||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

35%からの挑戦

娘の受験が佳境を迎えています。
この4日間のうち3日間が私大受験でした。
すでに国公立大学の出願も始まっています。
締め切りは来週の水曜日です。

これまで娘はずっと
ある国立大学のある学部(A学部)を目指してきました。
その学部では娘がやりたいと思っていることが
すべてできます。

センター試験では持っている力をすべて出した娘です。
でも、今年は平均点があがっていることもあり
センターリサーチ(自己採点の結果を3つの予備校に出して
判定をもらう)の結果はあまりいいものではありませんでした。

実はセンターで点数がとれなかったときのために
同じ大学の別学部(B学部)も視野に入れていました。
しかし、そちらの方もボーダーがかなりあがっています。

リサーチの結果とは別に去年の合格者の最低点もチェックしてみました。
国立大学はセンター試験の合計点数と
各大学で実施する2次試験の点数の合計点で合否が決まります。

なので、去年の合格者の最低点から
娘のセンターの自己採点の点数をひくと
2次試験でどれだけ点数をとればいいかの目安がわかります。

それでいくと、別学部の方があきらかに可能性があります。
う~ん。

と、親も悩みますが、決断するのは本人である娘です。
ここにきて夫も心配度が募ってきて、
「別学部の方が安全だよ。我々で(娘の気持を)誘導するか?」
な~んて、およそいつもの夫らしくないことを言います。

「何言ってんのよ!ここは娘の判断だよ!娘の人生だよ!!」

と、私の方が珍しく冷静に夫を諭しました。
「そうだよな~。見境のないこと言ってごめん」

私、最近思います。

夫と結婚してすでに23年。
そりゃ~倦怠期もありました。
いつも一緒にいたい!なんて時期はとっくに過ぎました。

でもね、

息子や娘を私と同じくらいの量で愛してるのは
この世で夫しかいない

と。

そりゃ~両方の祖父母も孫である娘のこと愛してくれています。
特に私の実家は孫の中でも女の子はうちの娘しかいないので
そりゃ、「目に入れても痛くない」状態でメロメロです。

でも、やっぱりその愛の量や質や深さは私たちとは違います。
息子や娘の受験や節目節目に夫とはいろんな話をしてきました。
価値観が同じというか同じ方向性を持っているという
夫婦関係でよかったとまずは思います。

そして何より
私と同じだけのいや、それ以上の深さで
子どものこと愛しているのを感じます。

だから今の私たちは「同士」って感じです。
なんだかうまく書けなくてもどかしいのですが。。

娘は昨日学校の帰り、すっきりした声で電話をかけてきました。

「やっぱりA学部で行くよ!!
もしかしてこれって高校受験のときの二の舞になるかな?とも思うけど
でもやっぱり受かった時に心から喜べる所を受けたいもん。
もう迷わないよ」

って。

高校受験で小さい頃からの希望校にトライしたものの
残念な結果で終わってしまったこと
やっぱり娘の中には残っているのでしょう。

でも、それでもあえて逃げることなく挑戦しようとしている娘の決断
私たちはもう心の底から拍手をおくります。

今回の挑戦、リサーチの結果ではC判定。
合格の可能性は35%と出ています。
でも、35%ということは可能性があるということですよね。

これから2次試験の2月25日までは
ひたすら英語、英語、英語です。
何しろ2次試験の科目は英語1教科なのですから。

合格ラインまでは21点マイナスです。

「これまで英語から逃げてきたからこれは私に与えられた試練だよ。
今度は逃げることなく向き合うよ」

って。
21点マイナスを背負っての挑戦です。
うぅぅぅ偉いな~(いつもながらの親バカですみません。。)

「おし、行け~」
「その決意に乾杯しよう!」
「今日は飲むぞ~」

と、昨夜は3人で宴会状態でした(笑)
娘も、あれ~勉強は?状態でしたが
宴会に最後までつきあい大いに盛り上がりました。

35%からの挑戦ではあるけど
悲壮感は全くなく
娘は相変わらずの天真爛漫ぶりを発揮し、
我々夫婦も毎日一緒に杯をかわしてはのんだくれ(笑)
笑いがたえません。

さ~今日はいよいよ出願にそなえ
受験料を払い込んでくることにしましょう。

あ~受験料だけですでに私大に14万。
国公立の分は51,000円。
ひょえ~~~受験料だけで約20万だよ~

やっぱりあのオファー、引き受けてよかったぁ(笑)
さ、私はしっかり仕事しなくちゃ!!
関連記事

| 娘の大学受験 | 2008-02-01 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

国立二次の英語

最近仕事で思うのですが、受験の英語って日本語力(国語力)が大切ですよね。
和訳、要約はもちろんのこと、英作文でも、自分で表現できる日本語にしてから書いていく・・みたいな。
私、実は苦手です(笑)。まだ英語文を英語で要約するほうがマシかも。
日本語のプロであるお母さん、娘さんの日本語指導してあげてください!

| Toledogirl | 2008/02/01 18:10 | URL |

そうですよね。
私も特に中学生のクラスを指導していて、国語力(日本語力)の低い子は中3になって長文読解などになった時にはもう伸びないだろうなあということはよく感じます。「英語」というのは「英語(母語)話者」にとっての「国語」ですものね。英語というか言語はやはり母語力に比例すると思います。翻ってうちの娘はと言うと、小さい頃はそこそこ本を読んでいたものの最近は活字離れもはなはだしく漫画か携帯小説的なものしか呼んでいないので国語力はかなり怪しいです。親子間での指導には難しいものもありますが請われれば労をいとわないつもりです。

| ぴあの | 2008/02/01 21:18 | URL | ≫ EDIT

すごい!!!えらい!!!娘さん!!!!!ビハインドがあろうが、立ち向かっていく勇気はただならぬものではないでしょうか。自分の目標にまっしぐらというお姿には、“喝”を頂きました。

おっしゃるように、読解って読む力が必須ですもんね。英語だろうが日本語だろうが、結局は文をかみ砕くのは“読む力”ですもんね、、。私もへこたれてはいられませんね!!!(笑)

どうか、努力が成果、結果となってかえってきますように!!!!!

| Rosily | 2008/02/02 10:45 | URL |

ありがとうっ!

Rosilyさん、!マークいっぱいの力強いメッセージをありがとうです!
今日は私大の最後の入試、そして今週末には1発目の発表があります!!センターまでは英数国理社(2つ)と全教科やってきたけど、センター以後は私大にあわせ英国世界史の3教科のみ。そして今日の私大が終われば、国立2次の英語のみに絞れます。どんどんしなくてもいい教科が増えていくのが嬉しいみたいです(笑)といっても、その娘、「努力家」でならしてきた私(←って自分で言う?ワラ)とは違い、ほ~んとの~んびりした子で決意だけは堅いものの、昨日も最後の私大前日だというのに、試験が終わったら行きたい旅先のガイドブックやパンフなぞ熱心に見ておりました(*^^*)

「読む力」は語学だけじゃなく何にでも通じますよね。うちに来てる中学生の子の他の教科の点数がふるわないので話を聞いてみると、やっぱり数学の記述問題の問題自体の意味をしっかりとれてなくてできなかったり、社会の記述問題で答えを書くその日本語がおかしかったりしています。昔は「読み書きそろばん」と言ったけど、やっぱりそのあたりに教育の原点があるんだなあと思っています。

| ぴあの | 2008/02/04 07:26 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT