||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どらむからのSOS

どらむから夫と私にメールが来ました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

もう仕事辞めたい…。

なぜか全く本気になって打ち込むことができない。

周りの人たちは本当にいい人ばかりで、
何回もしょーもないミスをしてる俺を見捨てずに
怒ってもくれる。

仕事中の自分は死ぬほどダサくて、
今まで見てきた自分じゃない。

どんどん以前の自分を忘れてしまている気がして
怖くて仕方ない。

なんでこれ程、本気になれないんだろう?
がんばってはいるけど全然本気じゃない。

どうしよう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夫がすぐにどらむに電話をしました。
どらむ、地下鉄で移動中でした。

私も夫も大卒後就職した会社を1年半で辞めています。
どらむの気持ち、痛いほどわかります。

もう、どらむは精いっぱいやった。
地元に帰って、しばらくはゆっくりしてもいいのだと思います。

心が壊れてしまっては
元も子もありません。

いつも大口叩いていたどらむが、
かしこまって、委縮している姿はそれだけで不自然です。

今、どらむからの電話を待っています。
これ以上、がんばれというつもりはありません。

あとは夫とどらむ、
父と息子に任せます。

どらむ、まだ今月24歳になったばかりです。
まだまだ未来があります。

子育て・・・

終わったつもりでしたが、
まだまだ必要とされれば
親としてめいっぱいがんばります。

いい会社だったのになぁ・・

でも、それに固執してどらむがどらむでなくなってしまっては
もう取り返しがつかなくなってしまいます。

今はただ・・
夫ともども、どらむからの電話を待ちます。

私はただただ見守るだけです。
夫がどらむとどんな話をするか・・
これぞ父親の出番です。

こんなとき、母親は無力です。
でも、ここぞというときに父親にバトンを渡せること、
よかったと思います。

どらむ・・辛かったんだろうなあ。
私からの目に見えない期待がどらむを苦しめていたのかも。。

子育てに終わりはないですね・・

まだ、どらむからの電話、鳴りません。
関連記事

| 息子 | 2010-06-16 | comments:6 | TOP↑

COMMENT

No title

仕事で初めからかっこいい人なんていないはず。最初はダサくて当たり前。

日頃、強気な性格ならば、尚更つらいでしょう。そんな自分を見たくなくて。

でも、誰でも一度は通る道。

周りの人がいい人ならば、その場で持ちこたえるということも覚えてほしいです。
ダサい姿も決して悪いものではありません。

ただ、自分が母親だったら、そうは思えないんだろうなと思います・・・
やっぱり他人だからこんなふうに思うのでしょう。

| 通りすがり | 2010/06/17 00:12 | URL |

通りすがりさん

コメントを頂き、ありがとうございました。
先ほど、息子から連絡があり話すことができました。

息子は、息子なりに自分のことを見詰めていて、
何よりも「本気になれない自分」「悔しさをバネにがんばれない自分」にもどかしさを感じているようです。

夫が、「今のどらむにこれ以上、がんばれとは父さんは言えない」と言っていました。私も同感です。

親として母親としていろんな思いはありますが、それでも何より、こうして自分がいっぱいっぱいの時、自分からSOSを出してくれて本当によかったと思います。

息子も「こんなカッコ悪いこと、親にしか言えない。親にも言いたくなかったけど、それでも親にしか言えない」と言っていました。

もちろん、私もあとひとふんばりして持ちこたえて欲しい、それだけの会社なのだからと・・と思いますが、それ以上に息子が息子らしく日々過ごしてくれることのほうが大切だとも思います。

ご意見、頂けたこと、感謝します。

| ぴあの | 2010/06/17 00:34 | URL | ≫ EDIT

遠回りのすすめ

 ぴあのさん、こんにちは。
子育てに終わりはないのかもしれませんね。
親だからこそ心のうちを見せた息子さん、それを受け入れるぴあのさんたち、ステキです。弱音を吐けるのはやはり家庭なんですよね。そしてそれを受け止めるのも家庭。いいなぁって思いました。
 残念ながら私の育った家庭はそうではなかったので、今でも母親に対してはどこかやさしくなれません。仕方ないですが、子どもに対ししては「無理」しても何でも聞き入れる親でいたいと思います。「無理」というのは自分が育てられたように子育てするのが自然なのに、逆を目指すのでそうとうな努力がいるのです。
 長い人生です。少しくらい遠回りをしたっていいんですよ!!
 ところで、2次対策がんばってください。4コママンガでポイントがしっかり話されていれば短くても問題ありません。おそらく1コマで最低でも2文は必要になってくると思いますよ。Q&Aについても意見とその理由を言うと評価もいいでしょうね。程よい長さで面接官を納得させてくださいな。

応援しています。

| あかつき ちか | 2010/06/17 09:52 | URL |

大丈夫ですよ。

うちのどらむもそうして会社を辞め、“最後のわがままです”といって、海外に放浪の旅に出て行きました。 ま、長い人生、放浪の旅もいいか、とは思うものの、ぴあのさん同様、せっかくいい会社に入ったのに、というのも本音でした。 

持っていたお金を全部使い果たし、日本に帰ってきて2カ月ほどたったころでしょうか、“会社 決まったよ”、と電話が入った時は ホッとしました。 今はまた、あちこち地方にも飛び回っているようです。 たまに出張先の特産物を送ってくれたりします。

羽を休めたら飛び立ちますよ。 親が思っているより自分なりに考えています。 どうか今まで通り見守ってあげてくださいね。


| まこちゃん | 2010/06/17 23:19 | URL |

あかつきちかさん

昨日の朝、私・・どらむがちゃんと生きてるか?気になって「おはよう。今日はいい天気だよ。」みたいな何気ないメールを入れてみましたが、ずっと返信がなく、夜になって屈託のない返信が届き、ちょっとホッとしました。

育った家庭、特に母親の影響ってやっぱり自分の中に残っていますよね。私は何をしても褒められたことがなく、母に認められたくてただ褒めて欲しくてがんばってきました。でも、それでも母には褒められたことがありませんでした。

子供を育てるときは、とにかく褒めて褒めて育てました。そしたら自己評価の高い子になってしまいました(笑)私も今だに母に優しくなれない自分がいて、時としてひどい自己嫌悪におそわれます。でも、私たちが育った時代の母親世代ってある意味みんなそんなふうな子育てをしたのでは?と思えるようにはなりました。

英検2次対策少しずつ初めています。
昨日のさくら会でもみんなで私以外の3人にはとりあえず日本語でいいからナレーションをしてもらったりQAに答えたりしてもらってから解答例を見てポイントの確認などしました。ネィティブの先生にも模擬面接してもらいました。また記事にします。いつもありがとうございます。

| ぴあの | 2010/06/18 08:29 | URL | ≫ EDIT

まこちゃん

そうですか、まこちゃんの息子さんも・・そうですか。貴重なお話を聞かせて頂きありがとうございます。

私は昨日、一日考えていました。あまりに物わかりのいい親でありすぎることがあまりに自由を与えることが本当にいいのか?ちょっと怖いけど「何言ってるの!3年は続けなさい」と荒療治だけど追い込んでみるのもいいのか?などなど。

でも、今のどらむに対してはそれ以上に心が壊れることが怖いです。いい会社に入ったのに・・というのは私の見栄にすぎないのだと思いました。

どらむもワーホリか海外一人放浪旅を思っているようです。私もそういう時間が今のどらむに必要だと思っています。

ただ、今、こうして簡単にやめてしまって、それで「やめ癖」がつくのではないか・・定職につかずフリーターになってしまうのではという心配もありました。

でも、どらむを信じようと思いました。
まこちゃんの息子さんのお話に大きな力をもらいました。息子さん、元気にお仕事されている様子、よかったですね!出張先から特産物を送ってくれるなんて!!私も長い目で見守ろうと思います。

ありがとうございました。

| ぴあの | 2010/06/18 08:35 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT