||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

留学準備最終章

娘の旅立ちの日が近づいてきています。
準備も最終段階に入ってきています。

昨日は、

1)シティカードでの出入金のチェック
2)かかりつけ内科で常備薬を処方してもらう
3)眼科で1年分のコンタクトと目薬の処方
4)医療保険の確認
5)美容院でカット&黒くそめる

をしました。
1つ1つについて書き記しておきます。



1)シティカードでの出入金のチェック
毎月の仕送りは私が日本で入金し、
娘がアメリカで出金の予定です。

昨日は私が私名義のカードで郵便局で入金し、
娘がそれを娘名義の代理人カードで引き出す
という実験をしました。

2)かかりつけ内科で常備薬を処方してもらう
娘は○秘がひどく、時としてはお薬にたよることもあります。
そのほかに整腸剤や風邪薬なんかももらっておいた方が
ということで、お昼前に自分で病院に問い合わせ
運転して出かけていきました。

担当の先生といろいろ相談し、4種類のお薬を処方してもらって
帰ってきました。(診察&お薬代で2,800円位)
アメリカって薬の持ち込みって大丈夫なんですかね?

3)眼科で1年分のコンタクトと目薬の処方
2週間使い捨てタイプのコンタクトを使っている娘。
こちらも1年分持っていった方がよさそうです。
もちろんアメリカで買うという方法もあるのでしょうが
とりあえずは使い慣れたコンタクトを。

ところが、まさかの展開でかかりつけの眼科医が急逝されたため
娘が使っているコンタクトのメーカーのHPから扱いのある眼科を
探し、電話で問い合わせ、診察&コンタクトの購入に
行ってきました。

こういうこともすべて娘がひとりでやってしまいます。
当たり前といえば当たり前ですが、
娘が高校生までは私が過保護だということとと
どこへ行くにも車が必須ということで
いつも私が病院に連れていっていました。

自分で問い合わせて自分で運転して行く娘・・
当たり前のことながら成長を感じました。

アレルギーや充血時などに使える目薬も処方して
もらいました。(全部で3,800円位)
コンタクトは注文し月曜に届くそうです。

4)医療保険の確認
留学時の医療保険は娘が自分で加入したのですが、
どういう保険に入ったのかを私に知っておいてもらいたい
ということで説明を受けました。

5)美容院でカット&黒くそめる
イマドキの大学生の娘、これまでは茶髪でしたが、
アメリカで髪がのびると「プリン状態」(茶色+黒)になる
といことで、美容院で黒髪に染めてきました。
(カット&カラーで9000円)

自分でなんでもちゃっちゃとする娘にびっくりです!
いったいいつのまにこんな積極的になったのでしょう~

「じゃ、次、~に行ってくるね」といい
車のエンジンをかけ出かけていき、
帰ってきてはまた次の出先に行く娘。

圧倒されています。

週末は「父さんとべったり一緒に過ごす~」のだそうで
今日は朝から父娘で朝食のパンを買いにいき、
今は二人でプールに出かけていきました。

夜は家族で花火に出かける予定です。
明日は私の実家でじいちゃん、ばあちゃんと食事します。

なんか、日々、娘の準備や様子をまのあたりに見ているだけで
よけに切なくなったり、胸がしめつけられている私。

夫はなんの心配も不安もないそうで、
なんで私がセンチになったり、心配しているのか
わからないそうです(笑)

これって男親と女親の違いなんですかね~
私が更年期に入っていて感傷的になってるんでしょうかね~

とにかく娘が無事旅立ち、到着し留学生活を開始するまで
落ち着きません。
関連記事

| 娘の留学準備 | 2010-08-07 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

こんばんは♪

ぴあのさんご家族のお話はいつも胸が熱くなります。私も、自分自身が娘であり、母でもある立場です。
拝見してまず思ったのは、お嬢様の自信・キラキラとした輝きは、ぴあのさんのあふれんばかりの愛情があればこそなのではないか、ということです。
こんなときママはこうしてくれた、ママならこうするはず、わからないときにもママはこう判断するはず…今までに注がれた愛情の中で、お嬢様は自立し、確実に自分というものを築かれた強さとたくましさを感じます。
しかしまた、いつまでも心配なのも女親というものですが、それは情の深さであり、父親とは形の違う、他の何にも代えがたい母親の無償の愛なのではないでしょうか。
私はぴあのさんが心配とおっしゃる言葉の一つ一つに、ご自分の家族への惜しみない深い愛情を感じ、私もそんな家族でありたいと願います。
自立という言葉に惑わされることなく、どうぞ今のままでいてください。子どもはいくつになっても子ども、ですよね。
長々ととりとめのないコメントですみませんm(__)mでも深い深い愛情を注がれたぴあのさんのお嬢様は(どらむさんも!)きっと、その気持ちを受け止めてお幸せになられることと思います(*^^*)。

| Kary | 2010/08/07 22:59 | URL |

Karyさん

身に余る言葉の数々ありがとうございます。
娘の渡米までいよいよあと1週間となりました。

まだ帰省中でこちらにいるのですが、概ね必要なものは揃え、あとはICレコーダー、メガネ、時計などを買う予定です。

B型で楽天的な娘からみると、心配性であれこれ構って口をはさんでくる私はかなりうざいみたいで、ちょっとしたケンカもたえません。でも、自分がいかに親から大事に思われてるかはわかってるようなので、留学先でも自分を大事にしてくれるものと信じています。

どらむも妹に会うため(?)に木曜深夜に帰って土曜早朝に戻るという強行軍で帰省の予定です。ほんの1日だけですが久しぶりに家族がそろいます。

| ぴあの | 2010/08/10 13:10 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT