||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

石橋を叩き割る女

今、読解特急の2周目をやっています。

1駅1題  新TOEIC TEST読解特急1駅1題 新TOEIC TEST読解特急

朝日新聞出版 2009-10-07
売り上げランキング : 9891

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この本の1部では大問1つにつき設問が3つあるのですが、
1周ごとにその正解数とタイムが記録できるようになっています。

2周目の今回はとにかくスピードを意識してやるようにしています。
それには私の場合、性格改善が必要だと気づきました。

私はかつて「石橋を叩き割る女」と言われたことがあります。


石橋を叩いて叩いて叩いてようやく渡ろうと思ったときには
石橋はもう叩き割れていて渡れないという意味です(笑)

B型の娘は「母さん、石橋なんて叩かずささっと渡ればいいんだよ」と言います。
しかしA型の私は、確認して確認したいと気がすまないのです。
念には念を入れないと気がすまないというか安心できない性格なのです。

仕事の場合はそれでミスを防いだり丁寧な仕事ができるのですが
その代わり、時間が非常にかかります。

TOEICに関して言えばリスニングの場合は確認したくても
すぐに次の問題が放送されるのでこの性格はそうマイナスには作用していません。

しかし、リーディングの場合は全体の時間が75分という枠組みはあるものの
自分で気になれば「どれだけでも」確認する時間があるので
ついつい慎重に時間をかけてしまい、結果最後の数問が残ってしまう
という自体を招いています。

スピーディーに問題を解くというのはある意味、決断力を持たねばなりません。
何事を決めるにも優柔不断な私のこの性格がまさに
リーディングパートでいつも「時間が足りない」と思う原因だったのです。

以前も私のTOEICの師匠にこんなことを言われたことがあります。

「選択肢のAが答えだと思ったらBCDは読まない。Aをマークしすぐ次に行く」のだと。

私もそれが正しいやり方だと思いますが、ついつい「念のため」と
BCDの選択肢も見て、それらが違うという確信をもって初めてAにマークという
プロセスをふんでしまいがちです。

パート7にしても、まず設問のみ先読みし、次に本文を読んでいるときに
「あ、これが答えだ」と思っても、もう一度設問を読み、さらに該当箇所を読み
自分の中で「確かめて」からでないとマークしていません。

つまり、設問先読み→本文読み→もういちど設問→本文該当箇所→選択肢→マーク
というプロセスです。これを設問先読み→本文読み→答えがわかればそこでマーク
にすればあきらかにスピードが速くなります。

しかし、私は確認せずにマークして間違えることが怖いのです。
先の師匠はきっぱりと言いきりました。
「いいんです。間違えても。その問題は間違えても時間が稼げたと思えばいいんです!」

パート7対策として読解特急はとにかくスピードを意識し次のことに注意しています。

・本文読んでてわかった問題はすぐにマーク
・本文をかみしめたり味わったりせずにスピーディーに
・言い換え問題など時間をかけてもわからない問題は熟考しない
・1問1分を切ること!
・1周目のタイムより速いタイムで解くこと!

つまり、
・わかったら即マーク
・わからない問題は捨てる

あ、もちろん本文は最初から全部読みます。
私の場合、Bが正解だと思ってもついCDも読んでしまうというのは
CDを読まずともこれ!と思うだけの本当の実力がないからだとも思います。
しかし、あと1週間、ちょっと性格改善も兼ねて(笑)読解特急スピーディーに
やってみたいと思います。
関連記事

| 学習方法 | 2010-01-24 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

わたしもA型、慎重派です

速読が問われるパート7ですから、出題者の気持ちを十分くまないといけない、そうしないと出題者に不快な思いをさせて悪いと思えば、われらA型は速読に踏み切れますよね。仕事は慎重に、TOEICテストはスピーディに、でがんばってください。練習に時間をかけさえすれば、性格だって変われますよね。らjラジオ講座の講師遠山顕先生が「前向きないいかげんさ」ってかつて言っていましたが、それででいきませんか。ラストスパート、がんば~れ。

| あかつき ちか | 2010/01/24 17:26 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/25 21:24 | |

あかつきちかさん

◆あかつきちかさん
そうなんですよね~A型ってどこか生真面目で私もついつい、「そんなテクニックに走った解答の仕方は出題者に失礼」とか思ってしまいます。同じですね~。今日、先週申し込んだ週刊STとJTウィークリーが届きました。1月TOEICが終わったらこういう新聞や雑誌などを通した多読も心がけようと思っています。

「前向きないいかげんさ」いい言葉ですね~

| ぴあの | 2010/01/25 22:07 | URL | ≫ EDIT

鍵コメさん

◆鍵コメYさん
了解しました。
早速変更しましたのでご確認ください。

| ぴあの | 2010/01/25 22:08 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT