||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

思って、思って、思い続けること

さくら会のAさんに貸してもらい、
稲盛和夫氏の「生き方」を読みました。

生き方―人間として一番大切なこと生き方―人間として一番大切なこと

サンマーク出版 2004-07
売り上げランキング : 913
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あまりに有名な本なので読まれた方も多いと思いますが、
印象に残った言葉を紹介したいと思います。

どんな遠い夢も、思わないかぎりかなわいないし、
そうありたいと強く心が求めたものだけを私たちは手に入れることができる。
そのためには潜在意識にしみ込むまで、思って、思って、思い続ける - 
夢を語ることは、その行為の一つであり、実際に私たちはそうすることによって、
その大きすぎるほどの夢をほぼ現実のものとしました。


「思って思って思い続ける」
この「強く思う力」が夢をかなえたり、
目標を達成することの原動力なのだと改めて感じました。

日本語教師になってからの私は紆余曲折ありましたが、
最終的には大学という現場で留学生の日本語指導をしたいと
ずっと願っていました。そのためには現場第一に徹し、
教授法を磨き、教材を研究し、自分でも開発し、
ついについに17年かかって今の職を得ました。

当時、小林幸子が「苦節○年~」とよく言っていましたが、
私の場合もまさに「苦節17年」でした。

そして今回のTOEIC、7年かけて800点突破となりました。
これも、ずっとずっと、「800点とりたい」「どうしてもとりたい」と
強く思い続けてきたことが目標突破につながったのだと思います。

私はよく「神が手を差し伸べたくなるまでがんばれ」と
社員に檄を飛ばしたものです。真正面から困難に立ち向かい、
自分を限界に追い込む。そういう心意気が、不可能だと思えた状況を打破し、
クリエイティブな成果を生み出していくのいです。
その積み重ねこそが人生というドラマのシナリオに生命を吹き込み、
現実のものとするのです。


私が800突破することがあれば、おそらく800ちょうどとか805とか
そういうギリギリの数字だと予測していました。
ところが、予想だにしなかった830点。この30点の上乗せは
「神様が手を差し伸べて」くださったのかもしれません。
長く続けてきたことに対する神様からのご褒美だったのかもしれません。

長く続けるといえば、2000年から5年かけて教材を開発しました。
学内の教材開発プロジェクトのメンバーで毎週毎週議論を繰り返し、
5年かけて試作版を完させしました。それを自分のクラスで使い、
学期ごとに学生からのフィードバックを元に改定し続け
CDもプロジェクトで作成し6年半かけてついに教材が完成しました。

それが現在では教科書となり、学会発表を経て、
私の大学はじめ国内外いくつかの大学や日本語学校の
教育現場で実際に使われています。

おおげさかもしれませんが、私は子供を2人次世代へと生み出したことと
1冊だけですが教科書を残したことで、なんだか自分がこの世に生まれてきた
意味があったような気がしています。あは、やっぱり大げさですね(汗)

心を磨く指針
①だれにも負けない努力をする
②謙虚にして奢らず
③反省ある日々を送る
④生きていることに感謝する
⑤善行、利他行を積む
⑥感性的な悩みをしない


これは、私の今後の指針としていきたいと思います。
特に②、⑤、⑥です。
⑥の感性的な悩みというのは、悩んでもしかたのないことに
くよくよしたりすることだそうです。私、いつもそれですから。。

人の営みのうち最上の喜びを与えてくれる労働において、
あるいは人生の中でもっとも大きなウェイトを占める仕事において
、充実感が得られないかぎり、他の何かで喜びを得たとしても、
私たちには結局物足りなさしか残らないはずです。


やっぱり、仕事って大事ですよね!
一日の時間の大半を費やす仕事をやはり大切にしようと改めて思いました。
そろそろ後期の授業の教材を選んだり、シラバスを作ったりしています。
もう教え始めて何年にもなりますが、新学期を前にすると毎回新鮮な気持ちになります。
仕事における「充実感」が他の充実感、充足感にもつながるのだと思いました。

大学が夏休み中ということで、いつもより時間があるため、
英語学習でも多読を進めたり(YL2.5前後のものを1日1冊ペースで読んでいます)、
日本語の本も読んでいます。
次は勝間和代さんお勧めの「7つの習慣」を読むつもりです。
関連記事

| 本の紹介 | 2009-08-19 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

私の父も

稲盛さんのファンで自己啓発の本をよく読んでいます。
とても正統派の意見で、私も見習いたいなぁと思いました。
やっぱり夢をもってそれに向かって努力する、
それあるのみですね。
17年かけて今のお仕事に就かれたこと、本当に素晴らしいと思います。
ブログを拝見していてもいつもその仕事に対する深い愛情と責任感を感じます。
今後もどうぞご活躍くださいね。

| なおみん | 2009/08/20 21:15 | URL |

なおみんさん♪

おはようございます!お父様も稲盛さんのファンなんですね(*^^*)仲間のAさんが自己啓発本をたくさん持っていて、それで今回、「生き方」と「7つの習慣」を貸してもらい、まず「生き方」を読んでみました。日本人なら誰しも小さい頃から言われてることや、道徳の時間で習ったようなあたりまえといえば当たり前のことが多くかかれているのですが、その当たり前のことを当たり前にすることが大切なんだと改めて思いました。

大学で職を得るには今やドクター(Ph.D)を持っていてさらに海外での複数年の教授経験がないとつけない状況なので、私のような経験だけが売りのものが今の職をえるには本当に長い時間がかかってしまいました。それだけに大事な大事な仕事ですし、17年の思いがつまった仕事だけに、毎日職場に向かうのが嬉しくてたまりません。

なおみんさんもご自身のお仕事の幅を広げられているようですし、またさらに将来につながるようにお勉強もされていて素晴らしいと思います。私もなおみんさんのこと、応援させてくださいね!

| ぴあの | 2009/08/21 08:31 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT