||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

娘との暮らし

3連休、いかがお過ごしですか。
今年は珍しく家族そろって1週間近く年末年始を過ごし、
娘はまだこちらにいるため、日々あっというまに時間が流れます。

娘の配属先が地元になったため、
せっかく慣れた夫婦二人暮らしが娘が帰ってくることで
どういう風になるのかの不安や

お互いの距離感を保つためにも
地元でアパートを借りて1人暮らしの方がいいのでは?など
考えていました。

が、


この2週間一緒に暮らしてみて、
娘のいる暮らしっていいな~と思うようになりました。
大学に進学する前の高校時代とは違い、一度自立しているので
お互い協力し合ったり、尊重しあうこともでき、

譲り合ったり、多少は気を遣ったりすることもあるものの
とりあえずは一緒に暮らすして社会人生活のスタートを家から
始めるのもいいのかなと思うようになりました。

現実問題としては、部屋割をどうするか?
(現在私が仕事部屋と勉強部屋と2部屋独占状態)
娘が車を買ったら駐車スペースをどうするか?
ネット環境を無線にする?

などいろいろありますが、
1つ1つ話しあいながらクリアしていければと思います。

夫はとにかく嬉しそうです。
元々、私と娘の両方が部屋を借りることを決めていた時も
夫は、社会人生活は大変なのだから
一緒にいていろいろサポートしてやればいいという意見でした。

私が自分勝手でわがままだから・・
せっかくできた居心地のいい生活スペースやリズムを崩したくなく、
娘との程良い距離感が合った方がお互いのプライバシーも保て、
見なくてもいい部分、見たくない部分、知らなくていいことは
わからない方がいいし、楽だし、干渉もしたくない。

そんな風に思っていました。
母親業もほぼ卒業だという気分でいたので、
正直言うと、もう母親としての煩わしいことから解放されたい。
自分の生活を優先したいという思いもありました。

それと、4人家族から
まずは息子が18歳で家を出て3人家族になり、
その3年後に娘も家を出て夫婦2人になり、

本当に本当に最初は寂しい思いをして
やっと、やっと2人の生活に慣れてその暮らしが居心地よくなったのに
また3人で暮らしてその数年後には結婚や海外暮らしなどで娘が去ると
まるで2度嫁に出すような寂しさを経験するのが嫌で

だったらこのまま、今の2人暮らしのままでいたほうが
もうそんな思いをしなくてもすむ
そんな思いもありました。

が、希望勤務地を大都市にしてあったにも関わらず
地元配属になったというのは何かきっと意味があるのでしょう。

この年末年始、久しぶりに母親としての仕事(?)いっぱいしました。
そして、私の中にまだまだ、母性というか、
子供のために何かしてやることの喜びとか嬉しさが残っている
そんな自分にちょっとびっくりしました。

いくつになってもやっぱり子供は子供で
自分は母親なのだと。

昨夜も家族で晩御飯を食べるつもりが
夜7時を過ぎてから突然友達から連絡が来て、
飲みにいくという娘に、

え~~~~~と思いましたが、
いまどきの若者は突然誘い会って急に出かけるのが普通のようで
そういうことにも慣れていかないとストレスがたまるばかりだと
気を静めるためにお風呂に入った私です(笑)

一緒に暮らすことになるのだから
お互い、ルールはルールとして守るべきものは守り、
居心地のよい家庭を作りたいと思います。

子供たちの成長によって、
家族のスタイルや暮らし方っていろいろ変わっていくのだと
思った年末年始でした。
関連記事

| 娘の就活とその後 | 2012-01-08 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

ぴあのさん、遅ればせながら今年もどうぞよろしくお願いいたしますe-420

なるほど~と思いながら、拝読しました。
まだまだ小さいうちの子供たちもあっという間に独立するときが来るんでしょうが
その時、いろいろ参考にさせていただきたいです。
今は、子供たちが自分たちの部屋を持っただけでも(まあ大抵、リビングに入り浸りですが)少し寂しい気がしているのですが、ある程度の心地よい距離感も必要なのでしょうね。

4月からきっと素晴らしい社会人として活躍してくれるであろう娘さん、おばちゃまも陰ながら応援させていただきますからね~e-266

| ミント | 2012/01/13 00:42 | URL |

ミントさん

こんばんは~久しぶりのおばちゃまトーク嬉しいです^^
娘からしばらく連絡ないな~と思った矢先に電話があって、
なんと38.6度の発熱で苦しんでいたけど、
それを言うと私が心配すると思って連絡せず、

熱が下がって風邪が治ってから連絡してきたんだそうです。
そんな風に、いちばん心細いときに私が心配するからと
逆に気遣いをさせてしまうって・・親として失格なのでは?
なんて、ちょっとしんみりしてしまいました。
が、きっとこれも子供が成長したってことなんでしょうね。

子供たちが自分の部屋や自分のベッド(うちの場合は最初は2段ベッドでした)を持って、少しずつ自分の世界というかスペースを持ちだしていくってところが自立の始まりだったような気がします。

ミント家の3人のお子さんもあと10年もたつとそれぞれが自分の世界を持ち、巣立っていくのでしょうね~(たとえ同じ家に住んではいても)そういう意味ではミント母さんはしっかり自立した自分のお仕事があるわけですから、思う存分自分の世界に打ち込めますね~

巣立ってようやく寂しさに慣れて自分のペースが持てた頃にまた子供が帰ってくるってことでまだ実は戸惑いは残っているのですが、ある意味これは与えられた贅沢な時間なのかもしれません。

| ぴあの | 2012/01/14 23:35 | URL | ≫ EDIT

ご無沙汰いたしました

今頃で大変申し訳無いですが、今年初のコメントですのでご挨拶を。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。一方的に読ませていただいて書きたい時にコメントを、って申し訳ないな~と思いつつ今年もまた英語、生活の両面で参考にさせていただいたり、ぴあのさんと一緒に一喜一憂させていただけたらと思います。

お嬢さんのこと、良い方に進んでいるようで良かったですね。
私も子供達がみんな居なくなって全員揃うのがお正月だけだから張り切れるものの、ずっと帰ってくるとなったらえーーっ?no thank you!! って思うでしょう。この自由は手放したくないですものね。 でも家族と言えど、お互い少しづつ気を遣って居心地よく生活できるのは、さすがはぴあのさんとそのご家族ですね。

お正月もそうでしたが、うちは息子達が午前中まで寝ていて、お出かけはいつも夕食後。地元の社会人の友達に会わせるとそんな時間で、帰りは明け方近く。これが毎日です。今の若者は。。。って思うのですが時代も変わって来ているし、私もイライラしても状況は変わらないので尊重することにしています。
親子といえど、大人になったら頭ごなしに叱れないしこうやって少しづつお互いの関係、スタンスも変わって行くのですね。
メールも近々に送らせていただきますね。

| waterlily | 2012/01/22 16:16 | URL |

waterlilyさん

あ~~~~共感していただき、どうもありがとう!
まさにそうなんです!
「この自由は手放したくない」

自分の中ではもう十分に母親業やってきたし、
それでいて息子、娘と続けて巣立って行って
さんざん寂しい思いもして、今ようやく慣れて
夫婦ふたりの穏やかな生活を心地よく思えるようになって

そんな今になって
突然、また娘が帰ってくる。。。

周りはこぞって
「よかったね~」「理想的だね~」
なんて言ってくれるのですが、

正直、いまだ複雑な思いは残っています。
が、そこは折り合いつけつつ娘との暮らしを
楽しみ、家族としての暮らしを楽しむ
そういう方向性もありなんだ、
これは贅沢なことなんだと

ようやく踏ん切りをつけました。
うちも息子や娘が帰省してくると、
それぞれ1人暮らし生活のまま、
夜出て行き、朝帰ってきて・・

そんな暮らし方に唖然としながらも
慣れるしかないのかな・・・と。

本当に親子といえども、もう大人なので
何かしらのルールは決め守らなきゃいけませんが
それぞれのことには口出しせず尊重しながら暮らすしかないですよね~

実際に春からどんな暮らしになるかはわかりませんが、ほどよい距離感を保ちつつ、仲良くやっていきたいと思っています。

| ぴあの | 2012/01/22 23:02 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT