||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

パート7対策どうしよう?

パート7対策の方針が定まらず困っています。
前回の6月TOEICでパート7のSPで惨敗だったことが
尾をひいています。

私のパート7に対する一番の問題は、
時間との戦いで焦ってしまい問題に集中できなくなることです。

自宅で公式問題集をしていたときで
パート7に52分時間をかけることができたときは
結構落ち着いてできました。

しかし、本番ではいつもパート7にかけられる時間は
48分程度です。

パート6が終わるのがだいたいいつも2時12分ぐらいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.2時12分から2時30分まではSPをどんどん進める
2.2時30分になったら残ったSPはそのままにしてWPへ飛ぶ
   (この段階でSPは大問で2、3問残っている)
3.2時30分から1問5分で4つのWPをとく
4.2時50分から残っていたSPに取り組む
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

だいたい、こんな流れでやっています。
1月と3月のTOEICのときは、2の段階でSPは大問が2問、
設問数にすると7問程度残っていました。
この程度なら最後の10分で少なくとも半分はできるので
そう焦りはなく、結果的には最後までとききれました。

しかし、6月TOEICのときは、WPにうつる段階で大問が3問、
設問数で12、13問残っていたため焦りながらWPをとき、
SPに戻ったときも、うわ~どうしよう~どうしよう~読めないよ~
と気持ちばかりが空周りしてしまいました。

昨日、晩御飯のときに、夫にこんな話をしていたら、

「じゃ、パート7を48分でとききるスピード練習をしたら?」

と言われました。
夫はTOEICは素人同然ですが、マラソンをしていて、
意外にもマラソンとTOEIC学習は相つうづるところがたくさんあり
意見が参考になること多いのです。

夫はフルマラソンを始めて7年ほどになりますが、
ずっと4時間の壁が破れませんでした。
30キロまでは順調に走れるのに、30キロ過ぎから徐々にペースが落ち、
37キロあたりからはガクンと歩くに近いペースになるのが原因だったようです。

その対策として、とにかく走りこみを増やしました。
2週間に1度は40キロ、50キロのロングランを取り入れ、
月間走行距離も200キロ⇒250キロ⇒300キロ⇒350キロと
増やしていきました。

さらには、途中途中でスピード練習も取り入れました。
結果、去年の大会で初めて4時間を切り(3時間59分35秒)、
今年の春の大会ではさらに記録を縮め3時間55分をマークしました。

TOEICにたとえるなら、
問題をとく絶対量を増やし、さらにはスピード練習をして
その感覚を身につけたということになるでしょうか?

私たち、よくこんな話をします。

「4時間切りってTOEICだと何点ぐらいかな?」
「う~ん、600点ぐらいかな?」

「じゃ、3時間半は?」
「730点かな?」

「じゃ、3時間切りは?」
「うん、それが800かな?」

「だよね~やっぱ800に持っていくのは大変だよね~」

そうそう、マラソンも本番前にはバナナを食べるんですよ!
すぐにエネルギーに変わるそうです。

ね?TOEICとマラソンってどこか似てるでしょ?(笑)
と、話が思いっきりずれてしまいましたが、

夫は、「本来48分で解くのを負荷をかけ45分で解く練習をして、
そのスピード感覚を身体に覚えさせれば?」といいます。

うん、一理あると思います!
ただ、問題はその題材をどうするかということなんですよね~

公式問題集だともう答えを覚えてるし、
リーディングボックスや直前3回とかの模試は本番より難しそうだから
それを45分でなんて無理だし。

旧の公式問題集も持っているけど、
形式が違ってWPはないし。。

いちばん公式に近くて難易度的にもあっている模試って
どんなのがあるんでしょうね?

難易度の高い模試なら50分とかというのもありだけど、
それだとスピード感覚が身につきません。

それにこれまで模試は特に初めてやる場合は
自分のスコアを知りたかったのでパート5も6も7も全部やらないとと
思っていました。しかし、現実はそうそう続けて75分もとれません。

夫は、だったら模試からパート7の部分だけを取り出して
あくまでも45分か48分に照準を合わせてのスピード練習をしたら?といいます。

学習法に迷いがあるとなかなか前に進めないのですが
でも、やっぱり立ち止まって学習方法を見直すのも大切ですよね。

リーディングの鉄則もまだ途中なのでこれを続けるというのも1つですし、
中村先生お勧めのfinancial timesをコツコツ読むのも重要だと思うのですが
私はあくまでも本番での48分に照準を合わせた対策をしたいと思います。
7月TOEICが終わったら次は11月の予定なのでその期間は地道な勉強をと
思いますが、今はあと2週間に迫った7月対策をと思っています。

みなさんは、パート7対策ってどういう風にされていますか?

PS:
夫は今朝も「4時間のロングランに行ってきま~す」と出かけました(笑)
関連記事

| 学習方法 | 2009-07-12 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

本番に近いレベルならば…

Z会からでているレベル判定模試が、本番に近いレベルとよく聞きます。

負荷をかけた練習の話は参考になりました!Part5&6をさらに短時間で~と考えるよりはPart7を短時間で~のほうが確かに良さそうですね。

| ペンギン太郎 | 2009/07/13 18:07 | URL |

ぺんぎん太郎さん

そうだ!そうだ!Z会だ。
私も以前、何度か受講したTOEIC講座の先生に、勧められたことあったんだった~。あれってHPからダウンロードだったっけ?申し込みが必要だったっけ?ちょっと調べてみるね。

負荷かけた練習の件、少しでも私の記事がぺんぎんさんの参考にしてもらえる部分があれば嬉しいです(*^^*)よくリスニングなんかも1.3倍速とかで聞いて負荷をかけるなんて話も聞くけど、そうやってふだんから負荷をかけることで本番では楽に感じたり、スムーズに問題がこなせたりするのかもしれませんね。う~ん、TOEIC、奥が深いぞ!

いつもコメント、ありがとう。自分のモチベーションアップや学習記録を残すためにブログ書いているんだけど、やっぱりコメントや拍手が一番励みになります!!

| ぴあの | 2009/07/14 07:14 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT