||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

行く年、来る年

娘の受験モード一色になりつつある我家ですが、
一方で私の仕事も忙しい時期を迎えています。

A、B両大学とも学期末を向かえていまるので
それぞれ後期試験があり、
その結果を元に出席率や平常点などから
学生一人ひとりの成績を出さなければなりません。

B大学の方ではすでにその作業が終了しているのですが
A大学の方では来週2つの試験(筆記試験とスピーキングテスト)を
実施し、採点、評価をしなければなりません。

このスピーキングテストというのは
こちらが提示した4つのテーマのうち事前にそれぞれが1つ
自分のテーマを選び準備をしておき、
当日、教師の質問に答えるというものです。
だいたい1人7,8分の時間です。

それらをすべて録音をとり、
テーマに対する内容や発音、語彙、文法などの面から
評価を出します。

筆記試験、スピーキング試験、出席率、
宿題の提出や小テストそれに授業への参加度(貢献度)などから
成績を出すのですが、その結果によって
来期進級できるのか留年となるかが決まるので
この作業は慎重に慎重を期します。

これら全作業が終わった頃に
担当スタッフ全員による今学期の反省会があります。
もちろん事前に担当クラスについての報告書を提出しなければなりません。
各講師から提出された報告書を元に、
担当外の講師や教授陣から授業内容などについて
いろいろな質問がされ、それに答えなければなりません。

昨日は、すでに試験が終了し成績出しも終わっているB大学の方で
この全体反省会が執り行われました。
これにてB大学での今年度の仕事は終了です。

ほ~終わった!!
これで楽ができる~
4月に新学期が始まるまではロングホリデーだ~♪

なんて思ったらとんでもありません(笑)
昨日は反省会が終わった直後から来学期(新年度)の説明と
簡単な打ち合わせが待っていました。

先日来ブログに書いているのように
私は来期からこのB大学では4つの曜日で7講座を担当することになりました。
そのスケジュールと私の担当科目が昨日発表になりました。

ドキドキ。。。

覚悟はしていましたが、週に4日というのはかなりきついです。
1日3コマ連続という曜日もあります。
また、2時間目と4時間目という風に時間がとんで組まれている日もあります。

この大学に週に4日来て
もう1つのA大学にも週に1回来ますから
あたりまえのことですが、月から金まで毎日大学に出講することになります。

1時間目担当の場合は朝は8時に家を出なければなりません。
授業というのは担当の時間だけ仕事をすれば終わりではありません。
その前後の準備や宿題等のチェックなど授業の何倍もの時間を
それら作業にあてなければ授業はできません。

新しく印刷されたばかりの学年暦と担当時間割表一覧を目にし、
例年以上に私の名前が書かれた欄の多さに
なんだか身が引き締まる思いでした。

で、私の担当講座(教科)を見てみると、

んぎゃぁ!!!と

思わず叫びそうになりました。

もちろんそれだけのコマ数を担当するのですから
これまで自分があまり経験したことのない教科が入ってくることは
覚悟していましたが・・・

いつもやりなれた教科の名前の後、なんと

会話・聴解クラス

に私の名前がありました。。。。
しかも一番上のレベルのクラスです。。

ひょえ~~~何をやればいいんだ~
教材は何を使えばいいんだ~~~

会議が終わった後、早速これまでそのクラスを担当したことのある先生を
次々につかまえて、これまでの授業概要や教材を教えて頂きました。

そして、資料室に行き、先生方に教えてもらったことを元に
これから使う可能性のある教材類一式をピックアップし
とりあえず借りてきました。

聴解教材一式


聴解ということでまず思い当たるのは
能力試験関係の教材です。

しかし、私はこういういわゆる対策本関係だけの授業はあまり好きではありません。
聴解と会話をミックスしたような本はないか?
聴解からそれを広げ会話活動につなげるようなものはないか?と。

持ち帰った教材は10冊あまり。
これらをこれから約1ヶ月で教材研究し、
春からの自分の授業でどの教材をどう使うかを検討し
シラバスや進度表を作成しなければなりません。

また、留学生達はプレスメントテストによってクラス分けされるので
私の担当するクラスの学生達のレベルがどれ位の層になるかは
ふたをあけてみないとわかりません。

しかし授業はそのプレスメントテストからほんの数日後からスタートします。
ですので、こちら側としてはあらかじめいくつかのレベルを想定し
どのレベルになってもいいように準備しておく必要があります。

A大学では来週から試験が始まり学期末の繁忙期を迎えます。
それをしつつ並行してB大学の来期の準備をスタートさせないと
とても来期には間に合いません。

もちろんA大学の全仕事が終わればこちらの大学の方も
来期に向けての準備をしなければなりません。

ひゃあ~~~大変~~~~

とかいいながらどこか張り切ってる自分もいます。
新しい教材を前にすると、
新鮮でわくわくした気分を感じます。

自分の世界が又少し広がるのかな?
教師としての幅も少しは広がるかな?

という期待もあります。

娘の方は月曜日に最後の私大の受験をすませ、
それからはいよいよ最終ラウンドの国公立大の2次試験に向けて勉強です。
といっても、どこかのんびりムードで危機感がないんだよね~。
で、来週からはこれまで受けてきた私大の発表も始まります。

こんな時はきっと
私、忙しくしてるほうがきっといいよね~
何もすることなくてただじ~っと合格発表待ってるなんて
考えただけでもどうにかなりそうだもの。
することがあってよかった!
仕事があってよかった!

そうそう、自宅教室の中学生も高校生も学年末を控えてるんだった~
それらの対策も考えなきゃ!!

ホント、することいっぱいだわ。
ブログ書いてる場合じゃないか?(爆)
関連記事

| 日本語講師 | 2008-02-02 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

ぴあのさん、これからますます忙しくなって大変そうですが、

>ひゃあ~~~大変~~~~

これはうれしい悲鳴ですよねv-410

娘さんの受験や合格発表などを控えて、気分的には少し落ち着かない時期だと思いますが、ぴあのさんも書かれているとおり、きっと忙しくしている方が良いと私も思います。

新学期、ぴあのさんも娘さんも好スタートを切れるよう、陰ながら応援しています。

| Juliet | 2008/02/02 11:39 | URL |

Julietさん

いつもありがとうございます。「嬉しい悲鳴」うんうん、そうかもしれませんね。でも、ホントやることがありすぎで頭の中が混乱してます!今日は夜の高校生クラスのレッスンだけなのですが、これから娘のお弁当を作り私大入試会場までの送迎。明日はA大での今期最後の授業、明後日はA大筆記試験及び採点、木曜はスピーキングテストと評価だし・・・などなど今週は仕事の追い込み週です。

しかし、確かにこうして仕事に追われてる方が娘の受験関係のことも忘れていられるし、大いに助かっています。また娘が巣立った後もやはり私が忙しくしていれば寂しさを感じてる暇もないかもしれません。にしてもスケジュールでぎっしりうまった4月以降の手帳を見ると、「やれるのか私?」って少々不安にもなってるんですよ~。

| ぴあの | 2008/02/04 07:29 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT