||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ピンとこない語彙

最近レッスンをやってて思うのは、
私の語彙がかなり少ないということです。

TOEIC学習でかなり語彙を強化したので
以前に比べれば語彙は増えたと思います。

しかし、目でみるとわかるのに、会話の中で出てくると、
ピンとこない語彙がたくさんあるのです。

たとえば、先日のレッスン中に、exposed toが出てきました。
目で見れば、すぐにわかるはずなのに、
それが会話の中で音として出てくると、ピンとこないのです。

で、先生にタイプして~と言ってタイプしてみると、
な~~~んだ、デルボでもおなじみの語彙じゃん!
みたいなことがよくあります。

昨日も、食中毒に関する記事をやっていたときに


expirationという単語が出てきて、
それが聞いただけではピンとこない私(汗
で、またタイプしてもらうと

expiration date

あ~~~~消費期限ね~
なんで、ピンとこないかな・・・

目で見ればわかるのに、音ではピンとこない。。

たとえばTOEIC模試や試験本番のときは、
リスニングでも何がきても大丈夫!ってくらい集中してるし
出てくる語彙すべてがおそらく私がこれまで勉強したであろう語彙
という心の準備?ができてるからわかるのだけど、

それが、オンラインの先生と普通に会話してるときだと
気を抜いてるからか、よもやそんなところで
そんな語彙にあうと思ってないからか・・

たとえて言うと、

いつも行ってるかかりつけの病院の受付の人と
予期せず近所のスーパーで会ったりしたとき、

え~~~っと誰だっけ?みたいな。
病院で会えば絶対に顔も知ってるんだけど、
それがスーパーという場所だとピンとこない。

そういえば、

3月のNYから帰国し、国内移動のとき、JRの中で会った人、
あ~~~顔は見たことあるんだけど、誰?誰??
結局はいつもいく図書館の受付の女性でした(笑)
予想外の場所であうとピンとこないんですよね~

でも、本当の友達だったり、よく知ってる人なら
たとえNYであっても、え~~うそ~~こんなところで!!
と思いながらも絶対に誰か瞬時に思いだせます。

あ、ということは、聞いてピンとこなかったり、
予想外の場面で出会ってピンとこない語彙は、

その語彙をよく知らないだけ
本当にはわかってないからだ

だったらもっと出会いの数を多くして
より深くその語彙のことを知ればいいんだ!!

今、S会のYと1月までの毎週、英検準1級の語彙本をやってます。

出る順で最短合格!英検準1級 単熟語
出る順で最短合格!英検準1級 単熟語日本アイアール

ジャパンタイムズ 2008-10-20
売り上げランキング : 114217


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


彼女が1月に準1級を受けるため、
私もこの教材をもう一度しっかりやりたいと思い、
毎週火曜の小テスト課題をこの本にしました。

熟語編からやり始めています。
知ってるつもりで知らない熟語、
おそらく会話の中で出てきてもピンとこない熟語の
何と多いことか・・

ただ、こういう熟語を会話の中で使えるようになると
自然な英語らしい英語になるんだろうな~
語彙だけじゃなく、こういう熟語使いができるようになるといいな~と

この熟語編の課題文(今週はハードル低く課題は36文)を
瞬間英作文しています。

知ってるつもりだけど、
瞬間にピンとこない
目で見ればわかるのに聞いたらピンとこない

そんな語彙を少しずつ自分のものにするために、
より多くのインプットをしようと思っています。

あ、それと音読!!

語彙は文脈で覚えるのが一番だし、
それも音読することで、目で見て口で音を出してそれを耳で聞く
というように3技能を使うのでより効果的だと思います。

この前のTOEIC前から単語特急を使っての音読学習を始めたので
また機会があれば記事にします。
関連記事

| 学習方法 | 2011-12-04 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT