||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニュース記事のテーマに不快感

オンラインレッスンを受講されてる方の中にはニュース記事を使って
という方も多いかと思います。

だいたいは先生の方で記事を選んで送ってきて
それを授業内に、音読、語彙チェック、要約、QA,ディスカッション
という流れですることになると思います。

私は最近、先生から送ってきたテーマに
え???こんなの授業でやるの??と疑問に思うことがありました。



Egyptian general admits 'virginity checks' conducted on protesters

この記事を使って、verginityについて講師がどんどん質問を重ねてきました。
かなり個人的な質問で答えに窮するものがたくさんありました。
私世代、娘世代ということも聞きたかったのかかなりつっこんだ質問があり、
なんで授業でそんなことを先生に話さなきゃいけないの??
とかなりの疑問が残る授業でした。

Ohio mom gets life term in baby's microwave death

アメリカオハイオ州の31歳の女性がボーイフレンド(子供の父親)と口論し
かっとなって、生後28日の娘をオーブンに入れて2分間チンし
死に至らしめた事件に対し、死刑ではなく終身刑が宣告されたという記事です。

先生から、レッスン前に

Here is the article that we'll discuss later....Enjoy reading!

というメッセージがきて送られてきた記事です。
3連休の初日の朝です。

その先生はとてもいい先生で

私の最近のお気に入りの先生でした。
私のどんな英文もきちんと直してくれタイプしてくれる
とてもレッスンが上手な先生です。

いつもはトピックで話すコースを選んでましたが
初めてニュース記事をやりたいと私が希望し送ってもらった記事でした。

授業運びは相変わらずとても上手でした。
犯罪や裁判に関する語彙もいろいろ勉強できました。

しかし、私にとってこの記事内容はあまりにショッキングで
その後、夜中ふと目が覚めたときこの事件が頭をよぎり眠れなくなりました。

先生に授業の最後に、

今日のテーマは重すぎだし、事件内容に私はかなりショックを受けた。
娘を持つ母としてもこのテーマはショックだった。
連休の朝に話しあうのに適当なテーマだとは思えない。

そう伝えました。
先生は、すごく不思議そうな顔をして、

「あら~それはごめんなさい。私が独身だからかな?
次からはもっと適当なものを選ぶようにするわね」

という反応でした。
この先生、とても気に入っていたのだけど
なんだかそれから取る気がしなくなってしまいました。
その前の記事の先生もそれ以降とっていません。

スクールには、テーマ選択について何かスクールとして指導してないのか?
という疑問を具体例とともに書いて質問として送りましたが
1週間ちかく立ちますがいまだ回答はありません。

とても気に入っていたスクールだし、対応もいいスクールだと思い
いろいろな人に勧めてきただけに残念です。

クレームではなく、愛着を感じているスクールだけに
よりよい授業を気持ちよく受けられる授業をして欲しくて
送った質問なのに回答がないというのはとても残念です。

オンラインにあまり多くを求めてはいけないのかもしれません。
記事も自分が不快に感じるのなら、自分で記事探しをして
これをやりたいと送ればいいのかもしれません。

先生にもあまり期待してはいけないのかもしれません。
先生に導いて欲しいなど、オンラインのような廉価な授業に
求めてはいけないのかもしれません。

時間通りにコールがきて、通信状態がよく、英語が話せればそれでいい
それぐらいに思っていた方ががっかりしないのかもしれません。

このスクール、あちこちにとりあげられて人気が出てるからか
最近、もう把握しきれないくらいに新しい先生が入ってきています。
以前からいる先生で人気の先生は予約をとることが不可能な感じです。

それでも好きなスクールなのであえてこの記事内では
スクール名を出しませんし、先生も全く悪気はなく、
いい記事だと思っての授業だったことと思います。

そうなると、国民性の違いかもしれません。
思い起こすと、これまでも教師が授業中に問題ある生徒をハンマーで殴った話、
妊娠している妻に対して暴力をふるう夫のニュースなど
過激なニュースが多かったような気がします。

もともと、ニュースというのはそういうものなのかもしれません。
でも・・

もう、オンラインにあまり多くを求めたり期待したりせず
1回100円ぐらいの安いところにして、
何かあっても、

ま、100円だからしょうがないか~
さ、次いこう!次!

と軽く流せばいいのかもしれません。
下手に自分が教師だから相手にも教師としての質とかスキルとか人間性を
求めてしまうのかもしれません。

う~~ん、難しいです。
この記事で不快な思いをする方がいらしたらごめんなさい。
関連記事

| オンライン英会話 | 2011-07-30 | comments:6 | TOP↑

COMMENT

いつも楽しくブログとTwitter読ませて頂いてます。前に一度?コメントしたことがありますSatoshiです。

いやー、この件に関してはぴあのさんと同感です。さすがにちょっと…ですよね。大学の英語ディスカッションの授業でこのようなシリアスなトピックが選ばれた時は先生(スコットランド出身の方)がかなりデリケートに授業進行してくれました。

| Satoshi | 2011/07/30 18:52 | URL |

Satoshiさん

こんにちは~
5月TOEIC受験仲間集まれ~の時はご参加頂きありがとうございました!ツイッターもいつも見てくださっているとのこと、よく使い方がわからないうちに最近、フォローしてくださってるかたが少しずつ増えてきました。今、Satoshiさんをフォローさせて頂こうと「フォローする」をクリックしたら、承認制のようで、未承認と表示されました。

記事へのご意見ありがとうございます。
私もふだん大学で留学生たちに日本語を教えている場合、トピック選びにはいろいろ注意しています。私が教える立場のときはこのようなトピックは選びません。

が、人によっては受け取り方もさまざまで、先生も悪気があってのことではないと思うので、あまりいつまでも引きずって考えないようにしようと思います。2つめの件では直接先生に私はこのような記事は好きじゃないと言いましたので今後もこのようなことがあったら自分の意見を直接伝えるようにしようと思います。

| ぴあの | 2011/07/30 19:13 | URL | ≫ EDIT

ぴあのさん こんばんは。

このニュース記事は、ちょっと困ってしましますね~ 
なんと答えたらよいのか?

7月のはじめごろ洋書パトロールしておりましたら、
nprの本紹介のところに紹介されていたのが、
後ろ手にしばられた中国人と、後ろに立つ
軍刀振り上げた日本兵の本でした、
かなり衝撃を受けました。べつのサイトでは
ヤング向けに紹介されていたのが、水木しげる
の玉砕についての英語翻訳本でした。

歴史の問題やら、文化の違いやらいろいろ大変
だと思いました。

TOEICの記事、「おすすめ問題集特集」も
お願いします。一度、隠密で受験しようかしらん!?



| 電個 | 2011/07/31 00:05 | URL |

電個さん

わ~~お久しぶりです~~お元気でしたか?
やっぱり戦争とか宗教とか民族とかそういうテーマは扱いが難しいですよね~その背景もよくわかってないものが軽々しく自分の意見とか言うのもどうかとも思いますしね。

え?電個さんも隠密受験考えてるのですか~?
気になりながらもまだ受けたことないって人が多いのだと最近びっくりしてます~受けちゃいましょうよ!!
準備が整ったらなんて言ってたって永久に準備が整うなんて日来ませんから(笑)

「おすすめ問題集」書くつもりがなんだか自分の歴史?とか書いてててまどっちゃってます。さくさく進めますね~

| ぴあの | 2011/07/31 09:26 | URL | ≫ EDIT

コメントしようかどうしようか悩んでるうちに
時間が経ってしまいました…。

うーん…これ、トラウマになりますね…。
特に二つ目の。
うっかり想像しそうになって、で、気持ち悪くなって、
必死に想像するのを辞めました。
とてもそれについて話す気にはなれません…。

どのスクールでも、
凄く思慮深くて、心配りの行き届いた先生が居る一方で、
友達感覚?に近いのかな?ていう先生や、
そんな個人的なこと聞かないでほしー…とブルーになるようなことを
悪気無くズンズン聞いてくる先生も居て、
難しいなあ、と思います。
ニュース記事は、私も、何度かは、やったことがありますが、
そんなショッキングなものは今まで無かったので、びっくりしました。
ショッキングじゃなかったけど、一度、女性の整形手術がテーマだったことがあって、
その程度でも私は、げ。と思いましたよ。もっと穏やかなテーマは無いものなのか…と。

しかし、一番びっくり、というか、がっかりなのは、
スクールから返信が無い、ということですね…。

ところで、私は、
ぴあのさん自身の話題も大変興味深く読ませてもらってますよ!
TOEICだけじゃなく、英語教室の経緯とか、娘さんのこととか、お母さんのお話とか。
自分のことに重ね合わせてみたり、
自分とは全然違う、おそらく普段、普通に会社と家を往復している自分の世界だけでは、当然知り合うことはなかっただろうなあ、というぴあのさんのこと、
凄く興味深いです。
ネットでは、そういうご縁があるのが面白いなあ、と思っています。

長々スミマセン。

| アキ | 2011/08/01 23:39 | URL |

アキさん

この件、やっぱりうやむやにしちゃいけないと思って、スクール側にもう一回問い合わせしてみました。

今回はお返事が来たのだけど・・・
何と言うか・・言葉はすごく丁寧なんだけど・・通り一遍というかあまり誠意が感じられる内容ではありませんでした。単なるクレーム処理って感じが受けられました。

オンラインスクールに信頼関係を求める方がおかしいのかもしれないけど、私は時間もかけよかれと思ってメールしたんだけど(スクールとしてよりよい授業を提供して欲しくて)その思いが届かなかったことがとても残念な気がします。

私のブログ記事を英語テーマだけじゃなく、家族のこととかもそんな風に読んでくれてて嬉しいです。記事UPの励みになります。リアル友じゃなくてブログ友の皆さんともいろんな思いが共有したくてついつい家族のことも書いてしまうだけにとても嬉しい言葉でした。

| ぴあの | 2011/08/04 07:24 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT