||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

季節労働者(笑)

ぴあのさんってよくそんな忙しい仕事がんばれるね?

なんて、友人によく言われますが、実は私は「季節労働者」でして~
年間たぶん7ヶ月ぐらいしか働いていないんじゃないかな?と思います。

私の1年間のスケジュールは、



A大学が、前期が4月10日頃~7月、後期が10月中旬から2月中旬
夏休みが2ヵ月半、冬休みが2週間、春休が2ヶ月あります。
つまり長期休暇は全部で5ヶ月です!

B大学が、前期が4月~8月上旬、後期が9月~12月
夏休みが3週間、冬&春休が3ヵ月半あります。

ね?やっぱり年間7~8ヶ月働き、あとはお休みという感じですよね。
では、なぜ私がこうして大学は2つ(時には3つ)掛け持ちし、
さらには自宅教室もやっているかといういと、それは、ズバリ!

「リスク分散」です。

非常勤講師というのは、契約が一年単位です。
翌年も同じように採用されるという保証は全くありません。

必ずしも自分の落ち度などが原因ではなく、
そのときの社会情勢や大学の経営状態も私たちの雇用に大きく関係します。

たとえば、国立大学の場合は、
独立法人化になったとき、大幅な人件費のカットがありました。
うちの大学だけでも億単位のカットでした。

そうなると非常勤講師が切られるか、時給が下がるかのどちらかでは?
と同じ講師仲間で戦々恐々としていたものです。
(幸い同じ条件での採用が継続されました)

私大の場合は大学側の経営状態や留学生の受入数、
または、受け入れが決まっても入管によるビザ審査などにも
大きく影響を受けます。

数年前、4月からの講座数が決まっていたものの、
その年の入管の審査が厳しく、
入学予定の学生達の3分の1の来日が半年遅れることになり
私の講座も前期分がキャンセルになったこともあります。

ですので、いくらがんばっていい授業をしたとしても、
自分の力の及ばないところでいつ仕事がなくなるかわかりません。

留学生30万人計画も、例の仕分けによって大幅な予算削減に
なりましたので、今後の留学生数の状況によっては
またまた私たちは厳しい環境にさらされるかもしれません。

非常勤講師の給料は時給(1コマいくら)で支払われるため、
もちろん授業のない月は無給になります。。

その点、2つの大学を掛け持ちにしていると、
微妙に休みの時期がずれるので、多少は助かります。
それでも、8月と3月は私の収入はゼロになります。

それを埋めるのが自宅教室です。
特に子ども達の教育費がかかった時期は、
毎月きちんと入る現金収入であるお月謝に随分と助けられました。

夫は普通のサラリーマンですので、
いくら本人ががんばっても収入が急に増えるというものではありません。
子供が大学へ行く時、

・県外の大学はダメよ
・私大はダメよ
・浪人はダメよ

などという制限をできればしたくなく、
2人の子供には何の制限もない中で進学して欲しいと思っていました。
そのためにも私ががんばって働かねば!!と思ってきました。

夫が家事をサポートしてくれるのは、
日中も夜も(自宅教室)で働く私を見てのことだと思いますし
実際夫の助けがなければ仕事を続けることはできなかったと思います。

あれ?私、何を熱く語ってるのでしょうね?(笑)
ともかく、あと10日ほどがんばれば、
私の今年度のB大学での仕事が終わります!

もちろん休みに入っても成績を出したり、会議に出たり、
翌年度の準備をしたりなど仕事はありますが、
それでも授業がないというのはすごい解放感です。

1月から2月前半までは仕事は週1回のA大学のみになります(&週1自宅教室)。
2月中旬から2ヶ月は自宅教室のみです♪
なんなら1ヶ月旅行だってできます!!

忙しい時は忙しいけど、走りきったあとにはロングバケーション!
こういうメリハリのきいた生活、気に入ってます!
季節労働者も悪くないでしょ?(笑)



関連記事

| 日本語講師 | 2009-12-11 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

NO TITLE

お時間ができましたら、過去問 調べてみて下さい。
英検準1級のメールの問題は、英検2級の2次試験の問題に似ている。
リスニングの問題は、2級と同じように、「パーティーにさそわれてもことわる。
図書館では、本が借りられない。本屋からは電話がこない。」とトラブルつづき。
長文の問題は、直接でるわけではないが、VOA spの「女性の社会進出関係の話題。
農業の話題。NGOの話題。教育の話題」が似ている気がします。気のせいでしょうか?

| 電個 | 2009/12/13 00:06 | URL |

電個 さん

10月ごろ英検準1級の問題をダウンロードして、最新版をちょこっとやってみたことがあるのですが、印象としては、「ぐぅぅぅ歯が立たない。。。」でした(苦笑)せめてリスニングはと挑んでみたものの、どのパートだったか(パート2??)がやけに難しく、TOEICとはまた全然違うんだということを思い知らされました。最近、ブロガーの方でもTOEICから英検にシフトされる方や両方を受けられる方が多いようですが、私も1月TOEICが終わったら英検を意識した学習に切り替えようかどうか今検討中です。

なるほど、そのような傾向があるのですね。長文問題はやはりTOEICのようにビジネス特化とは違い、どちらかというと大学受験に近いトピックですね。リスニングではトラブル続きが多いのですか~勉強になりました。英検目指すことになったらまずはそのあたりの分析?をかねて過去問に取り組みたいと思います。いつも情報提供ありがとうございます。

| ぴあの | 2009/12/13 09:50 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT