||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本日の3レッスン

B大での今期の授業が終わったので今日は休日です。
といっても、明日のA大の準備(しかも授業見学が入る)や
その他もろもろ雑事はあるのですが、

今日は、11時半~12時半~13時半~で
3レッスン予約を入れてありました。

私は結構、こういう1時間間隔のレッスン好きです。
レッスンとレッスンの間の30分弱に次のレッスンの予習をします。

さて、今日の11時半からはPSでの最近の一押しのS先生
使った記事は、


AIDS Study Called 2011 'Breakthrough'

最近は記事を予習するときまずは時間をはかります。
この記事は520語で3分59秒かかりました。
1分あたりは130語のスピードです。

授業は、
私が読む→語彙チェック→要約→ディスカッション

という感じで今日は5段落までで終了しました。
きょうやったところの英文貼り付けますね。

AIDS Study Called 2011 'Breakthrough'

The journal Science chose an AIDS study as the twenty-eleven "Breakthrough of the Year." The study found that antiretroviral drugs can greatly lower the risk of spreading HIV, the virus that causes AIDS. It showed that infected people with early treatment were ninety-six percent less likely to infect their partners.

The study was a clinical trial known as HPTN 052. Myron Cohen led an international team that began the study in two thousand seven and announced the results last May. But Dr. Cohen says the work really began twenty years ago.

MYRON COHEN: "We had a strong suspicion based on all the biological studies we had done that when we treat people and lower the concentration of HIV in the blood and secretions, we were rendering them less contagious. But we didn’t understand the magnitude of the benefit. It blows a gigantic wind behind the idea that treatment will serve as prevention."

Dr. Cohen is director of the Institute for Global Health and Infectious Diseases at the University of North Carolina at Chapel Hill. The National Institute of Allergy and Infectious Diseases paid for the study.

The study involved heterosexual couples in nine countries in Africa, Asia and the Americas. The results have already had an effect on government policies. Those changes include treating HIV-infected people when their immune systems are still relatively healthy.

1級ホルダーの方々は難なく読めるのかもしれませんが、
私が辞書でチェックした語彙は、

antiretroviral, clinical(臨床の), concentration(濃度)
secretion, render, contagiousです。
あ、infectも念のためチェックしました。

最初のantiretroviralは別にして他の語彙はさらっと
理解できるレベルになりたいものです。

しかも、私はlowerを初め、lowの比較級だと思いこんでて(大汗
動詞(減らす)という意味だと気付くまでに時間がかかりました。

12時半からはキーアイのI先生とです。
前回からやってる記事の続きをやりました。

Wealthier China Helps Keep Food Prices High

中国について知ってるようで知らないことがいろいろありました。
1980年代までは肉は配給制で1カ月に1回か2回しか食べれなかった
なんて知りませんでした~

この記事でも知らない語彙や今後使いたいフレーズがいろいろあって
とても勉強になりました。

先生の進め方は2段落ずつ私に読ませて質問がないか聞いたあとで
私が要約をするというスタイルです。
私は自分で不出来だな?と思った場合は自分の要約の後に
先生に要約してもらうことにしています。

たとえば、

Feeding animals that feed people

Livestock need to eat, too. Feeding those rapidly growing herds and flocks has quickly made China the world’s most voracious consumer of soybeans.

“Ten, 15 years ago China imported virtually no soybeans at all," says to U.S. Department of Agriculture analyst Hui Jiang. "Since the mid-1990s, Chinese imports have grown drastically, to today dominating over half of the total world trade in soybeans.”

部分の先生の要約は↓です。

Because of the high demand of China for meat product, they are also needing soy beans to feed their livestocks. 15 years ago, they have never imported soybeans but now the world trade of soybeans is being dominated by China.

この記事での語彙としては、

ration, -fold(~倍), livestock, voracious, overstate

が、なじみの薄い語彙でした。

~out of ~ というフレーズも便利ですよね~


で、次は3つ目は大好きなRとのレッスンです。
もう、脳が疲れ切っていたので軽めの記事を探しました。

Six things that foreigners feel are overpriced in Japan

これくらいの軽めの内容の記事だと、
私のスピードも上がって146語/分でした。

彼女は私がリンク送ってからのほんの数分で
記事のコメントまで全部読んだそうです。

彼女とは波長もあうので笑ってばかり、
お互いポンポンと冗談とか言い合いながら
コロコロ笑ってるうちに25分が終了です。


ふ~どのレッスンも楽しかったけど
続けては3つが限界です~

今からちょっと脳、休ませます~笑

関連記事

| オンライン英会話 | 2012-01-16 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

オンラインレッスン。。。なるほど

食事の支度が終わり、まだ夫が帰らないのでまたお邪魔しました。ご無沙汰していた分たくさん溜まっていて大事に読ませていただいています。
オンラインレッスンですがやはり上手に活用されていますね。
私はキーアイ以外の以前からの先生とはCNNの記事や自分が用意した語彙の復習をしています。
キーアイに登録して二ヶ月が過ぎましたが、ここはたくさんのテキストが用意されているので、ひとまずいろいろ試してみました。
要約、Q&Aなど話す練習にはなりますが、単語を新しく覚えるという点では、あまり難しいテキストがないなと感じていた所でした。最近は予習は10~15分前からでさらっとポイントをこなしているだけの感じがしていました。やはり自分で記事を選んで先生に送るという方法が時間は取りますが、勉強になって良いのかもしれませんね。I'm always inspired by Piano-san! Thank you :)

| waterlily | 2012/01/22 18:22 | URL |

waterlilyさん

丁寧に各記事、読んで頂きありがとうございます。
私もキーアイは教材が充実しているので、ずっとスクールの教材を使うようにしてきました。その方が先生も教えることに慣れていて、いい授業を提供してもらえると思ってもいたので。

でも、おっしゃるように、テキストの中で、なかなかちょうどいいレベルのものがなく、結局は自分で記事を探してそれを元にレッスンしてもらった方が勉強になるので、最近はほとんど記事レッスンかフリートークです。

ここでのレッスンは私はお気に入りの先生1人にほぼ絞っているので、たとえフリートークでも得るものも多く満足しています。保持数が10あるのでほぼ希望通りに先生の予約を入れらるからこそ成り立っています。もし、このお気に入りの先生がスクールから去るようなことがあれば、私も辞めるくらいのつもりでいます。

| ぴあの | 2012/01/22 23:06 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT