||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

留学先が決まりました

娘の夏の短期留学先がこのほど決まりました。
留学申し込みにあたっては、国を選ぶことはできましたが
オーストラリアだけでも提携大学が10以上もあるため
大学側でいろいろ考慮のうえ、派遣先が決まるシステムでした。

今回、娘が行くことが決まった大学は
オーストラリアの中でも自然に恵まれ、
海にも山にも近いアットホームな大学です。

大都市ではないので
人々も穏かで買い物の店先などでも気軽に声をかけて
くれるといったような暖かい人々が多くすむ所のようです。

キャンパスにはなんと野生のカンガルーがお昼寝してたり!
といった、まさにうちの娘が大好きな自然豊かな環境で
なんだか私までが楽しみでわくわくしています。

6週間の日程でホームスティをし、
月曜から金曜まで大学で授業が受けられます。
貴重な青春時代をそんな環境で学べるなんて
きっといい経験になることでしょう。

この前のGW、娘は高速バスで帰ってきました。
たくさんの課題を抱えて(笑)
4時限の授業が終わったあと、その足で駅へ行き
バスに飛び乗ってきたので、大学のテキストやファイル類も
すべて持参していました。

これまでずぼらだった娘が、
意外にも配布プリントなどをきれいにファイルし
1冊のルーズリーフに科目別にまとめていました。

それを見せてもらったのですが、
もう本当に目からうろこというか
先生の授業の様子が手にとってわかり、
私、1枚、1枚のプリント、課題、その返却されたプリント
などなど目を皿状態で見せてもらいました。

プリントはもちろんすべて英語です。
先生のオフィスアワーなどが書いてあるプリントあり、
評価方法をきちんと説明したプリントあり、
授業に臨む姿勢や課題提出法についてのお知らせあり
で、まるで日本にいながら留学しているかのような
様子がくみとれます。

また、これまで娘が提出したライティングなどの課題も
コメント付でとても丁寧に添削されています。

プロジェクトワークの概要やそのやり方、
英検対策クラスの授業の概要と小テスト、
それに第二外国語のハングルのプリントなどなど

わずかこの1ヶ月の娘の学習の様子がよくわかりました。
なかでも目を引いたのは前述の課題の添削です。

先生からのコメントは褒めてあるものから辛口なものまで
いろいろありました。

たとえば、エッセイの課題などでは

"Great title!"
"Lovely!"
"beautiful opening line."

のように、褒め言葉のコメントもあれば、

"This shows a lack of effort. I'm sure you can do better work than this."

などといった辛口のものもありました。
しかし、辛口といっても、そこには愛情が感じられ
次なる奮起を促してくれています。

聞けば娘のクラス26人中、なんと20人が帰国子女か
数年間の留学経験者だそうです。
娘を含む残り6人は本当に必死に授業についていってるようです。

グループに分かれてのディスカッションなど
まるでネィティブのようなクラスメートの中にあって
なんとか1つでも発言できるようにと
がんばってるようです。

時には泣きたくなるほど惨めな気持ちも味わいながら。
それでも、「授業は楽しい」と言います。

よほど先生の授業が上手なのでしょう。
一度、そんな授業見てみたいな~と思っていたら、
なんと!その授業、ネットで見ることができました。
動画配信されているのです!!

もう、びっくりです。
早速、アクセスしてみると、
いや~もう、エネルギッシュな先生の授業に釘付け。
ある時は生徒の気分で、
またある時は、教える側の教師の視点で
夜中だというのに、私、パソコンの画面をくいいるように
見てしまいました。

そして、思ったのは、
あ~~私もこんな授業が受けたかった。
いや、今からでもいいから受けたい。

娘が留学するのなら、
私も短期でもいい、たとえば勤務する両方の大学が春休みの2,3月などを
利用して4週間とか6週間の短期語学留学とかに参加するってのは
どうだろう?そんなこと真剣に考えてしまいました。

娘がGW中に抱えていた課題、
私には真新しいものばかりでした。

まずは、世界的に有名な偉人一人を取り上げ、
その人の生き方について300語のエッセイを書く。

それから、原書を20ページほど読み、
その中の自分の担当部分のプレゼンの準備をする。
DSCN5115.jpg


また、同じ内容の手紙を友人と先生の2名に書く。
内容は同じでも相手によってinformalとformalなものに
使いわける。たとえば語彙の選び方や表現の選び方を
変える。

といったものでした。
帰省中、連日、高校時代の部活やクラスの仲間と出かけては、
夜になると、「きゃ~課題やらなきゃ!」とそれはそれは
忙しそうなそれでいて張り切っている娘でした。

いい経験、してるな~
こんな授業受けてると力つくだろうな~

そう思いました。
私にとってこの娘の大学での授業の様子は大きな刺激です。
もう40代も後半、なかなか若いときのようにはいかないけど
それでも私もやっぱり英語、まだまだ上達できるかもしれない。
がんばろう~そんな気にさせてくれます。

さて、今日、5月11日、午前10時半ごろ。
1台の赤い車が我家の前に停まりました。
そして、ほどなく、

「ぴんぽ~ん。お届け物です」

受取人は私の名前になっています。
そして差出人は娘の名前。

なんと、娘からの母の日のプレゼントでした!

中にはお手紙とともにかわいい目覚まし時計の入浴剤。
プレゼントを受け取った瞬間から涙腺の堤防決壊の私でした。

DSCN5134.jpg  DSCN5135.jpg
関連記事

| 娘のカレッジライフ | 2008-05-11 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

素敵なプレゼントですね~♪
私も可愛い目覚まし時計がほしくなりました(笑)。

先生のコメント、丁寧ですばらしいですね。
せっかくがんばった課題にただの○、では切ないものがありますもんね。
学生のやる気を引き出すのが上手な先生なのでしょう~。
私も小学校のころ習っていた英語の先生が褒め上手で
やる気がぐんぐんupしたのを覚えています。
学生の伸びは先生次第ですもんね。
留学先で充実した日々が過ごせますように!

| なおみん | 2008/05/13 16:44 | URL | ≫ EDIT

なおみんさん

コメント、ありがとうございます。
とても授業が上手&学生に愛情を持って接してくれる熱意ある先生のようです。受験では本当に苦労して最後の最後まで進学先が決まらず、一時は浪人か・・・とまでおいつめられてた娘ですが、いい大学に拾ってもらって本当によかったです。先生の一言、親の一言で子供をやる気にさせたりできるものだって本当このごろ痛感しています。

なおみんさんも小学校の頃、いい英語の先生に出会われたんですね。翻って私はうちの教室の生徒や大学での学生達にとってどういう指導者にうつってるんだろう?こういういい先生の話を聞くと、背筋がピンとなります。私も仕事、がんばらなきゃ!って。

| ぴあの | 2008/05/13 19:08 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT