||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TOEIC受験のすすめ~いつ受けるか編~

TOEIC受験のすすめ、いろいろ書いてきましたが、
今回のテーマは、「いつ受けるか?」です。

よく、

「一度受けたいと思ってるんだけど、そのうちに~」
「どうせ、受けるのなら勉強してから受けたい」
「受けるからにはちゃんと準備してから受けたい」

と聞きます。
気持ち、よくわかります!

誰だって受けるからには少しでもいいスコアとりたいし、
何もわかってない状態で受けるのはお金だってもったいないと思うし、
ちょっとは模試やったり少なくとも単語やったり
そんな準備してから受けたいと思います。

しかし、


たとえ、いくら準備しても勉強しても
よし!!なんて思えることはまずありません。

やってもやってもいえ、やればやるほど
試験前日になって、まだあれをしたかった、
もう一度あれを確認しておきたかったと思うことが
次々と出てきます。

つまり、準備にも勉強にも終わりはありません。
やってもやってもキリがないのです。

でも、いくら何でも全くやってないのよ~
TOEICってどんな試験か全然知らないのよ~
せめてそのあたり、ちょっとはわかってからのほうが・・

と、粘りたい気持ちもよくわかります(笑)
が、ともかく、思い立ったが吉日、

まず、受けてみる!


それにつきると思います。

まず、スタートを切る。
はじめの一歩を踏み出す。

そこからすべてが始まると思います。
まず、ドキドキしながら試験の申し込みをします。
手続きが完了した段階で、

あ?私、本当に申し込んじゃったよ~
きゃ~~~どうしよう~~~
って気持ちになります。

それからあちこちのブログをチェックしたり
いいと言われる教材を実際に書店で見てみたり
気に入ったものは購入してみたりもします。

でも、なんだかよくわからないまま
気持ちだけは常に心のどこかに
あ~~もうすぐだからちっとはしなきゃ~~~
と思いながら、どんどん試験の日が近づいてきます。

あと2週間を切った頃に受験票が送られてきます。
そこで初めて会場がわかります。
そして、あ~私って本当に受けるんだ~どうしよう~と思います(笑)

いくらなんでもちょっとは模試でもやってみないとと思います。
で、重い腰をあげてやってみます。

そこで改めて、んぎゃ~~~TOEICってこんな過酷な試験だったの?
2時間で200問もやるの!
なんでリスニングって1回しか聞けないの?
なんでメモとっちゃいけないの?

この、セジュ~ルとか言ってる発音なに?
あ、これが噂のイギリス英語のセジュ~ルおばさんか?!
なんてことがちょっとわかってきたりします。

あ~それにしてもリーディングの75分てなんてきついの?
パート5なんてほとんど勘だし。
パート6も勘だし。

パート7なんて読んでも読んでも終わらないし。
もう英文読むのもいやだ~~
なんでみんなこんな試験が楽しいとか好きとかいうの?
あの人たちって変態じゃない?

なんてそんなことを思ってるうちに試験前日になります。
あ、そういえば写真いるんだった~
最近、証明写真なんて撮ってないわ~
ン年前のでもいいかしら?

なんて探してみたり
あきらめて自分で撮って加工したり
めんどくさいのでスーパー前とかの証明写真の機械に走ったりします。

で、いよいよ試験当日。
あ~~~今日だわ~~いやだな~

でも、ちょっとがんばってみるか!
もしかしたらいきなり700とか800とか取れちゃったりして!

いやいやそんな甘いものじゃないわ~
600あったら万々歳だわ。
でも、400なかったら誰にも言わないでおこう。
ブログに書くのもやめよう~

なんてちょっとスコアが気になったりします。
集合時間が12時20分ってことは、昼ごはんはどうするの?
早めに出て、駅近くのコンビニで何か買おうかな?
それとも駅で軽くおそばでも食べようかな?

まてまて、確かぴあのさんが当日はトイレ対策のため
なるべく水分は控えるようにとか書いてたから
汁系早めた方がいいかな?

なんて思いながら家を出ます。
試験会場について、受付に並びます。
へ~~~結構いろんな人が受けてるんだ~なんて思います。

受付の人が定規で写真を測ったりしてます。
やっぱり結構厳しいんだ~なんて思ったりします。

そして、教室に入ります。

と、書いても書いてもきりないほどの流れがあって
ようやく試験開始時刻の13時を迎えるのです。

それから2時間さまざまな葛藤があって
初受験が終わったあとは、おそらく机につっぷすぐらいの
疲労感があることでしょう。

もう2度と受けるのは嫌だ!
と思ったりもするでしょう。

でも、不思議なものでまたそれから時間がたつと
そんなこと忘れてまた受けたくなるのもTOEICです。

そう、ちょうどお産のような感じ(笑)
あの陣痛と分娩を味わったときには、
もう2度と産むか~なんて思いますよね~
でも、その数年後にはまた2人目とか産んだりして。
て、なんだかたとえが変ですね。。

ともかく、試験を受けたあとは、
問題用紙を持ち帰ることもできないので、
自分がどれくらいできたかわかりません。

あちこちのブログやインターネットのラジオなどで
なんとなく答えがわかりますが、
初めてのときはとても問題を覚えていたり
自分が選んだ答えを覚えてるなんてことができないので

なんでみんなそんなに覚えてるの?
やっぱり、あの人たちって変態なんだわ(笑)
なんて思ったりもします。

でも、なんとなく自分が
TOEICという一仕事を終えたことで
ちょっと偉くなったような英語人として一人前になったような
そんな気がします。

ちょっと大人になったような。
たとえていうと・・(以下自粛)

そしてそれから3週間、いよいよネットでスコアの発表があります。
3週間後の12時(正午)です。

その日は朝からなんとなく落ち着きません。
11時半ごろからはトイレに行ってみたり
わけもなくPCの前に正座で座ってみたり神棚が気になったり

そしていよいよ12時。
TOEICのHPにログインします。
緊張してパスワードを間違えたりしてやり直したりもします。

無事、ログインできました。
そして、クリックした瞬間!!

自分のスコアが目に飛び込んできます。
はじめはその数字の意味がピンときません。

そして、ほんの一瞬間があって、
あ、これが私のスコアなんだと、
改めて、リスニング、リーディング、トータルの3ケタの数字を見ます。

これにて初TOEIC受験が完結です。

が、まだ続くのです。
そうです。そのスコアの意味がだんだんじわじわと
いろんな感慨になって自分の心の中に「何か」をもたらすのです。

なんとなく結果をいつも頭に思いながら
1週間がすぎます。
自分の弱点やらこれからこうすればもっと伸びるのかな?
なんて受ける前より、頭の中でTOEICのことをふと考えてる時間が増えています。

そしてその1週間が過ぎた頃、
より詳しい成績が紙で送られてきます。
アビリティーメジャー(アビメ)というもので
スコアといっしょに、分野ごとの正解率がグラフで表されてます。

きゃ~~語彙って60%しかないわ~
文法は79%だわ~もっとできると思ってたのに~

ってことは、文法と語彙をやればもっとスコアは上がるのね!
なんて知らず知らずのうちに、頭の中で「次回」を考えるようになります。

こんな感じで、とにかく思いつきでとくに準備なしで受験しても
TOEICはいろいろなことを教えてくれます。

そして実際に受け、スコアが出て、アビメも見ることで
自分の英語の力が客観的にわかり、
またその力をつけるには何をどうすればいいかという
そんな課題が見えてきます。

TOEICを軸にすれば、
英語の総合力があがってきます。

私自身振り返ってみても、
600点台の頃と750前後の頃では全然違いますし、
800を超えた頃、そして900が狙える位置にきた今とでは
明らかに自分の中での英語力が違っています。

特に私の場合、文法とリーディングが課題でしたので
スコアをあげたいということで文法と向き合わざるをえなくなり
高校文法を徹底的にやり直したことで英語のしくみみたいなものが
わかるようになりました。

去年の夏、ハワイ一人旅をしたときに
空港でも機内でもホテルでもリスニング力があがったのを感じましたし
ホテル内の印刷物など英文が以前に比べて抵抗なく読めている自分を
感じました。

その一方で会話力にはさほどの進歩を感じず
もどかしい思いをしたのが9月からオンラインレッスンを始めた理由です。

このシリーズ、今回でいったん終わりにしますが、
ともかく、TOEIC受けてみようかな~と思ったら
あまり時間を先延ばしにせずに

とりあえず受けてみる

ということが大事なのではと思っています。
また機会があったらこのシリーズ書いてみたいと思います。
ありがとうございました。
関連記事

| TOEIC受験のすすめ | 2011-08-01 | comments:5 | TOP↑

COMMENT

はぁ~。熱い。深い(笑)
私もこんなふうにTOEICの流れを楽しそうに描写できるように
いつかなるのかしら。。

ぴあのさん本当にありがとうです^^
つらい、大変、といいながら本当に楽しそうなぴあのさんが
みんなをやる気にさせてくれたので^^

一度踏み込んだらなかなか抜け出せなそうなTOEICジャングルへ。。
ぴあの隊長とともに参りますわよ~ヾ(≧▽≦)ノ

そしてブログの方もリンクさせていただいちゃいました★

今後とも末長く(笑)よろしくです~♪

| kao | 2011/08/02 02:56 | URL |

はっ!私もぴあのさんのブログ、
リンクさせて下さいね♪
(今までリンクしてなかったのにびっくりしました…)

| アキ | 2011/08/02 07:11 | URL |

kaoさん アキさん

kao隊員、アキ隊員、ようこそ~TOEICジャングルへ♪
ふふふ、いちど足を踏み入れたら抜けられるなくなる蟻地獄かもよ~~でも、こうしてジャングル仲間が増えてとっても嬉しいわ。

さっき両隊員へのレスで私からの指令を書いたので読んでね~
リンクもどうもありがとう。
私の方も、お二人のブログリンクさせてもらいますね~

| ぴあの | 2011/08/04 07:27 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/08/06 11:41 | |

鍵コメYさん

お久しぶりです~
Yさんほどの方にとってもお役にたてたのなら光栄です。
TOEICって名前を聞いたことがあるな~という人から、高得点とっていてもほとんど対策なしで実力のままに受けて結果を得てる人まで、案外とTOEICのことご存知ないかたも多いのかもしれませんね。

なんだか勢いでUPしたシリーズですが、
喜んでいただけて嬉しいです。
ブログでの紹介もかまいませんよ(*^_^*)
コメント、ありがとうございました!

| ぴあの | 2011/08/06 15:41 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT