||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

おそれず立ち向かう

娘のアメリカンライフも折り返し点を過ぎました。
前半の4学期はILといって大学に併設されている語学研修コースで
他国からの留学生たちと一緒に英語を学びました。

そのコースでレベル5のクラスに合格すると
正式に州立大学の学部へと進むことができます。

娘の日本の大学からの条件は前半IL、後半学部でしたので
もし学部に進めないとそこでゲームオーバー強制帰国となります。
さらに、学部で所定の単位がとれないと授業料は自己負担になります。

無事、レベル5を合格し、今月から学部に進むことになりました。
すべての授業をアメリカ人学生と一緒なクラスで学ぶのです。
先週1週間はオリエンテーション期間で今週からいよいよ授業開始です。

娘はこの4カ月でいろいろな人に話を聞き、
先生の教え方、授業内容、授業形式などから
自分の専攻したい科目をまずは4つ決めていたようです。
ところが、


なんと、登録してみたら4つのうち3つがすでにfull
つまり、登録者数が定員に達していたのだそうです。

これは、アメリカ人学生は11月から登録できたものの、
留学生は1月4日からしか登録できなかったため、
先にアメリカ人学生でいっぱいになったクラスが出るからだそうです。

今週1週間は「お試し期間」なのでそれぞれが授業に出て
シラバスなどももらい、それで最終的に登録するかどうかを
決める期間なのだそうです。

それで、「合わない」と思った人はすぐに登録を取り消し
また別の科目を登録するということで(アド/ドロップというらしい)

娘が希望科目をとるためには、

1.他の人が履修取り消しをしたタイミングで登録する
2.直接教授に履修させて欲しいとお願いに行く

の2つの方法があるのだとか。
娘は今日、キャンパス内をPC持参で移動し、
無線で常時履修状況をチェックし、

1席空席が出たのですかさず登録し1科目ゲット♪
あとは授業に出て、授業後直接教授にお願いしてみたそうです。

教授はすごく良い方で履修を認めサインをしてくれ、そのうえ、

「僕の話し方は速すぎなかったかな?理解できたかな?」
と聞いてくれたので、
「少し速くて理解できなかったところがあった」
と、正直に言うと、

「そうか、じゃあ次からはもっとクリアに話すように心掛けるよ^^」
と言ってくれたそうです。
素晴らしい先生ですね!私も見習わねば~~

で、先生のサインを持って事務に行き、さらには留学生担当の所にも
行く必要があるのですが、事務の方が席をはずしていたとか。

自分が希望する科目に加え、もしそれが取れなかった場合に備えての
科目にも出席しで毎日大忙しだとか。

アメリカで暮らしていると、日本と勝手が違うことがあり、
娘は、「だんだん闘うことに慣れてきた」と言います。

たとえば、

1.日本の大学が学費を払ってるのに娘個人に学費請求が来た。
しかも期日までに払わないと延滞料がかかるという説明書もあった。
(TOEICパート7みたい!)

2.今月はじめに寮をチェックアウトしてアパートに移ったのに、
寮から今月分の請求書がきた。1月分は日割り計算だと聞いてたのに
1か月分まるまるの金額で請求された。

3.寮→アパートに移ったため登録住所を変更したのに反映されず、
文句を言いにいったが、「今の状況はアメリカ政府はあなたの住所を
いまだ把握していないということ」と言われ闘って無事反映された!

4.キャンパス保険に加入したいと日本で加入した保険の英文コピーを
持参して手続きに行ったが、
「あなたは日本のこの保険で十分だから入る必要がない」と言われた。
別の人に聞くと夏までのプランで700ドルと言われ、
また別の人は、あなたの帰国は5月だから夏までの700ドルより
もっと安いと言われ、係の人によって言うことが違う。

などなど。
私などどれ1つとってもパニックになりそうです。
しかも全部英語だし~

ところが娘、果敢に立ち向かっています。
私がオロオロ心配すると、

「にゃる(娘)は闘うことはどうとも思ってないしストレスにもなってない。
一番のストレスは1つ1つを母さんが心配していて気にしていること。
母さんが気にしてるだろうなあ~と思って母さんを安心させるために
いい報告を早くしなければと思うことが一番のストレスっ!

だから、にゃるに任せて。
全部、自分でひとりでやるから。
学費のことも保険のこともちゃんとすでに問い合わせて
こちらの連絡先もいって手続き進めてるから。
それでも埒があかなければ、またオフィスに行って
責任者の人出してもらって自分で交渉するから」

なんと、娘の一番のストレスは
勝手が違うアメリカのシステムや社会ではなく、
私だったのです!!!

もう、心配するのやめました。。

私なんて、1月4日に娘にEMSで電子辞書や衣類や食料品など送ったのが
無事着くかどうか~追跡サービスにも反映されてないし・・
なんてことで世の中が真っ暗になるほど心配していたのですが、
そのことでまた娘にストレスやプレッシャーをかけ、

ちゃんと住所変更されてるの?
不在だった場合はどうなるの?

などなどいろんな心配を娘に投げかけてしまっていました。
そういった私の心配が娘にとって一番の負担だったのです。

その荷物も無事、今日着いたようで、
娘は授業に出てて不在だったのをルームメートのアメリカ人が
サインをして受け取り、娘の部屋の前に置いておいてくれたようです。

シカゴで盗られた電子辞書、なくて不便だっただろうな~
一刻も早く娘のもとに届いて欲しい~~と祈るような気分でしたが(←おおげさ)
これで安心です!

娘の今年の目標は「おそれず、立ち向かう」だそうです。

私から見るともう十分にたちむかっているようですが、
それでも、娘によるとまだまだ躊躇したり
逃げたりしているのだそうです。

娘が友達に向けたつぶやきに書いていました。

今年の目標は・・・
「おそれず 立ち向かう」
やっぱアメリカは手ごわい。
自分で主張せんとぜんっぜん思いどおりにいかん!!
戦わねば!!


いや~強くなったものです!
私が娘のためにできることは、

・心配しない(心配してることを見せない)
・信じて静かに待つ
・必ず無事帰国できると信じる

8月渡米から5カ月、帰国まであと4カ月~
留学生の母は心配がつきません。
おっと、心配するのやめたんだった~笑
関連記事

| 娘のアメリカンライフ | 2011-01-11 | comments:8 | TOP↑

COMMENT

人間力

娘さんのたくましさ、素晴らしいです。

私自身、アメリカに来て最も向上したのは、英語力ではなく、娘さんのように物事に立ち向かう気持ち・人間力だと思っています。ここではこちらから主張しない限り誰も助けてくれません。こちらからアクションをおこす必要があります。そういう話は事前に聞いてはいましたが、実際にそういう場面に直面するとなかなか気合いが必要で、「えいっ!」と思えるまでに時間がかかりました。既に幾つもの壁を乗り越えておられる娘さん、さすがはぴあのさんのお子さまですね。

正規科目を含めて残り4か月も充実した日々を過ごされると思います。春の再開が一層楽しみですね。

| 渥美クライマックス | 2011/01/11 16:51 | URL | ≫ EDIT

渥美クライマックスさん

ありがとうございます。
私も、1年間(実質9カ月)の留学期間で英語そのものが急にネィティブ並みに向上するなんてことは考えず、むしろ日本だけじゃなく、異国でも生活できること、「生きる力」が備わればと思っていました。

そういう意味で何かと勝手の違うアメリカで自ら考え、行動するということをせざるをえない環境の中で1つ1つ立ち向かっていくパワーを最近の娘から感じ、嬉しく思っています。

正規科目はどれも娘がアメリカで勉強したい科目ばかりなので無事履修できるといいなあと思っています。

| ぴあの | 2011/01/12 08:45 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/01/14 22:37 | |

お久しぶりです!

ぴあのさん、ご無沙汰しています。マンハッタンのななこです。(今はもう帰国していますが。。)

渥美さんが仰っているように、私も本当にアメリカにきてまず身に着けるのは立ち向かっていく気力でした。事務手続きがこうもできないのか!とまず唖然としちゃうんです。自己主張しないといきていけない国ですね~。そんな中できちんと戦っているお嬢さんは素晴らしいですね!心配すること全然ないと思いますよ。自己主張すれば案外言い分が通ることが多いですしね(笑)。

一回りも二回りも大きくなって帰国されるのが今から楽しみですね!

| ななこ | 2011/01/15 20:45 | URL |

鍵コメさん

コメントありがとうございます。
ご期待に添えず、申し訳ありませんでした。

今までは私なんて恐れ多くて・・と
尻込みしてきたのですが
今年はちょっと心を入れ替えて!
おっしゃるようにセミナーにもぜひ参加したいと
思っています。

2月はかなり時間の余裕があるので
何かいいセミナーがないかと探しているところです。

いつかどこかでお目にかかれることを
楽しみにしています!

| ぴあの | 2011/01/16 00:10 | URL | ≫ EDIT

ななこさん

ななこさん!!お久しぶりです。
コメント嬉しいです。ありがとうございます。

ななこさんも娘の留学の件ではいろいろお世話になりました。
あ~~ななこさんもアメリカではやはり戦ってこられたのですね。ホントなんでアメリカの諸手続きってサクサク進まないのでしょうね。にゃるはやるべきことはやってるのに、事務手続きが遅々として進まず、私もイライラですが、私は口出しも手出しもできないため、ただただいったいどうなってるのか??とここんところストレスマックスです。

ただ、娘にとってはそのイライラよりも私が心配していい報告を待っていて安心させたいのに、報告できない辛さや悔しさ、つまりは私が心配しているということに対するストレスが大きいようです。。

催促しても問い合わせてものらりくらりだそうで、なんでそんなにスローなの・・・と私はなすすべもなくただ心配心配です。そしかも娘には心配って言葉も使えないし(汗

ななこさんは郵便のトラブルとかありませんでしたか?荷物も送ってもちゃんと着くのか、追跡サービスあるのに日本国内はすぐに反映されてもアメリカに入ってからはトラッキング反映されるのに何日もかかったりでホント、改めて日本ってなんてすごい国!なんて思ったりしています。

最近、職場の同僚の友人30代後半が相次いでアメリカでのキャリアを捨てて帰国しているのですが、その帰国理由がみんな、「もう戦うことに疲れたから」って。なんだかわかるような気がします。

ななこさんは、そんな中で立派にマスターをとって帰国され現在お仕事にもつかれてるのですから、本当に素晴らしいと思います!!

| ぴあの | 2011/01/16 00:22 | URL | ≫ EDIT

強くなりますよね

ぴあのさん、こんばんは~

うちの息子は、大学のプログラムの関係で
娘さんの前半のエクステンションカレッジの履修のみでの
帰国でしたが、
「大学から学費の支払いをしているのに個人に支払請求がきた」
「ホームステイ先ともめて三回も家を替わった」
「自転車をレンタルして、前金で支払っていたのに再び請求された」などなど、
たった半年の間でしたが、いろいろあったようです。

そして、そのたびに
娘さんと同じように「闘ってきた」と。

アメリカから帰国した息子は、
精神的にたくましくなってきました。
たった半年でも、そうなのですから、
ぴあのさんの娘さんは、さらに精神的に強く成長されて
いることでしょうね。

私も、
「たのむから、心配しないでくれ」と息子に言われました。
ぴあのさんのブログを読んで、
私も、今年の目標を、
「余計な心配はしない、手を出さない」に
決定しまーす。

| yumi | 2011/01/16 23:12 | URL | ≫ EDIT

yumiさん

お返事、遅くなりごめんなさい!
そうですか~息子さんもやはり同じような経験されてきたんですね~やっぱりアメリカにいると日々戦いのようですね。

今のご時世、電話やスカイプですぐに連絡がとれ
さらにはfacebookやブログやmixiなんかでの
娘のwallやつぶやきなんかも見ることができ
生存確認(?)できて安心な反面

知らずにいたら心配しなくていいことまで
「知ってしまう」ので
私のような性分のものは常に心配状態でして・・

私の職場の同僚の特に20代、30代は
殆どの人が留学経験があるので聞いてみたら
みんなやっぱり留学中は不安だったりすると
親に聞いてもらうことでバランスとってたそうです。

親に「大丈夫」って言われるとそれだけで安心できたと。
だから、親には「守られている」ということと「安心」を
いつももらってたと。

なのに私は自分が心配だからといって娘の心配をあおるようなことをいったりで・・ホント未熟だと反省しました。

娘の「留学させてもらって感謝してるし心配してくれるのもありがたい。でも、自分が心配だからといってその心配をシェアさせないで」と言われたのが今も頭に残っています。

私もこれからは「心配」という言葉を封印して、子供に安心感を与えてやれる親になろうと。yumiさん、一緒に「親道」に励みましょうね!!

| ぴあの | 2011/01/19 11:09 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT