||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「オレ、今から上海行ってくる」

朝、息子から電話がありました。

「時間ないから手短に言うけど、オレ、今から上海行ってくる」

おぅ~~~何と、3連休利用で上海ですかぁ?



「で、UAのマイレージカードって必要かな?」
「航空会社どこ?」
「JAL」
「じゃ、UAのマイルはつかないよ。JALのカードが必要だよ」

まったくぅ。なんでJALに乗るのにUAがいるのよぅ。
でもANAなら同じスターアライアンスだからUAに加算できるんですけどね~
その後、持ってるクレジットカードの付帯保険について軽くレクチャー。

「よかった~俺のカード旅行保険付帯なんや~」
って。それがあってそのカードに入ったんでしょうがっ!
全く何も把握してないしぃ。

「ところで誰と行くの?彼女と?」

「いや、○○と~」

な~んだてっきり彼女と行くのかと思った(ほっ!←(笑)
○○は息子の大学時代の親友ですごく個性豊かな子なんですよね~
息子の大学時代に一番影響を与えてくれた子なんですよ。

社会人になっても別々の会社に入ってもちゃんと交流してるんだ~
と嬉しくなりました。

それにしても、社会人1年生、親の力も借りずちゃんと自分で手配して
海外に出かけるまでになったんですね~

大学時代のアメリカ3週間ひとり旅やシンガポール1週間ひとり旅のときは
私もかなり心配したけど、今回はなぜかそう心配になりません。

上海が近いということもあるし、友達が一緒ということもあるし、
何よりもあの何でも親掛かりだった息子が社会人になって
多少しっかりしてきたような気がするからです。

それに万一何かあれば、息子の会社の上海支店がついている~
なんてことも思って。

大学4年の4月に今の会社に内定を頂いてからは入社前でも
内定者は自分の居所を離れる時は帰省のときでも事前に人事部に
届け出る必要がありました。

大学4年の9月にシンガポールひとり旅に行くと人事部の担当者に
届け出たら、なんとその方がシンガポール支店に連絡を取ってくれました。

1泊目の安ホテルだけを予約してあとは現地で~という貧乏旅行で、
そのホテルがあまりにひどく、また2泊目にと現地で予約したホテルは
いわゆる○春宿のようで(笑)すっかりおじけついて
ターミネーターのトムハンクスよろしく
結局ずっと空港で寝泊りしていたようです(笑)

現地で知り合った人に自宅に招待されていったら
その人がゲイでチューされて(汗)間一髪の状態で逃げてきたり
バスでジョホールバル(マレーシア)に行ったものの
入国カード準備してなくて空港で拘束されたり(大汗)と
まことにデンジャラスな旅だったようです。

が、そんな中、別世界のような1日を過ごしたのだとか。
初日のホテルに連絡がきて、旅の3日目に支店の日本人トップの方が
支店はもちろん関連施設をも案内してくれ、
ご自宅にも招待してくださってご馳走になったそうです。

まだ入社前の内定者にです。
その話を聞いて、人間を大事にするいい会社だと親として嬉しくなりましたが、
一方で、ここまでして頂いて単位不足で卒業できなかったらどうなるのだろうと
いう恐怖がますます高まったのです(苦笑)

何しろうちのバカ息子、4年の後期になってもまだ12単位も残っていて
卒論も最終〆切日の締め切り時間の1時間前にギリギリで提出、
後期試験で単位を1つでも落としたら卒業できないという
崖っぷち状態だったのです。

もしインフルにでもなって1科目でも試験受けれなかったら・・・
右手負傷して鉛筆もてなくなったら・・・
寝坊して試験に遅刻したり受けれなくなったら・・・

などなど心配はつきませんでした。
いっつも綱渡りのヤツなんです。

何とか後期の試験はクリアーしたものの、
今度は卒業認定会議をクリアしなければなりませんでした。
卒論審査と、習得単位の内訳の審査です。

で、卒業が決まったのが実に卒業式の1週間前。
ちょうど去年の今頃です。

大学受験では私大全敗の後の国公立大合格でした。
成績開示を受けたら、合格最低点のわずか2点上。

まったく~ギリギリで入学し、これまたギリギリでの卒業でした。
会社に入っても仕事も遅く、英語もできず、PCスキルは低く
いつなんどき「オレ、もう会社辞める」と言ってくるとかとハラハラ。

でも、ま、こうして入社して1年たって
3連休に大学時代の友人と海外旅行に行くということは
経済的にもま何とかやってるってことだろうし、
精神的にもそこそこ余裕があるってことでしょう。

もう23歳にもなるのに、それでも息子というのは
可愛くてしょうがありません(汗)

JALのマイレージナンバーを伝えるメールに

「上海旅行楽しんできてね(^^)
 ホテルの水道水は飲んじゃだめだよ~」

とメールしました。
おそらく、

「うっるせ~な~わかってるよ~」

と思ってることでしょう(笑)

関連記事

| 息子 | 2010-03-20 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

「右手負傷して鉛筆もてなくなったら・・・」に思わず笑いがこぼれてしまいました。と同時に、母親だとそこまで心配するのだなぁという気持ちになりました。

| 渥美クライマックス | 2010/03/22 05:57 | URL | ≫ EDIT

さすが、社会人ですね

こんにちは!

息子さんは上海ですか!?
いいですね~

ぴあのさんと同じく、
私も、息子は心配で心配でたまりません。
日本でも、半分浮遊して暮らしているような息子。
海外で暮らしていけるのかどうか…
まったく、不安で仕方がありません。

私も、「うっせーな」と思われつつも、
メール送ってしまいそうです。

はやく、ぴあのさんの息子さんのように、
社会人になって、しっかりしてくれるのを
待ち望んでいるところです。

とはいいつつ、
それはそれで、さみしいかもですね(笑)

| yumi | 2010/03/22 13:37 | URL | ≫ EDIT

渥美クライマックスさん

ね~笑ってしまいますよね~(笑)
これって母親だからというより、私が異常に心配性なだけなんだと思います。特に息子なんて階段をダダダ~~~って具合に下りてきたりしてたので、「きゃ~階段から落ちて(右)手の骨折れて鉛筆もてなくなったらどうするのよ~~」とマジで心配してました。

サッカーの試合が近づいたときは、同じ状況でも「足骨折したらどうするの~」でした(笑)

ちなみに階段ではないけど、サッカーがらみでは足首骨折、肋骨骨折、疲労骨折、ひびなど何度グランドから病院に運ばれたことでしょう。全く、子どもへの心配はつきません(苦笑)

| ぴあの | 2010/03/22 14:48 | URL | ≫ EDIT

yumiさん

コメント、ありがとうございます。
全くうちの場合は、一人暮らしを始めてからかかってくる電話、かかってくる電話、こちらの心臓に悪いものばかりで本当に4年間振り回されました。

あげくには同棲までしちゃうし(苦笑)
もっとも、彼女ができたことでちょっとはしっかりしたかな?というのもありましたけど(笑)

そういえば、大学1年のときバイト料の振込みのために銀行で口座を作る必要があったんだけど、「銀行は3時までよ」「印鑑もっていって」などさんざん説明したのに、息子から「銀行についたけど誰も人がいない。どうやって口座作るの?」という電話があったことがありました。店外ATMコーナーを銀行だと思っていたそうで(汗)

そんなヤツでも4年間で多少は成長したので、yumiさんの息子さんは今回の留学で一回りも二周りも成長して帰ってこられると思いますよ。僭越ながら私もyumiさんの息子さんの留学、一緒に見守らせてくださいね。

| ぴあの | 2010/03/22 14:54 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT