||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

成人式その後

娘の成人式のことでは温かいコメントをたくさん頂き
ありがとうございました。

当日のお昼頃、娘に
「成人、おめでとう」と電話を入れました。

娘は、「ありがとう」と言い、
「同じバイトの子が今日の15時にバイト先に振袖見せにくるから
それ見に行くんだ~」と屈託なく言いました。

なんか、私、たまらなくなりました。


ふつう、自分が成人式出ないのに同じ年で出る子の振袖姿を
見るのってなんだかちょっと辛くないですか?

娘は、

「ちょっとでも雰囲気にふれたくてさ~」

と、また明るく言います。
なんだか、私、たまらなくなって思わず、

「ごめんね」

と言ってしまいました。すると、娘は、

「いいよ」って。

え?これってやっぱり私のせいなのですか?(笑)
私ったらよせばいいのに、

「大学の友達で成人式に出ない子っていないの?」と聞きました。
「いるよ~○ちゃんと、△ちゃん、あ、□ちゃんも~
 この前、□ちゃんも出ないって聞いて思わず握手したもんっ!」

娘は本当に屈託のない声でそれだけに私、ひとりで悲劇のヒロインに・・・
だってテレビつければ成人式の映像、外に出てても振袖姿の子が歩いていて・・・
あ~~~一生で一回の晴れがましい日に主役になれる日に
せっかく娘を授かりながらその機会を私が奪ったのではないか?
そう、自分で自分を責めていました。

バイト先に同じ年の子が5人もいると聞いたので、

「じゃ、今日は皆でパーティーすれば?」と言うと、
「ダメだよ~皆、同窓会があるから」って。

私、バカですよね。
話聞けば聞くほど、落ち込んでいきました。
思わず、

「じゃ、今から電車に乗って夜の同窓会だけでも出れば?」と言うと、
「バッカじゃないの~今日は夜バイトあるし、明後日までのエッセイも
まだ途中なの」

おろかな母ですよね。
信念持ってでないことにしたはずなのに、
この場に及んでやっぱり人並みを望み右往左往するなんて。

娘はさらに、

「考えてみれば同窓会は、出てみたいな~って思ってる位でちょうどいいと思う。
実際に出るとなると、誰と一緒に行こう?とか、会の間はどのグループとしゃべろう?
とか結構面倒なんだよね~。離れている所で出たかったな~でちょうどいいの」

と言いました。
女の子の思春期は結構難しいものがあって、
娘の中学時代は部活での人間関係やクラス内での力関係(?)やらで
仲間割れがあったり、メンバーが入れ替わったりで
結構大変なこともありました。

娘は何とかその波をうまく乗り越え(それでもいろいろあったけど)
ましたが、当時はすごく中学が荒れていた時代でもあり、
過激なこともいろいろあって、それが原因で不登校になったり
心の病気になる女の子もたくさんいました。

だから中学の学年全体の同窓会となると
出てみたいけど、それなりに気も遣うのでしょう。

しっかし、自分は式に出ないのに、
わざわざ友達の振袖姿見るためにバイト先に行くなんて。
たぶん、「きれいだね~よかったね~」って言ってあげたいんだと思います。

大学受験の時も自分の桜は一向に咲かないのに、
友達が志望校に受かるたびに、それはそれは嬉しそうに、
「母さん、○ちゃん、~~大学受かったんだよ!よかった!!」
と自分のことのように喜ぶのです。

私は心が狭いから(苦笑)
自分の子がどこも受かってない段階で他の子のことそこまで祝福できなくて、
それよりも、
「そんな、人のこと祝ってる場合じゃないでしょ~あんたもがんばらないと!」
なんてお尻を叩きたい気分でした。(あぁああ私の人間性のイメージが↓↓)

ともかく、娘は私よりはよっぽど心が広く
周りの人の気持ちをとても大事にする子です。
おそらく夫に似たのでしょう(笑)

ともかく、私は11日は気持ちはどんよりで、
母親としての後悔の念にさいなまれていました。
昨日もまだそんな気持ちを引きずって仕事に行きました。

仕事のあと、ジムに行っても成人式の話が出ました。
みんなそれぞれに成人式にまつわる話があるようです。

ある人は、親に負担かけたくなくて一生懸命バイトして
50万で振袖一式買ったのに、予期せぬ妊娠で成人式がなんと臨月!
結局式には出席できなかったそうです。
ただその振袖は大学の卒業式や友だちの結婚式では着ることができ、
今、中学生の娘さんも自分の成人式にはぜひそれを着たいと行って
くれているとの話でした。

「人生いろいろですよ」と彼女は言いました。

また、ある人は、やはり今年息子さんが成人式で帰省してきたから
スーツを用意していたら、式には出ずに同窓会の2次会だけ出たのだそう。

「人それぞれですよ」と彼女は言いました。

もう、私、引きずるのはやめます。
そうそう・・娘が式に出ない理由の1つとして
翌日の授業を休めないからというのもあったのですが、
その授業どうも休講になったらしいです。

だったら・・・とまた私のごちゃごちゃした思いが再浮上しそうでしたが
ま、それはもう関係ないですよね。

これにて私の娘の成人式にまつわる話はおしまいにします。
本当にこのぐちゃぐちゃした性格何とかならないものでしょうか(笑)
一度決めたことを何度も振り返ったり検証したりするこの性格、
もっと、凛とまっすぐと生きたいものです。

この話に長々つき合わせてしまってごめんなさい。


関連記事

| 娘のカレッジライフ | 2010-01-13 | comments:6 | TOP↑

COMMENT

成人式に出席しないというお嬢さんの決断、とても立派だと思います。今の自分にとって重要なのは何かというのをしっかり見極められ、きっとこれからもどんどん素敵な女性になっていかれると思います。

ちょっと話は変わりますが、私は次女で初節句の時には姉のひな人形が既にありました。母は私の初節句のために、日本人形一つでもいいから買いたかったようですが叶わず、それからずーっと「初節句に何もしてやれなかった」という事を気にかけていました。この数年も「いつかあいにお雛様を買ってあげるね」と言われていたのですが、今さら買ってもらっても、うちは男の子ばかりですし、気持ちはうれしいですが正直困ります(笑)。母もそれはわかっているけれど、私に初節句の償い?をしたかったようで、結局昨年から通い始めた私の翻訳スクールの受講料を援助してくれました。母は“今の私が必要としていること”で初節句の代わりができてとても満足したと言ってます。

と長々と書いてしまいすみません。お嬢さんご自身の決断でも、きっとぴあのさんは「振袖を着せてあげなかった」とご自分を責めてらっしゃるのでは?と思ったので…。もしそうなら、振袖にこだわらなくても、これから先お嬢さんが助けを必要とされた時、その時に必要な物を振袖の代わりとして援助して差し上げたら、ぴあのさんのお気持ちが晴れるのかな?と思いました。見当はずれならごめんなさい。

人の価値観は本当にそれぞれです。見た目がきれいな振袖や同窓会に惑わされず、留学という目標のために一途に進むお嬢さん、本当に尊敬します。

| あい | 2010/01/13 11:24 | URL |

ぴあのさんへ

親御さんとしてのお気持ち、本当によく解ります。手に取るように。。。私も、きっと同じだと思います。どんどん、子供のその話題に食い込んでいって、「あーしたら? こーしたら!?」と、お節介のように予定の提案をする。。。(笑)夏休みの次男にも、つい数ヶ月前、やってしまいました^^; 最後には白い目で見られました(笑)。

もしや、ぴあのさんもそうかと思うのですが(私と一緒にしてしまってごめんなさい)、自分と大事な人との境界線が、私、薄いんだそうです(スピリチュアルなカウンセラーさんによると←怪)。だから、本人以上に精神的負担を背負い込んでしまう。でも、当のご本人は親に比べてひょうひょうとしていたりする。。。
その、カウンセラーさんに言われました。「子供の人生の宿題を一緒にやらないこと! 子供のお弁当を食べないこと! 子供なりに一生懸命立ち向かっているんだから、とにかく邪魔しないこと。親だから、その気持ちは100%当然の事だけど、とにかく子供との線をきっちり引くことを覚えなさい」と言われました^^;。
 
お嬢さんは、若い頃から外国に連れて行って下さったり、働きながら心を注いで下さったぴあのさんというお母様に、心から感謝されていると思います。

生意気で、怪しいコメントご容赦下さいね。
寒い一日、ご自愛くださいね!e-75 

| Lucy | 2010/01/13 11:43 | URL | ≫ EDIT

 思わず贈り物の中身を考えてしまいました。成人式をステレオタイプでお祝いするのもありだし、別の形で祝うのもありだと思います。お嬢さんが気にしていないのなら、きっとそれでいいんですよ。大丈夫です。思いは形になっていますよ。
 私事になりますが、8日が誕生日でした。去年はなにか娘からもらえたのに、いっこうにプレゼントが出て来る気配なし、思わずプレゼントはと言ってしまいました。逆に娘からせがまれることがあるので、いいかです。すると、私の2月の入院時にはバイトを入れてないから、そのぶん見舞ってくれるらしいのです。そういう形の贈り物もあるんだなぁって思いました。
 ひとまわり大きくなった娘さんをぴあのさんは目の当たりにして幸せですね。いいなぁって思いましたよ。
 どうぞ気にしないで、日々をお過ごしくださいね。

| あかつき ちか | 2010/01/13 21:32 | URL |

◆あいさん
ありがとうございました!はい、あいさんのご想像どおり、「振袖を着せてあげなかった」と思いっきり自分を責めていました。コメントの一言一言が胸に響きました。

あいさんとお母様の素敵なお話、聞かせてくれてありがとうございます。お母様のお気持ちすごくよくわかります。で、あいさんの立場に立ってみれば、確かに今さら買ってもらってもという気持ちもわかります。案外親が(いつまでも)思ってるほど子供のほうは気にしてないもんだということもわかりました。その上で、お2人がすごくいい形で雛人形に変わるものをシェアできたこと本当によかったと思います。

そうですよね!私もこれから娘が何かを必要とし、それが私から見ても応援したいときに援助してやりたいと思います。先日のお義父さんとお義母さんのやりとりといい、今回のお母さんのお話といい、本当にいいタイミングで聞かせて頂き感謝しています。

| ぴあの | 2010/01/14 11:51 | URL | ≫ EDIT

◆Lucyさん
あ~またLucyさんに素晴らしいご教示頂きました。コメント、生意気でも怪しくもありません(笑)嬉しいです!!

Lucyさんのご推察どおり、私も「自分と大事な人との境界線が薄い」と思います。こういうことを指摘されたのは初めてですが、そのカウンセラーさんが言った言葉1つ1つ私にあてはまります。

以前、このブログに「子供を愛しすぎてはいけない」という本の感想を書いたことがあるのですが(08年9月7日の記事)、私は本当に境界なく子供の人生にも入りこんでしまっていました。今はこれでも随分と子離れできた(?)ような気がしていますが、それでもまだまだです。

カウンセラーさんの言葉の中でも特に「 子供なりに一生懸命立ち向かっているんだから、とにかく邪魔しないこと。」これ、肝に銘じたいと思います。

私のめげめげな時にいいアドバイス、感謝します!!

| ぴあの | 2010/01/14 12:05 | URL | ≫ EDIT

◆あかつきちかさん
遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます。娘さんの心遣い、嬉しいですね!そうですよね~物じゃないですよね心ですよね!

お嬢さんがバイトも入れずにお母さんであるちかさんの力になりたいと思っているなんて、感動しますよね。子供ってありがたいですね。親の知らないところで親のこと考えてくれてるんですね。家族っていいですね!

2月にご入院されるんですか。どうぞお大事になさってください。

| ぴあの | 2010/01/14 12:08 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT