||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

半人前

10月の帰省以来約2ヶ月ぶりに息子から電話がありました。
大学生の時はしょっちゅう電話やらメールがあったのに
社会人になった途端、めっきり連絡が途絶えてしまいました。

考えてみると、大学時代の連絡のほとんどは、

「悪いけど、来月分の仕送り前倒しで1万円送って~」
「こんなこと頼むの悪いけど、足、骨折してこの前から病院通いで・・・
 5,000円送ってくれると助かるんだけど・・・」
「就活で連日会社訪問で交通費がかかって・・」

などなど、その連絡の90%はお金がらみでした(笑)
社会人になってさすがにお金がらみがなくなったので
おのずと連絡も途切れたのでしょう。

で、その息子、年末に帰省するのかと思えば、


「会社は26日から休みなんだけどさ~、
 彼女と初詣に行きたいから1日の午後ぐらいに帰省して、
 3日にはこっちに戻るよ。4日から会社だし~」

とのことでございました。
ってことは、年末年始で2泊3日ってことですね。。

ま、いいんですけど~
これまでとっかえひっかえだった彼女なのに、
今回は珍しく1年近く続いているので、
その彼女と初詣にも行きたいんでしょう。

実は、先日、朝方の夢に息子が出てきて、

「母さんは怒ると思うけど、オレ会社辞めたんだ・・・」

というのです。
その夢を見て以来ずっと気になっていたので、

「会社はどう?少しは慣れたの?まさか辞めてないよね?
 ボーナスは出たの?」

と聞いてみると、

「う~ん、慣れたかどうかって聞かれるとなんともまだ言えないな~
会社は辞めてないよ。ってか、今みたいに半人前のままで辞めてられるかっ!
ボーナス?へへへ、手取りでも50万近くもらったよ~~~」

とのことでした。
あ~ありがたや、息子みたいなものに50万近くもボーナスを出してくれるなんて。
もっとも今の不況で来年からのボーナスはダウンするようですが。

何より、4月に入ったばかりで仕事ものろく、
オレこの仕事向いてないのかな?なんてこの前こぼしていた息子が、

「今のままの半人前で辞めてられるかっ!」

と根性が感じられる発言が聞けたことでちょっと安心しました。
ホント、親なんて子供がいくつになっても心配はつきません。
私もきっとそうやって親に(今でも)心配かけ通してきたのでしょうけど。

息子は妹の留学のことも心から喜んで(&羨ましがって)いるようで、

「希望大学どこにしたの?オレの会社で企業派遣で留学した人が
シアトルはいいよ~って言ってたからワシントンがいいんじゃない?」

なんてことも言ってました。
息子は、妹の留学が決まったこと直接は知らされていなくて、
私のmixiの日記で留学決定を知り、すぐに妹にお祝いの電話をかけたとき、
最初の1分ぐらいはずっと、

「おまえ、マジか?マジか?マジで決まったんか?マジか~?マジ?」

と言い続け、娘が、

「Kちゃん(←兄ちゃん)さっきからマジかしか言ってないよ~」

と言うと今度は、

「すんげ~な。すんげ~な。おまえマジすんげ~な」

を2分ほど言い続けて電話を切ったそうで(笑)

娘曰く、

「母さん、Kちゃんったら電話かけてきて、
マジか?とすんげ~なを3分ほど言い続けて電話切った~」とのことでした(笑)

今日の私への電話でも、「あいつ、マジよかったな~ってかスゲ~な~」と
やっぱり言い続けていました(笑)

羨ましくてしかたないみたいです。。
だったら自分もがんばって企業派遣目指せばいいのに。

ともかくわずか2,3日ですが、
お正月は1年ぶりに4人そろって家族で食卓が囲めそうです。
昔はいつでも4人一緒が当たり前だったのが、
今や揃ってご飯食べるのが1年にほんの数日になってしまいました。

それでも、息子は一応今年の10月に迎えた私たちの銀婚式のお祝いのことを気にしてるのか、

「1月2日の夜にでも一緒にメシ食いに行こ~」と言っていました。

彼女との初詣があるからと言って帰省が遅れるものの
一応、頭の片隅には親のこともあるようで、
嬉しい限りです。

というより何よりも2ヶ月ぶりに聞いた声が元気そうで、
仕事も何とか続けている様子がわかり安心しました。
おそらく彼女の存在にもいろいろ助けられているのでしょうね。
親としても感謝しないと~ですね。

関連記事

| 息子 | 2009-12-15 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT