||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仕事と勉強に夫の力は不可欠

娘が家を巣立ってからは私・・・恥ずかしながら
朝は自分のその日の授業に合わせて起きています。

1時間目のときは6時半から7時ぐらいの間に、
で、たとえば2時間目からのときなら8時とか8時半に。

つまり、そんな日は
夫は勝手に1人で起きて自分で朝食を作り出勤しています。
時にはお弁当まで自分で作って。

うわ~~~~~悪妻!!
こんな奥さんだけは欲しくない・・って思ったそこのあなた!
一応言い訳すると、ちゃんと娘が高校3年までは私も朝早く起きて、
息子が中学に入学してから娘が高校3年になるまでトータル9年間は
お弁当だって作ってたんですよ!ついでに夫の分も!!


うちの夫はマメで家事はほとんどなんでもします。
特に料理が趣味で以前は週末だけだったのが
ここ数年はほぼ毎日晩御飯も作ってくれます。

私たちそれぞれが帰宅してからの時間の使い方は、

夫→10キロジョギング→シャワー→ビールを飲みながら夕食作り
私→仕事関係のメールや仕事の残り→英語学習

そして2人揃って晩御飯withビール、ワイン、焼酎、酒!!
いつも晩御飯は8時半か9時頃です。

夫の家事参加があるおかげで私は仕事も勉強もできます。
もちろん夫ももともと家事ができたわけでなく、
私の長年のマインドコントロールの成果で仕事が忙しいのを見かねて
手伝うようになったのです。

特に料理などは結婚当時はカレーぐらいしか作れませんでしたが、
今や中華はもちろん、パエリヤでも茶碗蒸しでも冷製パスタでも
何でもござれです。

もちろん、私も料理はできますよ!割と上手な方だとも思います!(←これ強調)
でも、私が「たまには変わろうか?私が作ろうか?」と声をかけても

「オレの至福の時間をとるな~~」と言うのです。

走ったあとにシャワーをして好きな音楽を聞きながらビールを飲みながら
料理を作るのは彼にとって至福の時間なのだそうです。

だったら彼からその楽しみを奪うのもどうかと思いお任せしています。
料理だけではなく、買い物→料理→後片付けとフルコースでやってくれます。
いつも夫がスーパーに行く前には「今日は中華?和食?何食べたい気分?」
とメールがきます。

あ~~~まさかここまで育ってくれるとは(涙)
そうそう、彼が料理を作り始めた元々のきっかけは、
私のひどいつわりでした。

特に息子の時は私は妊娠5週目位から一日中吐きっぱなしで
台所に入れない状態でした。娘のときはそれほどではなかったものの
やはり一日に何度も吐く生活でした。

台所に立ってもすぐにトイレに駆け込み吐くという状態で
妊娠7ヶ月になっても体重増加がほんのわずかという状態でした。

そんな中、私に1口でも何か食べさせるため、
2人目のときは息子にも食べさせなくてはいけなかったので
夫は少しずつ料理を覚えました。(私がリビングから料理法を指示)

それが今やレパートリーも増え、おもてなし料理ができるまでに
成長しました(涙)

あ、ちなみにうちの夫は次男です。
小さい頃から何でも自分でしていたようです。

一方、義兄は何もせず、お風呂に入るときでも
兄嫁が下着から何から全部そろえておいておくそうです。

どうでもいいことを長々書いてきましたが、
私が30代半ばで再び大学に入って卒業できたのも、
今、こうして仕事が忙しいながらも英語学習が続けられるのも
夫の協力なくしては考えられないということです。

あ、何度もいいますが(笑)
子ども達が家にいたときは、晩御飯は私作ってましたよ!
朝食もお弁当も私が作ってましたよ!!!
(週末は夫が三食作ってましたが)

今の私たちの生活は実に快適で
それぞれが自分のペースで起きて、仕事をめいっぱいし、
仕事の後は趣味を楽しみ、夜は2人で酒盛り♪

夏休みは毎年一緒に海外に行き、
子ども達がたまに帰省してきたら2人で子ども達の侍従長?って位
子ども達にまとわりつく(笑)

世間からみるとちょっとかなり変な夫婦のスタイルかもしれませんが、
私たちがそれで快適なのですからそれでいいのです。

夫が無理してないか?負担になってないか?はいつも私も気にかけてますし、
もちろん、感謝の言葉も気持ちも忘れません。

私たちだって初めからこんなスタイルだったわけじゃないし、
息子を産んでから娘が生後7ヶ月になるまでは私も専業主婦だったし、
子育てで忙しかった頃は学校関係、習い事、部活関係も全部私がやってましたし、
そのときそのときの生活に合わせながらスタイルが変わってきたように思います。

今、2人でのんびり自分達のペースで好きなように暮らせるのは
これまで仕事に子育てにがんばってきたご褒美の時間なのかもしれません。
関連記事

| | 2010-02-04 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

すごいですぅ~

なんと理想的なご主人様(もといぴあのさま!)v-10
私もそのように夫を導かねば・・と思ってしまいました。
本当に、ぴあのさんの日々の心がけがすばらしいゆえの結果ですよね・・・☆

スーパーでの買い物から後片付けまでフルコースで、って
なかなかできることではありません・・。
とてもマメなご主人様・・。
うちは料理は好きですが後片付けを面倒がるので困っています。。

仕事と家事を両立にはやっぱりパートナーの協力が不可欠ですよね。
どちらも妻が完璧にこなす、なんてとても無理ですもの。。
うちの夫も最初は私の在宅ワークに???でしたが、
最近は理解&応援してくれるようになり、
ずいぶん変わったものだなぁと思う今日この頃です。

子どもたちが独り立ちした後は、ぴあのさんご夫妻のように
2人で酒盛り、したいなあ~v-352
長文失礼しました!

| なおみん | 2010/02/04 20:20 | URL |

なおみんさん

◆なおみんさん
コメント、ありがとうございます~。この記事ついてはおそらく男性陣からはブーイング、女性からも、「そうなってくれると楽だけど、いくらなんでもそこまではさせたくないわ~~それでも妻と言えるの~~」とやはりブーイングを浴びるのではと恐れていました(笑)

うちの場合、夫がそこまでになる秘訣は
1.子ども達もめいっぱい父親の料理を褒めた(褒めさせた?!)
2.私が一時期は夕方&夜の自宅教室を5クラス持っていて夫も家事を手伝わざるをえないと思った
3.たとえ夫が洗ったお茶碗にまだ汚れが残ってても絶対に指摘せずに感謝し、私が後で隠れて洗っておいた。

なんてとこかしら?
なおみんさんのご主人もすでにかなり協力的に進化しつつあるし、お子さんも小さく翻訳の在宅ワークも忙しくなってきているのでますますこれからが期待できますよね~。ぜひぜひ「夫婦で酒盛り」目指して、うまく導いてください!!

| ぴあの | 2010/02/05 09:07 | URL | ≫ EDIT

ぴあのさん、こんばんわ。
 今日退院してきました。一昨日入院、昨日手術、そして退院とまさしく「特急」でした。ただ来週外来で、検査結果を聞くという重要なイベントも残っています。
 ブログ、拝見しました。
そうそう家族の協力があるからこそ、仕事も順調にまわっていくのですよね。今回の入院では、手術説明は娘、手術当日は娘+夫、退院は夫が担当してくれ、あらためて家族に感謝しました。日ごろは、週2回仕事で帰宅が午後8時をまわってしまうので、夫が夕食を準備してくれます。ときにはスーパーのお惣菜なんてこともありますが、帰ると食べ物があるだけでもうもうラクでいいです。最初は、おかずを作って出かけていたのですが、丼もの、汁物、鍋物などワンパターンになってしまい、夫が自らやることになりました。食に関心がある人なら、だれでも食事を作るのには関心があると思います。あとはこちらの感謝やお褒めの言葉があれば、さらに状況は良くなるかと思っています。
 試験を受けられるのも家族への感謝、仕事が続けられるのも同様ですね。いいお話ありがとうございました。

| あかつき ちか | 2010/02/05 18:27 | URL |

あかつきちかさん

◆あかつきちかさん
わ~~~すごい!超特急で入院→手術→退院されたのですね。ご退院おめでとうございます。すぐに退院できたということはそれだけ経過も順調だったということですね。来週の検査結果、いい結果であることを祈ってます!!

ちかさんのお宅でもご主人がしっかりサポートしてくれているのですね。うちだけでなく、そうやって他のご家庭でもって話しを聞くと嬉しくなってしまいます。私たちのような年代ではまだちょっと珍しいのかもしれませんが、最近はお弁当男子とか言って自分でお弁当を作る男性も増えているようだし、結局はこういうことが一番の少子化対策なのでは?と思ってしまいます。ただお金の問題だけで女性が子どもを産まないのではなく、生んだあとも安心して仕事ができる社会環境(保育園や病児保育なんかも含め)が必要なのだと思います。お嬢さんもお母様の手術説明をしっかり聞いてくれるなどしっかりされていますね。こういうお話を聞くと、ご家族がそろって暮らしていることちょっとうらやましくなります。うちの場合は子ども達が2人とも家からはなれていますので。週末も寒いようですが、暖かくしてお体ご自愛くださいね。

| ぴあの | 2010/02/06 08:47 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT