||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2次対策スタート(どらむの思い出)

準1級の1次合格ラインがまだわかりませんが、
2次の対策を始めることにしました!

どらむ(息子)がサッカーをしていた時のことを思い出しました。



怪我で先発メンバーから外れたとき、
それでもいつ声がかかってもピッチに立てるようにと
大会日程から逆算してブロック注射をうち痛みを抑え、
そして、試合が始まってもひたむきに
黙々とウォーミングアップをしている姿を。

足を疲労骨折しているときも、
肋骨を折っているときも、
そして最後半年間悩まされた恥骨結合炎のときも。

痛くて走れないときはプールでひたすら泳いで
心肺機能を高めていました。

最後の試合、鎮痛剤とブロック注射でなんとか痛みをごまかし、
試合当日を迎えました。

それだけのことをして臨んだ試合でしたが
監督はどらむを使ってくれませんでした。

試合が始まって、ゲームが気になりながらも
私の眼はゲームの動きとともにベンチ前で黙々とアップを続ける
どらむの姿を見ていました。

前半、どらむの出番はありませんでした。
0-2で2点ビハインドで迎えた後半のピッチにもどらむの姿は
ありませんでした。

一人、二人とメンバー交代があり、もう交代枠は残り一人だけ。
夫からは、

「どらむが出るとか出ないとかそんなことばかり
考えるな!チームを応援しよう。そっちに集中しろ」

と言われました。
夫の言うとおりです。

でも・・・でも・・・

こんな形でサッカーを終えるなんて・・
せっかく注射までして臨んだ大会なのに・・

でもでも・・自分の息子が、どらむが・・ではなく
やっぱり団体競技なのだからチームをしっかり応援せねば!
そう心を切り替えたとき、

夫が私の背中をつつきました。

「おい、どらむが出るぞっ!」

さっきの舌の根も乾かないうちに(笑)
やっぱり夫もどらむが出るのをずっと待っていたのでしょう。

選手交代を告げられたとき、
周りのお母さん仲間だけでなく、一斉に拍手がおきました。

どらむ君がでるよ。
どらむが帰ってきたよ。

と。

交代をつげられピッチサイドに立つどらむ。
まっすぐ前を見ていました。

そして、選手交代を告げられてピッチに入っていく
そのほんの一瞬、ほんの一瞬ですが
ちらりと振り返り私と目があいました。

ほんの一瞬でしたが、
どらむは目で私たちに語りかけました。
「行ってくるよ」と。

そして全速力で駆けだしピッチの中に入っていきました。
それは、後半残り10分でのことでした。

私はいつも彼の試合は写真、ビデオに収めてきましたが、
最後のその試合は自分でも思うところがあって、
一切撮影はしませんでした。

フィルター越しではなく、自分の目で焼き付けておきたかったのです。
どらむのその日のプレーは親バカですが本当にすばらしかったです。

どらむがセンターバックに入ってからは完璧に相手の攻撃をとめました。
ラインも自在にあげ、オフサイドを誘いこみました。

結局試合はそのまま0対2で負けてしまいましたが、
私は十分満足でした。

周りのお母さんたちが、

今日のどらむ君はすごかった。
最初から出てくれていたら・・

と言ってくれたのがとても嬉しかったです。
どらむはこの試合を最後に高校サッカーを引退しました。

試合後、チームメートはそれぞれのスタイルでいました。
放心状態のもの、コートサイドで泣き崩れている者。
唇をかみしめているもの。
もちろん泣き虫のどらむは…

私は、今晩どらむをどう迎えてやろうか・・
ただお疲れ様とだけ言おうか・・
おいしいものをいっぱい作って待っていようか
そんなことを考えていました。

夜、どらむが帰ってきました。
すっきりした顔でした。
そして、

「母さん、泣くなよ」

と前置きしてから言いました。

「父さん、母さん、今までオレにサッカーさせてくれてありがとう」

夫が、「泣くなっていったって母さん、無理だよな~」と言いました。
私はすでに号泣していました。

少年団から今までのことが頭をぐるぐる回っていました。
家族一丸となって応援してきた10年、
合宿、遠征、怪我、勝っては泣き、負けても泣き、
チーム+その家族みんなが大きなひとつの家族のようでした。

どらむはその後、受験勉強に集中し、大学に入った後は
自分のプレーだけでなく、
ボランティアで小学生チームのコーチもしました。

「オレが今までしてもらったことを少しでも還元したい」と。

そして、少年団のコーチをすることで、
子供たちの保護者がいかにチームをサポートしているかを
知ったのだそうです。

今、会社のサッカーチームでボランチをしています。
去年、入社して同じ職種のリーグ大会で
なんと全国大会まで行き、優勝したそうです!

仕事では失敗ばかりだけど、
サッカーでは少しは会社にも貢献しているようです。

かつてのどらむのチームメイトや
大会での対戦相手、遠征や合宿で一緒に練習した中には
現在Jリーグで活躍している選手が何人もいます。
今、まさにあの時の人とも。。。

長々と書いてきましたが、
いつ出番がくるかもわからないのに黙々とウォーミングアップをしていた
そんなどらむの姿を思い出し、

私も進めるかわからないけど2次の勉強を始めようと思った次第です。
いつもながら長い記事になってしまいました。
最後まで読んで頂きありがとうございます。
関連記事

| 息子 | 2010-06-16 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT