人もいて、
敬虔なムスリムのイラン人学生が、授業後私の所に来て、
クラスメートからムスリムはテロリストだと思われたくないので
来週の授業時間のうち30分イスラム教の本当の考え方について
他の学生に話したいので時間をくれないかと相談されたことなども
思いだしたりもしました。

昨日のレッスンでは私からカトリックである先生に、
日本人が一般的にどの宗教にも属していない人が多いことについて
どう思うか聞いてみました。

1つの記事からいろいろなことが学べました。
最近の私はこういう学びが英語でできることが嬉しくてしかたがありません。

世の中にはまだまだ知らないことがあります。
ITの発達によりネットでさまざまなことを調べることができます。
しかしその情報量は日本語より英語でのものが圧倒的に多いです。

そういう自分の知りたいことを英語で学ぶ
やっぱり、これが私の今の旬の学び方だと思いました。

TOEIC900点とるまではそれに絞り、
900取ってから好きなことをという迷いもありましたが、
今は自分の知りたいことを英語で!と考えています。
あ、パート5対策(文法、語彙、語法)だけはTOEIC特化しますよ!

昨日、娘の本棚をのぞいていて、
「Ethnic Minorities in the U.S.A 民族から見たアメリカ社会―」
という大学で使ったテキストを見つけました。

なんと!!私が以前から勉強したいと思っていたテーマです。
ユニット1から20まであるのですが、どのテーマも興味があるものばかりです。
最後の章は、「アメリカで子供を育てる問題点」です。

娘に聞くと、講義を担当した先生はアメリカに長く住んでいて
オバマ大統領の就任演説も間近で聞いた後、
帰国して娘の大学の講師に就任して授業を担当されたそうで
とてもいい授業だったそうです。

講義ノートもあるから見ていいよ~
でも、教科書にもノートにも書き込みはしないでねと言われました(笑)

興味のあることを英語で知るっていいですね~
なんだかわくわくしています。

これからのオンラインレッスンでは
いろんな社会問題についての記事をやろうと思います。
関連記事

| 英語学習 | 2012-03-26 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/03/26 22:59 | |

鍵コメさん

ありがとうございます。
いつもながら鍵コメさんの博識ぶりにはびっくりです!
いやはや、すごいです~

| ぴあの | 2012/03/27 16:19 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT