||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

時間のやりくりは難しいけどがんばらねば

毎週木曜日に英会話に通っています。
木曜日の私のスケジュールです。

◆スケジュールA
1)11:30-12:30 授業@B大学
2)13:30-14:30 授業@B大学
3)15:00-16:00 英会話レッスン
4)17:00-18:00 児童英語授業@自宅

午前は比較的のんびりの出講なのだけど
毎回授業準備が自転車操業の私
朝起きて出勤前にその日の授業準備に追われています。

2コマ目の授業は作文なので
その日に返却予定の作文の添削もギリギリまでかかって
している状態です。(間に合わないときは昼休みに
ご飯を食べながら添削です)

14時半に授業が終わって
質問に残ってる人の質問をさばき
慌てて車に乗って英会話スクールへと向かいます。

すでに頭の中はヘトヘト状態です。
で、1時間の英会話レッスンを受けたあとは
すぐにまた車に飛び乗って自宅へと急ぎます(約30分)。

あっというまにレッスン時間となり
全員が男の子の小6クラスなのでかなりパワーを要する
授業=歌って踊って?チャンツして~
をやりおえたときはもうぐぅの根もでないほど
疲れ切っています。

分刻みのスケジュール&移動は
もうこの年齢ではきついのかも。。。

英会話の1時間がなければ随分と時間に余裕ができるけど
これをやめてしまっては会話力をキープ(できれば上達)できません。

たまたま私の通うスクールの新しい教室が
自宅近くに出来、私のレベルと同じクラスが
木曜の夜に開講されていると知り、
昨日は昼@勤務大学近くではなく
夜@自宅近くの教室に行ってみることにしました。

昨日のスケジュールはこうなりました。

◆スケジュールB
1)11:30-12:30 授業@B大学
2)13:30-14:30 授業@B大学
3)17:00-18:00 児童英語授業@自宅
4)20:00-21:00 英会話

スケジュールAに比べて2)と3)の間に随分と余裕があります。
朝から気持ちにもゆとりがもてました。

しかし、実際は2)が終わっても翌週の授業の配布物のコピーや
同僚の先生と急に打ち合わせが入ったりして
大学に16時半までいたためまたまた車を飛ばして家に帰り
その5分後にはもうレッスンしてるというありさまでした。

3)と4)の間にもかなり余裕があるように思いましたが
あっというまに時間は来てしまいました。

う~ん、今後どちらのスケジュールが私にはあってるのかな?
私なんてフルタイムじゃないし、子供も巣立っているし
家事も夫がかなりの部分やってくれるしで
すごく恵まれた環境にあると思います。

それでもわずか1時間の英会話スクールの時間を捻出するのに
苦労してしまいます。フルタイムや子育てまっさかり状態で
英語学習をされてるかたには本当に頭が下がります。

肝心のレッスンですが
いつもの昼のクラスは私ともう一人の2人でのレッスンですが
昨日の夜のクラスは私含め4人でのレッスンでした。

お一人、すごく流暢に英語を話される方がいて、
どうやって勉強されたらそんなに流暢になるのですか?と
聞いてみたら、高校卒業後3年間カナダに留学し、
カレッジを卒業した後は1年間そのままカナダに残って
日本人相手のツアーガイドをしていたとのことでした。

やはりあれだけになるには
海外滞在経験がないと難しいのかな~と
思ったものの彼女の英語にすごい刺激をもらいました。

もう一人、昨日初めて参加された方の英語、
発音がちょっといわゆる日本人英語のそれとは違うな~と
思っていたら、案の定韓国の方でした。

若い彼女は現在日本の大学の大学院それも博士課程に留学中との
ことでした。日本語もかなり流暢で12月には能力試験の1級も受けるとか。
専門の勉強(化学)を極めながら、韓国語、日本語、英語を自在に操る彼女に
これまたいっぱいの刺激を受けました。

英会話スクールって単に英語だけの勉強ではなく
そこに集う人や先生から得られる刺激、パワーも
私にとっては大切なんだと改めて思いました。

長い夏休みが終わり、今週からA大学での授業も始まっています。
私の担当するクラスにはさまざまな国からの留学生が集まりました。

アメリカ、ドイツ、アイルランド
イギリス、フィンランド、ポーランド
中国、ベトナム、タイ、バングラデシュ
イラン、ボスニア、エジプト、アルジェリアなどなど

全くの初心者クラスも担当していますので
彼らからの質問はすべて英語でされます。

これだけの国の人が集まって母語は全部違うのに
それでも英語でなら全員がコミュニケーションできるって
やっぱり英語ってすごい!と改めて思いました。

やっぱり英語の勉強、やめるわけにはいきません!
関連記事

| 英語雑感 | 2008-10-17 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT