||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

何歳まで働くか?(還暦に思う)

還暦を迎えるにあたって、考えてることがありました。

それは、いつまで働くか?ということ。
私は2つの大学で講師をしていますが、それぞれ定年は、

A大(国立大) 70歳
B大(私立大) 65歳

なので、まだ少なくとも5年は働くことができます。
しかし、それだけに、「区切り」「引き際」は自分で決めないとと思ってきました。

私が20代、30代のころに、60歳というと、もう完全におばあさんのイメージだった。若手同僚たちはいつも仲間として接してくれているが、実際のところはどう思っているんだろう?

学生たち(留学生)にとっても、やっぱり若い先生のほうがいいよね。。

A大に採用されて、今年で丸20年になる。
年齢的にも60歳。
ちょうどいい区切りになるのではないだろうか?

A大に採用された1999年当時は、チームティーチング(月曜から金曜まで5人の先生で1つのクラスを担当している)を組む教師間の引継ぎは、電話連絡だった。

月曜の先生が授業を終えると、火曜の先生に電話で内容を報告し、引き継ぐのだ。

それが、いつのころかメールでの連絡になり、やがて、大学内のシステム入力に変わった。

登録、アンケート、成績入力、シラバス入力、ファイルの共有などなど、ITの進化とともに、教務面でもIT化が進み、覚えなければいけないことがどんどん増え、今でも学期ごとに、変化し続けてきている。

ここまでは、なんとかついてこれた。
が、そろそろ限界に近いんじゃないだろうか?

夏休みは、快適で授業準備やテスト(クイズ)などの採点や膨大なメール等でのやりとりに追われることなく、のんびりと自分の時間を楽しむことができた。

それだけに、そろそろいいんじゃないかな?
今年度いっぱい勤め上げて、来年からは自由を謳歌しようかなど考えてもいた。

そんなとき、30代前半の仲良し同僚からランチに誘われた。
おいしい食事をしながら、私が考えてることを言うと、

「何をバカなことを言ってるんですかっ!!」と一括された。笑

そして、お誕生日だからと場所を移動したおしゃれカフェでケーキとコーヒーをごちそうしてくれた。さらに、なんと還暦カラーの赤のプレゼントまで用意してくれていて、ケーキがきたタイミングで渡してくれた。

箱をあけてみると、

IMG_0344.jpg

真っ赤なパーカーのペン!!
何がいいかとずっと考えてくれていたそう。
彼女の心遣いが嬉しかった。

そして迎えたお誕生日当日。
家族が夜景の見える和食の私の一番好きなお店でお祝いの会を開いてくれた。

IMG_0392.jpg

花束のプレゼントの後、
夫からはSEIKOの、そしてなんと娘からも腕時計をプレゼントされた!

IMG_0359.jpg IMG_0400.jpg

娘はまさか父親が私に腕時計を買ってるとは知らず、腕時計がかぶったことに内心ショックを受けていたらしいが、娘の選んでくれたものは、赤いベルトで文字盤が大きくて見やすく、夫からのものとはまたタイプが違うので私はとても嬉しかった。

息子からは、「かぶるなんて、コミュニケーション不足だろう~笑」と言われていたが、

私は夫も娘も、「これからの人生、いい時を刻んでほしい」という願いがこめられてるいうような気がしてとても、ありがたかった。

娘からは、私の似顔絵プレートもプレゼントされた。娘が手書きした絵とメッセージを、娘のダンナさんがパソコンに取り込み加工、編集、印刷してくれた世界でたったひとつのプレゼント。これには、泣きそうになった。

そのプレート内の娘からのメッセージは、

ゆめを追いかけて
いっしょうけんめい
努力する母さんを
尊敬しています

これからも
母さんらしく
いろんなことに
挑戦してね!

いつもありがとう!


と記されていた(涙)

IMG_0416.jpg

息子夫婦からは、Dantonのバッグ。
9月に私が上京したときに、一緒に買い物に行き選んでくれたものだ。

旅行にも使え、Dantonのロゴが赤で、還暦カラーだからと。

仕事をもう辞めようか。
引き際か。

そう考えていた私にとって、この還暦イベントでは、家族や同僚、友人たちの存在に改めて感謝し、今後の自分について考えるいい機会になったような気がする。

こうして無事60代になり、
まずはB大学、そしてA大学でも新学期が始まった!

新学期というのは、留学生たちとの新しい出会いの日。
それぞれの初日の日、私はいつものプチ高揚感を感じ、朝からわくわくしていた。

このわくわく感がある限り、仕事は続けようと思った。

そう思いながら、大学に向かい、教室に向かうと、そこには、

フィンランド、アメリカ、インドネシア、中国、スリランカ、ロシア、イタリア、タイ、ベトナム、スロバキアなどいろんな国からの留学生たちが座っていて、みんなが一斉に私を見た。

胸がいっぱいになった。

まだ、私はやれる!
やりたい!

うん、あとは5年は続けよう!笑
関連記事

| 日本語講師 | 2019-10-02 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

ブログ巡回中~。
還暦のお祝いグッズすごいね~!


ぴあのさんは「回遊魚」のように 泳ぎつづけたほうが元気でいられるタイプちゃうかしら(爆)
ぜひ65歳まで働き、いや70歳くらいまででも(爆)

私も「人と会う」ことが刺激になってると思うから、
ほんと、息子が学校生活終わると、学校行事など激減して対人少なくなるから ボケそう。。。(汗)
かといって働けるほどの自由な時間と環境があるわけでもないので。。(汗)
コミュニティー通訳も月に1-2度程度だからな~。

まあ、息子の卒後の進路先でも「保護者会」ていうのがあるようで、
その活動はずっと続くし貢献しないといけないけど。。

ぴあのさんを見習い前向きな気持ちでがんばっとくわ。
前向きな気持ちには必ず何かいいことがあるはず。。

ではまた!!お互いよい週末を~♪

| 大阪の主婦 | 2019/10/05 08:15 | URL |

大阪の主婦さん

あはは、回遊魚か~笑
そこまで忙しくつねに泳いでるわけでもないけど、基本、いろんな人と出会い、話し、自分を高めていくのは好きだわ。実際に行動しなくても、こうしたネットでの出会いや活動?も含めてね。

還暦グッズは本当にそれぞれが、私のためにいろいろ考えてくれて、1つ1つがとっても嬉しかったわ。

やっぱり大病したこともあるだけに、無事に60代が迎えられたということは感無量で、家族もそれがあるから、いろいろ考えてくれたんだと思うわ。感謝です。

ぼくちゃんもいよいよ高等部卒業やね。去年の12月は発熱もあって、心配したけど、それでもここ数年はずいぶんと落ち着いて、主婦さんも活動の幅が広がり、本当によかった。

なんかね~2年前にヨガを始めたことと関係してるのかどうかわからないけど、最近、「呼吸」を大事にしてることもあってか、以前に比べて、目の前の1つ1つに振り回されずに、(ほんの)ちょっとずつ、なんというか、なすがままというか、ま、どうにかなるでしょ~自然の流れに任せようと思えるようになってきた。

何もかもを自分の手で何とかしようとするのではなくて、「任せる」ということを少しずつ覚えてきたというか。すべてを自分でしないと回らないとずっと気を張って生きてきたけど、人に任せてみる。

特に素人なのに自分であれこれ調べては先回りして気をもんだり、心配していたけど、「プロに任す」ということを最近するようになったら、ちょっと楽になってきた気がします。

うんうん、お互い、前向きマインドでがんばろうね!

| ぴあの | 2019/10/06 15:49 | URL | ≫ EDIT

ぴあのさん、こんにちは。
お誕生日&還暦、おめでとうございます!

ご家族でのお祝いの会のお話、とても素敵ですね。
きっと、ぴあのさんのこれまでの生き方が表れているんだろうなと
勝手ながら感じました。
私もそんな素敵な還暦を迎えられるような生き方ができるよう努力して、
今を大切に積み重ねていきたいと思いました。

そんなぴあのさんが一線を退かれるとしたら、まだまだもったいないのではないのかな?と勝手に思いました。
これからもお身体を大切にして、ご活躍くださいね。


私は、下の子が小学校に入る頃からここ5年ぐらい、
ご縁をいただくお仕事を転職を重ねながらやってきています。
主人には「迷走中」と言われています(笑)

新しいことをやるのは慣れるまでのエネルギーがいりますし大変でしたが、
様々な経験をすることができました。
「遠回りが一番の近道」とも言われますが、ようやく自分のやりたいことが
見えてきたのかなと思います。

現在の仕事は自分がやりたいことではなかったようなので、
来年の契約は更新せず引継ぎをしていただけるよう、会社にも伝えて
準備を始めたところです。
何事もやってみないと分からないと思い、飛び込んでみるタイプなのですが、
周りに気を遣いすぎて思うようにできないことも多いです。
でも、自分で責任がとれるのであれば、何事も挑戦してみていいのでは
と思います。

たった一度の人生なので、これからは自分のことも大切にして、
自分の心に正直に生きていきたいなと思うこの頃です。

| Mayu | 2019/10/08 15:08 | URL |

Mayuさん

こんにちは~
コメント、ありがとうございます。学期初めで仕事が忙しく、お返事が遅くなってしまいすみません。

還暦のお祝いは、私が半年ぐらい前から、「今年は還暦だ、還暦だ」と家族の前でことあるごとに宣伝(?)していたからか、特に娘が水面下でいろいろ準備を進めてくれていて、いつまでも心に残る時間を過ごせ、幸せな気持ちでその日を迎えることができました。

ただ、最近、還暦を過ぎたころを境に、鍋を焦がしたり、窓をあけたままとか、(内緒だけど)カギをかけずに仕事に出かけたりといった、今までの私では信じられないようなポカがでてきて、自分であきれたりびっくりしたり、、加齢ってこういうことかと悟ったり(笑)

Mayuさんは、そうやって転職やチャレンジを重ねながら、ご自身が何を求めているか、その方向性を探っていかれたのですね。そして、ついにそれが見えてきたということ。よくそこまで現状や惰性に流されずに挑戦し続けたと感心しました。

それがどんなお仕事なのか、どんな方向性なのかとっても興味があります。差支えのない範囲内でまた時期がきたら教えて頂けると嬉しいです。

ようやく気温も下がり、秋らしい、何をするにもいい季節になってきました。お互い、自分の心に忠実に人生を歩んでいきたいですね。

| ぴあの | 2019/10/10 10:49 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT