||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

デルボと心中?!

相変わらず「語彙&文法」固めの日々です。
まず語彙についてですが、
やっぱりデルボに始まりデルボに終わるというのが私の中の結論です。
今の私のレベルでは他の語彙本に浮気せずこれ1本でいきます!

新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990
新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990神崎 正哉

講談社 2009-04-10
売り上げランキング : 2745


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



語彙を強化ということで、他の本をとも思いましたが
やはりこの本はやればやるほどさらによさがわかるようになってきたので、
自分の中で、

この本に出てない語彙は今の私には必要なし。
この本に出ている語彙を完璧に覚えよう!


と、まるでデルボと心中の勢いです(笑)
使い方ですが、


やはりディクテーション中心です。
現在ディクテーションは2周目の600番です。

ディクテーションからいろいろなことが見えてきます。
リスニングの勉強にももちろんなりますが、
文法やイディオム語彙の確認にもなります。

聞き取れない部分、たとえば冠詞がaなのかtheなのかは
文脈で考えるようになったし、前置詞がinなのかofなのかは
そのイディオムを知っていれば難なくできます。

また、ふと疑問に思ったことを1周目に書き留めておいたことが
2周目で解決するということもあります。

たとえば、1周目の時に、600番の

I've saved a modest amouunt of money.

という文があります。
1周目のとき、a に○をつけ、「どうしてaがつくの?」と
自分で疑問を書いておきました。

昨日、2周目をやっていてその疑問を調べようと思い、
辞書で調べました。

すると、

a + 形容詞 + amount of - という形があることがわかりました。
a huge amount of
an excessive amount of
というような感じです。

また、590番のcareerをまたしてもKoreaと聞き間違えたので
欄外に、そのことを書いておきました。

公式問題集に出てきた語彙やイディオムはそのことも書き込んでいるし
私にとってデルボはいろいろな情報が集約できている1冊になっています。

2周目のディクテーションと並行して、
音読も始めました。

ディクテーションは1日に20ぐらいのペースですが、
音読は1番に戻り、1日50ぐらいのペースでやっています。
そしてページの上方のグレーの所に音読回数を正の字で書いています。

昨日音読していて、122番の

He's an assistant to Ms. Owen.

という文に来た時、何で~のアシスタントならofじゃないの?と疑問に思いました。
で、調べてみると、~のアシスタントというのは 「assistant to 人」
という風にofではなくtoを使うのだとわかりました。

というように、デルボをやりつつ、ディクテーションや音読を通し、
語彙、リスニング、文法などが学習できています。

少しずつ英語がわかってくるといろいろな疑問がわいてきます。
なんでこの単語にsがついてるの?とか、なんでここはinなの?とか、
この単語って数えられる名詞なの?などなど。

そんな疑問が生じた時の味方は、FORESTと辞書です。

総合英語Forest 6th edition総合英語Forest 6th edition
石黒 昭博

桐原書店 2009-12-04
売り上げランキング : 360

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


疑問が生じたときにすぐその場で調べることもありますが、
だいたいの場合はしばらくねかせておきます。

そうしておくと頭の片隅にいつもその疑問が残っているので
何か別の勉強をしてるときに、あっ!と思うことがあるからです。
どうしても気づきがなければ、2周目、3周目に入ったときに
調べて解決というパターンになります。そのときに活躍するのが
FORESTと辞書なのです。

今の私にとってのバイブル3点セットは、
デルボ/FOREST/公式問題集の3つです。

さて、文法学習についても少し書いておきます。
文法というかパート5対策として、
公式問題集1のテスト1からパート5のみを順番に取り出してやっています。

やり方は、

1.時間を測ってパート5の40問を通してやる
2.答え合わせ
3.間違えた問題とチェックのついた問題をやる
4.それ以外の問題(正解問題)は解説を見て確認
5.要チェック語彙はデルボで確認(デルボにないときは後ろの索引のところに記入)
6.最後に40問を音読


とシンプルです。
1の問題をやるとき、自信のない問題は番号のところにちょっと印をつけておきます。
2で答え合わせした後、まずは×の問題、次に正解だったが1で印をつけた問題をします。
このとき、必要に応じてノートに問題を書き、文構造と訳を自分なりにやってみて
それから解説を読みます。

最後の仕上げに101から140までの40問を声に出して読みます。
だいたいこんな感じで1つのテストが終わるのに3日ほどかかります。
今は公式問題集2のテスト1が終わったところです。

だいたい正解率は80%前後です。
時間は16分から20分ぐらいです。
もう何度かやってる問題集なのですからもっと速く正確にできないと
リーディング400は見えてきませんよね。

1月TOEICまでこんな感じで語彙、文法を固めようと思います。
読解対策をどうするかが今一番の課題です。

ふ~いつも記事が長くなってしまいすみません。
関連記事

| 教材 | 2010-01-06 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/01/07 20:57 | |

◆鍵コメHさん
あけましておめでとうございます。こちらからご挨拶に伺うべきところ、コメントを頂き、大変恐縮です。昨年中はお世話になり本当にありがとうございました。私の方こそHさんはじめ、ブログを通して交流させて頂いている皆さんから刺激やパワーを頂き感謝しています。

去年TOEICを5回受けたことで長年の目標だった800点をクリアすることができましたがまだまだ実力的には未熟だと思っています。特に語彙&文法といった英語の基礎力がまだまだ不足していると思います。今年も地道に努力しその基礎を固めていきたいと思っています。今年もどうぞよろしくお願いします。

| ぴあの | 2010/01/07 21:54 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT