||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

動揺してます

「ばーちゃん、昨日から入院した。2週間の検査入院で特に心配はいらない」

昨日、実家の父(78歳)から携帯にメールが届きました。
母は48歳の時に糖尿病に罹患し、その後カロリーや運動に気を付け
10年位はうまくコントロールできていたいのですが、

やはりそれだけはでは血糖値は下がらず
投薬を始め、インシュリンをうつことになっていました。

その後、眼底出血を繰り返し、レーザー治療を受けたものの
結局は手術の必要が生じ、数年前に両眼とも手術を受けたものの
黄反変性症もともない、障害者手帳を持つ身となりました。

これまでも母との葛藤については何度か記事にしていますが、
いまだ未熟な私は完全に葛藤をクリアにすることができず
距離をはかりかねては自己嫌悪に陥ったりもしていました。

そんな矢先の母の入院。
検査目的とはいえ、いやおうなく親の「老い」に直面せざるをえません。
入院中の母のことはもちろん、その間独り暮らしになる父(78才)のことも。

昨日、父からのメールで母の入院を知り、悶々として一夜明けた今朝、
出勤前の朝8時過ぎ母@病院から電話がありました。


なんにも心配いらないからね~
ぴあのには知らせないつもりだったのにじーちゃんがメールしたいみたいで。。
自分の着替えもちゃんと持って入院してるし、ぴあのはお見舞いとかこなくていいよ。

じ~ちゃんにもちゃんと入院中、ご飯とか生活とか身の回りのこと
できるようにしてあるから大丈夫だからね。

病院に来てもらっても、私は検査とかで殆ど病室にいないから
本当にこなくてもいいからね~

と、相変わらず気丈な母。
これまで、そんな母のこと、かわいくないな~、水くさいな~
もっと甘えてくれればいいのに・・など思っていました。

しかし、今朝の母の電話、
母の気丈な声に、なんだか私、泣けてきました。

母は、母の愛情として、私に迷惑をかけたり生活を崩したりすることないようにと
気遣ってくれている。本当は不安だろうに自分より私の生活を考えてくれている。。。

いつだって母はそうだった。
以前、私が日本語スクールを設立し代表となってバリバリやっていた頃、
8月15日のお盆まっさかりの日の授業がびっしりつまってた。

どらむは小学校1年生。
にゃるは保育園だった。

夫もその日は会議で仕事を休むことができず、
保育園からは8月15日は園を休むので保育できないと言われてた。

6歳と3歳の子供2人で留守番させて一日仕事することはできず、
頼りとなる近所のお友達もさすがにお盆はみんな帰省していて
預かってもらうことはできない。。

日本語スクールの代表者たる私、せっかく契約がとれた
ヨーロッパの大学やオーストラリアの教育省からの学生の受け入れ、
私が休むわけにはいかない。

結局、入院中の母が一時外出許可を病院にかけあってとってくれた。
朝イチに病院に母を迎えに行って実家へ。

なるべく母に迷惑かけないよう、
ふだんはあまり見せないビデオを何本も持って
子供たちのお気に入りのお菓子も持って

子供たちにもば~ちゃんに迷惑かけないよう言って聞かせ、
後ろ髪引かれる思いで、スクールに行き、授業をこなした後、
実家へ行き、母を病院へ送り届け、子供たちをうちに連れて帰った。
そんな綱渡りのことができたのも母の理解と協力があってのことだ。

また、来日前の学生や先方の大学との打ち合わせのため、
私が夫にも同行してもらいドイツ、オーストリアに10日間出張した際も
母がうちに泊まり込み、子供たちの世話をしてくれたこともあった。

私が好きなこの仕事を続けることができたのは母のおかげなのだ。
その母が75歳となり、今、入院している。

今すぐどうのこうのという状況ではないが、
それでも、これまでの母とのことを思い、
そして、今朝の電話の

母の気丈な声と私を思いやる声を聞き、
それから車のハンドルを握って職場へと走る道、
なんだか涙がとめどもなくあふれた。

いい年して、まだ突っ張っていた私。
素直になれてなかった私。

今さらながら感じる、親の恩、愛。

このまま、万一、逝かれたら
きっと私はその後の人生、後悔でいっぱいになるんだろうな。

仕事は大事。
学習時間も大事。
もちろん、夫、どらむ、にゃるとの家族も大事。

でも、でも、両親のこと、
もうちょっと優先順位をあげてもいいのでは?

そんな気がした。
もしかしたら、ただ、自分が後悔したくないからだけかもしれない。
それでも、やっぱり母のこと、もっと大事にしないと。。
いや、大事にしたい・・

そう、素直に思えた。

明日は、病院に母に会いにいこう!
そして、78歳にしてツイッターを始めたという実家の父に
ツイッターのイロハの手ほどきをしてこよう。

母であり、妻でありながら
娘でもある私。

教師でありながら、学習者でもある私。

どんな私も大切にしたい。
関連記事

| 母と娘の葛藤 | 2011-07-07 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

ぴあのさんこんにちは。
まさに、ぴあのさんと同じ状況の私です、、、。実父が先週から検査入院しました。もともと腰が悪く、また年齢(68歳)ということもあり、糖尿の気だったり、腎臓が弱かったりと症状が出てきたため、病院嫌いの父はやっと腰を上げ検査に踏み切ったようです。しかし、私や他の親族には決して話すな、、と実母に話していたらしいのですが、事がわかるのも時間の問題という母の判断で今朝連絡がありました、、、。
今すぐにでも駆けつけたいのですが、父の性格上今の姿は見せたくないだろうな、、、母に“何で話すのか!”と愚痴る姿がわかる為、もうしばらく待っていた方がいいのか、、と、複雑な気持ちです。と、同時に万が一の事がないよね、、、と胸が苦しくなります、、、。
ぴあのさんがおっしゃるように、親の老いという現実に動揺しています。

専門的なケアは先生方にお任せして、母のサポートをしつつ(仕事をしている母なので)今私が出来る事をを全てすること、、、と言い聞かせています。

ぴあのさんのお母様も早くよくなられますように^^

| Rosily | 2011/07/12 09:31 | URL |

おんなじです~

ぴあのさんを取り巻く環境、
あまりにも私とそっくりで驚いております。

というのも、私の父親78歳も、
もう20数年前から糖尿病を患い、
おまけに心臓カテーテル手術を3回。
先月に、前立腺癌がみつかり、手術をしました。

父は告知を自分で受け止め、気丈にしていています。
私や東京で暮らす私の子ども達のことばかり心配し、
「孫たちには、余計な心配をかけたくないから
知らせるな」と。
幸い、転移もなく、手術は無事に終了。
手術から一カ月とは思えないくらい、元気になりました。
(子ども達に心配かけたくないので、
ブログでもツイッターでもボヤかして表現しております)

子育てが終わったら、
今度は親の心配。
そして、次は自分の番…

人生って、息つく暇がないように出来ているのかも
しれませんね。

とにかく、
ぴあのさんのお母様のご回復を
心からお祈りしております。

| yumi | 2011/07/12 12:14 | URL | ≫ EDIT

Rosilyさん

おはようございます。
お返事が遅くなってしまいごめんなさい。

そうですか・・Rosilyさんのお父様もですか。
遠方にお住まいされてるのかな?
だとするとすぐに駆けつけるわけにもいかず、ましてやご本人が知らせるなと言ってるだけに、気持ちは心配でも複雑でもどかしいですよね。

うちも初めは私に知らせないつもりだったようで、ましてや遠方の弟には知らせないと言ってたのですが、私から弟に知らせました。たとえ離れていて何もできないにしても一緒に心配したり祈ったりするのが家族だと思ったから。翌日には義妹から留守中の父あてに缶詰などの食糧支援(笑)が届いたようで父も喜んでいました。

今回の入院、もちろん母の身体のことも心配なのですが、
ひとり暮らしとなってる父(78歳)のことが気にかかってます。
仕事帰りに寄った時に、自分でスーパーで買ってきたお寿司のパック1つだけを食卓において独りでビールを飲んでる姿に涙がでそうになりました。

私に病院に来るなと言ってた母も私が病院に行くと、
嬉しそうでなかなか帰してくれませんでした。
で、また次の日には「もう来なくていいからね」と(笑)

親の愛、子供の愛、複雑で深くて暖かくて辛いですよね。
Rosilyさんのお父様が早くよくなられますように!

| ぴあの | 2011/07/15 08:02 | URL | ≫ EDIT

yumiさん

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまいごめんなさい。

学期末が近づき、ミーティングや期末試験作成やら多忙を極めています。実家の母の見舞い&実家父への食糧支援(笑)でなんだか気持ち的にも大忙しです。

yumiさんのお父様のこと、ツイッターでは拝見していて心配していましたが、そうでしたか・・
しかし、無事手術も終えられ、転移もなかったとのこと、本当に安心しました。あとは1日1日よくなっていかれるのを見守るばかりですね!

頭の中ではいずれ親の老いと対峙しなくてはいけないことわかっていたのですが、どこかで「自分の親だけは老いない」なんてバカなこと思ってて、でも、いつのまにやら父は78歳、母は75歳というしっかりおじいちゃん、おばあちゃんの年になってて・・その現実を改めて突き付けられたようで戸惑っています。

子育てがほぼ終了で手がかからなくなったとはいえ、仕事も持っている女性にとって、親が病気・・というのはいろいろなことに支障がでてくるものだということも改めて感じています。

私はとにかくあと3週間がんばれば夏休みに入るのでそれだけを励みに日々奮闘しています。yumiさんのお父様が早くよくなられますように!!

| ぴあの | 2011/07/15 08:08 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT