||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あれでよかったのだろうか?

息子が帰ってやれやれ~と日曜はホッと一段落。
一夜あけて、昨日職場に行って
若い20代、30代の同僚達と話をしました。

息子が、仕事辞めたいと言ってててね~

と言うと、




それぞれ、実は私も心療内科に行ってたことがあったとか
私もうつ一歩手前だったとか、
私の友人も1年で会社をやめたけど原因はうつだった。

という話がぼろぼろ出てきました。
それぞれの話を聞くと、
なるほどそれは辛かっただろうなあ・・

そして本人はもちろんご両親もきっと悩んでただろうな~と
思うケースばかりでした。

今の社会は以前に比べ甘いと思うこともたくさんあります。
たとえば、

私たちが子供だった時代は学校へ行きたくないと言っても、
「何言ってんのっ!」と一喝され、学校へ行かされました。
今は、「行きたくない人は無理に行かなくてもいい。
行きたくない人の権利」という社会になってきています。

会社だって、昔は終身雇用があたりまえ、
少なくとも「石の上にも3年」と皆がまんしていた・・
そんな時代だったのだと思います。

それが、今は転職が当たり前、
入社した会社を勤め上げるなんて人は随分と減ってきたのではと
思います。

夫が、「そう言えば離婚もそうだよな」と言いました。
以前は転職も離婚も珍しいって感じだったけど
今じゃそんなことは全然ないと。

確かに、辛いことがあっても「子供のため」とがまんをし
添い遂げることが美学(?)でしたが、

今では、却って「冷え切った両親に育てられるよりも」と
離婚する人も増えているし、
離婚したと聞いてもそう驚くこともありません。

今の風潮が悪いと思っているわけではありません。
ただ、がまんとか権利とか自由とか
ちょっとわからなくなってきました。

息子はもう20歳を超えた大人ですし、
今回の仕事を辞めるかどうかの問題も自分で解決すればいいとは思います。

ただ、親に相談してきた以上、
やはり親としての意見やスタンスを考えなければなりません。

うつになるのが怖くて追い込まず優しく接すればいいのか?
「何言ってんのっ!最初の1,2年なんて皆そんなものよ!」

と言えばよかったのか?

私の言ってみれば中途半端なスタンス、

やめてもいいけど、やめるとなると保険のこと、年金のこと
アパートのこと、いろいろ現実問題として起こること
ちゃんと考えなさいよ

これって結局は辞めるなと言ったに等しいのではなかったか?
だとすると、彼を追い込んでしまったのではないか?

今、こうしている時間にも息子は追い込まれていて
どんどん精神的に落ち込んで言ってるのではないか?

そいうことを考えている私までも
気持ちがどんどん下降していきます。

加えて、明日は私の大学病院での検査日です。
外のお天気もじめじめしています。

娘の留学日もどんどん近付き、
すでに寮も決まり、寮の部屋番号も決まり、
入寮費の請求も来ました。

キャンパス保険等、医療保険の加入も終わりました。

あ~~~娘は本当にいなくなっちゃうんだ~
1年という年月が永遠に長い年月にも感じられてしまいます。

やばい、やばい・・
私、ちょっときていますよね・・

昨夜、早く寝て睡眠十分なのに
朝からこんなモードではいけませんよね・・

現在、7時10分です。
息子、そろそろ地下鉄の駅に向かっている頃でしょうか?
また、今朝もカロリーメイト1個の食事(?)なのかな?

あ~~~やっぱり、もういいよ。
十分がんばったんだから辞めて帰っておいでよ~
と言えばよかったのかも。。
関連記事

| 息子 | 2010-06-22 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/06/22 09:04 | |

鍵コメさん

ご自身の辛い経験、大切な経験をお話しくださってありがとうございました。文面からHさんの当時の辛かったお気持ち、そして今なお癒えてない辛さ、それらを考えると私の方まで胸詰まる思いでした。

男性、女性、独身か既婚か、子供がいるかいないか、などなどそれぞれがおかれている状況により、また決断の仕方も違ってくるかとは思います。

ただ、辛い気持ち、がんばりたいのにがんばれない気持ち、逃げたくないのに体と心が言うことをきかないなどなど・・当事者じゃないとわからないこともたくさんあると思います。

家族は、ただ見守ることしかできません。
特にうちのように離れていると、日々のちょっとした言動や様子、顔色、食欲などがわからないだけに、想像の世界の中で心配しないといけません。

かといって、頻繁にこちらから、どう?とメールや電話をすることも却って本人を追い詰めることになってしまうのでは?とも思います。

「なんかあったらいつでも言っておいで~」
「いつでも帰っておいで~」

と息子には言ったのであとは離れた位置から見守るだけです。一度も会ったこともない私や息子のことを気にかけて頂き、ご自身の体験までお話してくださり、本当にありがとうございました。

| ぴあの | 2010/06/22 15:17 | URL | ≫ EDIT

No title

うーーん。
息子さんもご家族も、本当につらいですね。
どうするのが一番良いのかって、なかなかわからないですね。
確かに、昔は何があっても最後までがんばる。というのが当たり前だったんですよね。
今は学校も仕事も結婚もつらかったらやめても良いという風潮になっていますね。

心が病んで、悪い結果を生まないようにするための策なんですよね。
毎日のように、嫌なニュースが流れる今だから...
親として、とても難しいですね。

| maci | 2010/06/23 11:27 | URL |

maciさん

本当にあれでよかったのか?と今週はずっともんもんとして過ごしてきました。
昨日の電話で、「辞めることにした」と聞いて、私もようやくすっきりしました。

親としてうんぬんではなく、もう本人の決断を信じ見守るだけだと思いました。

最後までやりぬくことだけが立派なのではなく、途中でやめる勇気だって立派なんだと思います。マラソンだって途中棄権という選択だって時としては必要なこともありますしね。

いつもありがとうございます。

| ぴあの | 2010/06/25 08:32 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT