||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

外国語としての日本語

ちょっと珍しく自分の仕事について書いてみます。
私がこの仕事(日本語教師)を始めたのは、まだまだ認知度が低い
1980年代のことでした。

当時は、「日本語教師」と言っても、
「え?国語の先生??」という程度の認知度でした。

私の夫の母など、田舎のおばあちゃんで
村の人に、「息子さんのお嫁さんは何をしてる人?」と聞かれ、
義母の中では、「外国人相手=英語」という図式で、

「外国人に英語を教える仕事をしてる」なんて答え、
田舎の人にとっては、「外国人=アメリカ人」なので(笑)
私は、

アメリカ人に英語を教えている嫁」ということで
随分と驚かれたものです(笑)

当時は、「日本人なら誰でも日本語を教えられる」なんて思われて
いましたが、そんなことはありません!(キッパリ!)

私は、よく「日本語教師養成講座」の講座もして
たくさんの日本語教師の卵も育ててきましたが、
その開講講座にあたって一番に伝えたことは、

「皆さんが無意識に習得してきた母語である日本語を
外国語としてとらえる作業をしてみてください」

ということです。
たとえば、

山 (   ) 登る。

という問題があったとします。
日本語学習者にとっては、(  )に入る助詞は
「に」「を」「へ」など考えるわけです。

その上でそれぞれの用法にどんな違いがあるかを考え、
ようやくその文脈において(  )に入るのはどの助詞であるかを導きます。
我々はその( )に入る助詞が間違いだったとき、
どうしてそれが間違いで、正解がどれになるかを
きちんと説明する必要があります。

私 (   ) 医者です。

の場合も、( )に入るのは、「は」「が」「も」などが考えられます。
「も}は比較的簡単に理由が説明できると思いますが、

「私は医者です」
「私が医者です」

この二つの文にどんな違いがあるのか、
つまりは、これら文脈において「は」と「が」にはどんな働きがあるのか。
そんな知識が当然必要となってきます。

私は富士山に登ったことがあります。
私は富士山に登ることがあります。
私は富士山に登ったことがありました。


さて、どう説明しましょう?

お茶を飲みながら話しましょう。
お茶を飲むとき話しましょう。


これらは比較的簡単に説明できますよね?
副詞などでも、

「つい」と「うっかり」はどう違う?
「わざわざ」と「せっかく」は同じ?
「絶対」と「必ず」と「ぜひ」と「きっと」は?


などなど、われわれ日本語を母語にする日本人にとっては
知らず知らずのうちに使い分けていることを
外国人はそれぞれの用法を理解しなければ使い分けることができません。

目的を表す「~ように」と「~ために」は同じ?
理由の「~から」と「~ので」はどう使い分ける?
条件を表す「~たら」「~ば」「~と」はどう使い分ける?


たとえば、「ために/ように」を選ぶ問題として、
1.6時に帰れる(ために/ように)急いで仕事をします。
2.医者になる(ために/ように)一生懸命勉強します。
3.うちを買う(ために/ように)貯金しています。
4.割れない(ために/ように)新聞紙で包んでおきます。

なんて問題、間違えた学生にはなぜそれが間違いなのかを
説明しなければなりません。

な~んて、これらは初級文法のほんの一例ですが
例をあげればキリがありません。

また、英語と日本語でワード トゥー ワード
つまり英語一語につき日本語一語では訳できない言葉もあります。

たとえば、英語ではput onですが、
日本語では、服なら「着る」、スカートなら「はく」、ネクタイなら「する」
眼鏡は「かける」、帽子は「かぶる」、指輪は「はめる」
などなど複数の言葉がありますし、

breakも
「割る」「破る」「壊れる」などあります。

数え方も、英語ならただone,two,threeとどんなものも数えますが、
日本語では、数える対象によって「枚」「本」「冊」「杯」などあります。
動物なんて、「匹」「頭」「羽」なんて使い分けもありますよね。

さらに、鉛筆など数える「~本」でも、

1本⇒1pon
2本⇒2hon
3本⇒3bon

など、数によって、p,h,bの音を使い分ける必要もあります。
おなじp,h,bでも、時間を表す「分」の時は、

1分⇒1pun
2分⇒2fun
3分⇒3pun

と、「本」のときとは音のルールが違ってきます。
日付の1日から10日までの言い方なんて、
中級者になってもまだ間違える人がいます。

と、この道20数年の私は語りだすととまらなくなってしまうのですが、
何年たっても日々授業の中では新しい発見があり、
この仕事がおもしろくておもしろくてたまりません。

いつもはTOEIC学習について書いていますが、
ときどきは、こんなふうに仕事についても少しずつ紹介していければと
思っています。



関連記事

| 日本語講師 | 2009-07-10 | comments:6 | TOP↑

COMMENT

ありがとうございます♪

ぴあのさんっありがとうございますe-266e-266嬉しいです、このネタ!

うふふ、「アメリカ人に英語を教えるお嫁さん」…笑ってしまいました。すごすぎですよね、これは。

例に上がったほとんどについて、せ…説明できないe-330なるほど、「日本語を外国語としてとらえる」という観点が必要なんですね。10年ぐらい前の職場で隣に座っていたイギリス人がしょっちゅう仕事中に日本語検定の勉強をしていて(←コラ)いろいろ質問されたのですが、うまく説明できなかったことが思い出されます。

「から」「ので」の使い分けなんていうのも質問されてしまうわけですねe-330これは、本当に日々発見の連続で、やりがいのある仕事なんだなあ、とぴあのさんのお仕事の様子を垣間見た感じがして、嬉しかったですe-51ありがとうございました!

| ミント | 2009/07/11 07:24 | URL |

ミントさん

早速のコメント、ありがとうございます!喜んでいただけてよかったです。ぐふ、「アメリカ人に英語を教える嫁」のワタクシ、TOEICで満点とらなきゃいけませんね(笑)

日本語に関しては、実際に例文出した方がなにが問題なのかピンときやすいかもしれませんね。ミントさんのために(笑)「ために/ように」の使い分けの問題加筆しました!

以前の職場のイギリスス人の方、日本語能力試験の勉強をされていたんですね~。1級だとちょうど英検の1級ぐらいに難しいので自宅学習だけでは間に合わず、職場でも勉強してしまったのかな?(笑)

映像翻訳の世界とではまた違うとらえかたもあっておもしろいかと思います。ミントさんのところで話題になっていた「~屋」については、教科書内で、「冷蔵庫が故障です。電気屋を呼びます」とあり、「~屋」についての英訳は"person of -shop"となっています。

| ぴあの | 2009/07/11 08:29 | URL | ≫ EDIT

日本語を教えてあげるのって、私が想像した以上に難しいです。もっと上手に説明できたらいいなと思うことはよくあります。
でも、これはちょっと不思議なのですが、「何の訓練も積んでいなさそうな外人が、巷の語学学校で日本人に英語を教えている」という事実。うーん。なんで出来るんでしょうね。

| yuko | 2009/09/29 23:04 | URL |

yukoさん

そうですね、私たちは無意識のうちに母語である日本語を習得していますので、それを外国人に教えるためにはまず「日本語を外国語として意識的に捉える」作業が必要になってきます。

巷の外国人が英語を教えるというケースはたくさんありますが大体のケースはただフリートーキング中心のレッスンでしょうね。習う側とすればただネイティブだからいいというよりは、やはりTESOLなどを学んできた人に教えて欲しいですね。

| ぴあの | 2009/09/30 17:14 | URL | ≫ EDIT

まさに

見学に行った授業でわからなくて愕然としたのは、この手の問題です!!韓国人の友人にも数の数え方をよく聞かれますが、「こういう風にいうよ」とだけしか教えられず、もどかしい思いをしていました。とっても参考になります。リンク教えて頂いて有難うございます!そして、ぜひぜひ続編をよろしくお願いします☆

| ななこ | 2009/11/20 00:21 | URL |

ななこさん

お返事遅くなってしまい、ごめんなさい。ようやく1週間の仕事が終わりました。今週は連日帰りが7時過ぎとなり、それからまだ気が張ってるうちにまず1時間英語を勉強しその後、晩御飯(もちろんビールも!)でそのまま寝てしまうというパターンでした。

日本語を外国語として考えると、これまで思ってもみなかったことがいろいろ感じられると思います。また、それぞれの学習者の母語による間違いや、文法的にはあっているけど、そんな言い方したらおかしいとか失礼になるとか。

たとえば、英語話者などよく、「先生、私の宿題見たいですか?」など聞いてきます。文法的にはあっていますが、言われた方としてはちょっと・・・

続編ですか?(笑)考えてみますね~

| ぴあの | 2009/11/21 10:18 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT