||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏休みはこれ1冊!

ここんところずっとずっと学習法を模索していました。
読解力をつけたいと思いつつも方法論や教材を迷い
頭の中、ぐるぐる、ぐるぐるしていました。

そして、ついに、昨日!ひらめきました!

息子が大学受験のときに取り組んでいて
娘が大学受験のときに、
「あの本はいいぞ~~」と勧めていた本です。

英文解釈の技術100
英文解釈の技術100
桐原書店 1991-07
売り上げランキング : 17891

おすすめ平均 star
star制覇するのだ
starとっつきやすい
star100も要らない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私の場合、読解力というより「英文解釈」が苦手です。
ちょっと長い文になったら、文の構造、どれが主語でどれが文の述語で
そして節の中は?この~ingは分詞構文?この-edは後置修飾?
というようにこんがらがり、すっきりと英文の意味がわからないのです。

そういう私にこの本はぴったりです!

本の序文に

問題文はいずれも骨のあるものを選んであります。それは、どんな複雑な
文でも本書でお教えする技術を駆使すれば解けますよ、ということを実際に
体験して頂きたかったからです。(中略)
本書を二度三度読み返し、100の技術をマスターした時、皆さんはおそるべく
英語力を身につけておられるでしょう。皆さんの成功を願ってやみません。


とあります。

「おそるべく英語力」身につけたいです!

TOEICではあまり複雑な構造の英文はでないかもしれませんが、
前からずっと自分の弱点だと思っていた英文解釈、文法をある程度固めた今なら
この本に書いてあることで読解力がアップするような気がします。

木曜のテレビで勝間和代さんが、

モチベーションはせいぜい3日ぐらいしか維持できない。なので、
モチーベーションではなく仕組みを作る

というようなことを言っておられました。
私の場合は、細切れながらモチベーションは維持できていますが、
それでも、「仕組み」つまり「学習の仕組み」何をどう取り組むかということを
作っておくとスムーズに学習が進むような気がします。

デルボのディクテーションが楽しかったように
その「仕組み」は自分にあった仕組みでなければなりません。

この英文解釈の本、早速3までやってみました。
まず、英文をノートに青で書き、S,V,O,Cなどを書き入れ、
前置詞で始まる区は(  )でくくり、節は[ ]と言う風に構造を明確にして
技術部分を読んで訳していきます。

ノートはこんな感じです。(画像ぼけぼけですみません)

DSCN6184.jpg

夏休み中にこれ1冊が終わるように取り組みたいと思います。


関連記事

| 教材 | 2009-08-08 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT