||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新しい命をもらった日

5年前の今日、手術を受けました。
ステージⅢaの悪性腫瘍(がん)でした。

がんの大きさは7センチ。
周辺のリンパにも2つ転移していました。

手術、入院のために大学の授業を休むことになり、
そのお願いをするために大学に向かった車中から見た紅葉が、

とてもきれいでした。

赤、黄色、そして金色のように輝く並木
きれいでした。

もう、来年は見ることができないかもしれないから、
そう思い、目に焼き付けようと思ったら

こんどは、
涙でその景色がにじんで見えました。

告知の時は夫も呼ばれ、二人で聞いたのですが、
その後、娘、息子、両親に告げるのがつらかった。

でも、同時に思ったのは、
がんになったのが私でよかったということ。

これが、家族だったら私は耐えられない。
自分なら自分さえがんばればいい。

私の知らないところで、
父は夫に電話をかけ、本当なのか?と詳しい話を聞いていたようです。

母は娘に電話をかけ、
一週間毎日、ふたりで泣きながら電話をしあっていたそうです。

私の知らないところで。
それぞれが痛みを分かちあっていたのです。

息子は私の電話を受けた時は、
周りに人がいたこともあり比較的冷静だったのですが、

その後、狂ったように
私の病気について検索しまくったとあとになって話していました。

大学の私のクラスの留学生たちには、
私の病名については話してなかったけど、
長期に休むことになるということで察しがついたのか、

入院前最後の授業の時、
クリスチャンの韓国人学生の発案で、
授業中、

突然、学生たちが全員立ち上がり、
先生に歌をプレゼントしたいと言い出しました。

そして、Raise Me Upを歌い始めました。



英語が苦手な子も一生懸命に。
途中で泣き出す子もいて、、
私も感極まり、ぼろぼろ涙が。

歌いながら、学生たちがひとりひとり私にメッセージを、

先生、大丈夫です!
愛してます。
元気になって戻ってきてください。
いつまでも待ってます。

手術の日、動画を見て、お守りを握りしめて、
そして、夫、娘、義兄夫婦に見送られて手術室に入りました。

11月26日、寒い日でした。

気が付くと手術が終わっていて、
病室では、右手を夫が
左手を娘が握っていてくれました。

1時間ぐらいたって目を覚ますと、
夫と娘の位置が逆になっていました。

右手が娘、左手が夫。

あとで聞いたら、
ベッドの右には椅子があったけど
左は窓際で椅子がなくて立ってたから

途中で場所を変わって、
順番に椅子に座ったと。

1時間もずっと立ってってくれたのかー

両親は午前、
大きな神社に参拝してから病院にきました。

私はなんだかすごく親不孝をしてるみたいで、
手術の時間が近づくと、
申し訳なくて、両親の顔を見ていられなくなり、

帰ってもらいました。
親より先に逝くくとになるかもしれない。。
なんて親不孝なんだ。

心配そうな高齢の両親を見ていられなくなった。
ちょうど義兄夫婦も来てくれたというタイミングで帰ってもらった。

義兄夫婦は、私をひどく心配してくれた義母が
自分はいけないからと代わりにきてくれたのだった。

会社を早退して。

あれから5年。
常に頭の中には、「5年生存率」という言葉があった。

最初の1年は、
「来月」とか「来年」とかいう言葉を使うことができなかった。
「未来形」を使って語ることができなかった。

洋服を買うことができなかった。
次のシーズンに私はもういないかもしれないからと思って。

手術から9か月たった2014年の夏。
息子がハワイで挙式した。

その結婚式にでるのをずっと目標にしていたので
息子の晴れ姿を見ることができ嬉しかった。

その挙式の後の教会のお庭での家族写真。
私がとっても穏やかでいい笑顔をしていた。

もしものとき、
この一番幸せで笑っているこの私の写真を
遺影に使って欲しいと家族に頼んだ。

2年たったとき、
私を心配してくれていた義母が病に倒れ、危篤状態になった。

娘の喪服を買うためにお店にいった。
私も新調するため、一緒に試着室に入った。

そのとき、ふと思った。

私はこの喪服を一度も着ることなく、
むしろ、ほかの人が私のために着ることになるのではと。

私のは買えない。

娘は今試着してる喪服で私の葬儀に参列するのでは。
私、試着室で号泣してしまった。

娘は、「なにバカなこと言ってるの!母さんのも2着とも買うよ」と。

もう2年たっていても、
やっぱりいつも死と隣り合わせだった。

3年たった11月に、初孫が誕生した。
それまで11月という月は、私にとって辛い月だったのが、

いっきに、
まるで、

オセロゲームで黒が一斉に白になるように、
11月は辛い月から、初孫誕生の嬉しい月になった。

4年たった11月に、私は初めて英検1級の面接の場にいた。
元気になって憧れだった英検1級の舞台に立っていることがなんだか誇らしかった。

そして、5年がたった。
4人だった家族が、今や9人になった!

二人の子供たちが結婚し、
孫がこの2年で3人も生まれたのだ。

義母が亡くなったり、
母が交通事故にあったり、
父が肺の疾患で入院したり、

つらいこともあったけど、
それでも、私はそうしてちゃんと義母を看取り、
両親の入院をサポートするために生かされてるのだと思った。

こうして、私は5年生きることができた。
この5年の間に多くのことを学んだ。

病気をする前よりした後の私の方が好き。
今の生活が、今の心のもちようが本当に穏やかで日々楽しい。

私の凝り固まった性格や生活習慣、
鬼気迫るような仕事への意気込みやTOEICスコアへの執念。

なんだかそんなすべてが
肩肘はらず、すべてが自然になった。

がんというのは大きな試練だったけど、
私を変えるためには、その病を得ての荒療治が必要だったのかもしれない。

今、こうして健康で
なにひとつ薬のお世話になることなく、

食べたいものを食べ
行きたいところに行き、
見たいものを見て、

そして、大好きな仕事がある。
家族がいる。

5年前の今日は冷たい雨が降る日だったけど、
5年たった今日は、青空が広がっている。

先日のすべての検査結果を見て、
主治医からは、もう心配ないと言われました。

私を支えてくれたすべての人に感謝します。
ありがとうございました。
関連記事

| 健康生活 | 2018-11-26 | comments:8 | TOP↑

COMMENT

ぴあのさん、来ました。。。。
読みながら泣きそうになりました。。。(泣)(泣いてるやないか)
学生さん達が立って歌い出したあたり。。。もうね~(号泣)

ほんと、この5年いろいろあったよね。お疲れ様です。前向きによくここまできたな~。。。。英検1級も取得したしな~。。

私はブログとかすべてのSNSやめるかも(汗)


どうぞ、これから新たな人生応援してます。
いろんなことがあったから見えてくるものわかってくるものあるもんね。。。。

英語ワールドも楽しく頑張って行きましょうね~!!!
今後ともどうぞよろしくです~。

もう発信する気力もないとおもうねんけど。。。

| 大阪の主婦 | 2018/11/26 17:09 | URL |

大阪の主婦さん

忙しい中、読んでくれて、コメント書いてくれて、そして泣いてくれてありがとう。

学生たちが皆で歌ってくれたシーンはいまだに思い出すたびに泣けるわ。いったい、いつのまに練習したのか、みんな歌詞書いた紙をもって一生懸命に歌ってくれたよの。

この曲は荒川静香さんが、トリノオリンピックで金メダルを取ったときの曲でね。いまだにこの曲聞くと泣けるわ。

あれから5年です。
長かったわーー

医療スタッフや大学同僚(病気のことを知ってる一部の同僚)などは、「え?もう5年、早いね~」っていうけど、私にとっては本当に長かった。

そして、ずっとずっと思い描いていた5年到達とはちょっと違うんだよね。ちょっというか、全然。

私の中では、5年たったら、澄み切った青空がぱ~~~っと開けるのかと思ったら、そうじゃなくて、なんかずっとこの5年、ずっとずっと不安と闘ってきたからなのか、急になんて安心できない。

なんというか、安心するのが怖い。
でも、なんか徐々に安心感が広がりつつもある。(どっちや?)

告知を受けた翌日、私、よせばいいのに、なんか自分を奮い立たせるためにジムに行ったのよね。

そしたら、「あ~ここにいる人たちには未来がある。今告知を受けた私って、、、」とひどい孤立感を感じて、ジムを飛び出し、車に戻って号泣したわ。

主婦さんには、私、本当に力もらいました。
かけてもらった言葉もそうだけど、主婦さんの生き方そのものにも。

そして、主婦さんが言ってくれた「日本の医療レベルは高い」という言葉もすごく胸に響きました。

要所、要所で主婦さんから頂いたメールの数々、私これまで何度読み返したことか。なんどその言葉に救われたことか。


そうそう、そういえば退院して1か月ぐらいたったころかなぁ。私が主婦さんのブログ読んでて、どんな記事かは忘れたけど、声をあげて笑ったのよね。主婦さん、文才あるから、すごく面白く描写してあって。旦那さんネタだったかもしれない。

私はまだ療養中で家事はすべて夫にしてもらってる状態で(今も大して変わらないけど 笑)、夫が夕飯の準備してるのに、私は炬燵に入って、主婦さんのブログ見て大声で笑ってたの。

で、はっとして、夫に、

「ごめんね。家のこともなんにもしてないのに、こんなふうにネットしてて~」というと、

夫が、「いや、ぴあのが笑ってることが嬉しい」と。

そんなことがあったな~とふと思い出したわ。
主婦さんのブログで笑ったり、人生考えさせてもらったり、文章に感激したり、そうしてブログからも力もらってたんだなあと改めて感謝。

英語ワールドは、もう洋書中心でいくわ~
今、今年9冊目の洋書読んでるよ。また、アーチャー。数えてみたらアーチャーは11冊目だったわ。

主婦さんの発信力、メッセージ力はすごいよ~
ブログ更新も楽しみにしています。

改めて、これからもよろしく!!

| ぴあの | 2018/11/26 17:44 | URL | ≫ EDIT

ぴあのさん…大変だったんですね。
そして、検査結果が「心配ない」ということで、本当によかったですね。

そんなにお身体が大変だったのに、その後努力され、英検1級を取得されたのですね…
ぴあのさんが超えてきた苦労を考えると、私が今抱えている悩みなんてどれも取るに足らないちっぽけなもので、ぴあのさんがされてきた努力を考えると、自分が何もしていないことが情けなくなります。

私も、最愛の祖母と、同い年の友人をがんで亡くしました。母親も乳がん経験者なので、病気は身近に感じています。
我が子も生まれ守るものができるとなおさらですが、本当に「生きているだけで丸儲け」という言葉が身に沁みます。

ぴあのさんがお元気でブログで発信され、それを読ませていただけて、私は本当によかったです。
ありがとうございます。

先日は、またまたコメントへのお返事と、ご親切にもあっこさんにお伝え下さり、ありがとうございました!その後、私もあっこさんにご連絡させていただき、12月から始められるように調整中です。(あっこさんもお忙しそうでした…!)

早く私もぴあのさんの「英語ワールド」的な英語の楽しみ方をしたいと、切に思っているところです。
その際は、どうぞよろしくお願いします!

| Mayu | 2018/11/27 15:03 | URL |

Mayuさん

こんばんは~コメントありがとうございます。

がんだったと言うと、それだけで大変そうに思われるかもしれませんが、私の場合は術後1か月ぐらいは、けっこうきつかったのですが、その後は全くなんの制限もなく、周りは私ががんを罹患したということで優しかったり、仕事関係もいろいろ配慮してくれたりで、私てきには気持ちよく、心地よく過ごせました。

英検1級受験も、もともと、私には身分不相応というか、そんなレベルにないと思っていたのですが、スタプラ(study plus)での友達が次々にチャレンジしているのを見て、とりあえずは語彙だけやって受けてみようかな?と思って、受けてみたら、特に対策せず(語彙だけはパス単でやったけど)、エッセイでの高得点が幸いして1次に合格。

スピーキングはもともと一番得意だと思っていたので、一発でいけるかな?と臨んだものの、そう甘くはなく玉砕。でも、基本に立ち返って準備することで、スピーチも質疑応答も満点(10/10点)というびっくりのスコアで合格することができました。

がんになったことで、いつ自分の人生が終わるかわからないという緊張感の中、好きなことののんびりひたり、あとはおまけみたいに気楽に臨んだのがよかったのかもしれません。

あっこさんに連絡とられたのですね!12月から開始とのことよかったです!!私は今、今年9冊目の洋書と海外ドラマを楽しんでいます。大学で留学生相手に英語を使う機会も最近増えていて、今日も授業中や授業後もいろんな相談や質問を英語で受け、答え、やっぱり英語やっててよかったな~と実感しました。

1級合格者が、よく、それはゴールではなく始まりだと言っていますが、私自身もそれを実感する今日このごろです。

| ぴあの | 2018/11/27 21:54 | URL | ≫ EDIT

フランスから戻ってきました。

こんにちは!
フランスから無事に帰ってきたので、ご報告をと思い、立ち寄らせていただきました。

まだ、ぴあのさんのブログは少ししか読ませていただいておらず、家族中が良くて、いっぱい海外旅行にも行かれてて、うらやましいな〜って思っていました。今回のブログは、びっくりしてしまいました。大変なことがあったのですね。
そして、そこからの英検1級合格、TOEICでの900点越えと、尊敬です。

留学生の生徒さんたちのお話しも感動しました。
こういうお話しを聞くと、世界平和も夢ではないって思います。

検査結果が問題なくて、本当に良かったです。
これで、心おきなく、一人旅も楽しめますね♥
フランス一人旅、素晴らしかったです。
パリは観光スポットがコンパクトにまとまっていて、観光しやすかったです。
私の英語の先生(アメリカ人)はイタリアがオススメと言ってました。

ぴあのさんや主婦さん、偉大な先輩達を見習って、これからも前向きに頑張る勇気と元気もらいました。また立ち寄ります。

| maui | 2018/11/29 18:46 | URL |

mauiさん

フランスからお帰りなさい!!
ご旅行中、毎日わくわくしながらmauiさんのtwitterを拝見していました。特にモンサンミッシェルの写真が素敵でした。

バス置き去り事件?の時はハラハラしましたが、素敵な出会いもあって、フランス人の優しさも感じられ、また仕事柄、大学での仏検受験のお写真も興味をもって拝見していました。

私のtwitterは鍵付きのため、フォロワーさん以外だと、私からmauiさんに拍手やコメントしても見られないため、もし差支えなければフォローリクエストを送って頂くとtwitterでもつながることができるので嬉しいです。

私がフランスに興味を持ったきっかけは、アルセーヌ・ルパンで、小学校の時、20巻全部読み、将来はぜひパリへ行きたいと思いました。

そして、驚かせてしまいましたが(すみません)、5年前にがんになった時、当時、パリで日本語を教えていた後輩が、私のためにパリの「奇跡の教会」で何時間も祈りを捧げてくれ、そこで宗教に関係なく奇跡を起こすという、メダル(メダイ)を買ってフランスから送ってくれました。

私は毎回、検査の時はかならずそのメダルをネックレスにしてつけて臨み、無事に5年クリアしたら、その教会を訪れ、感謝の祈りを捧げてきたいとずっとずっと思ってきました。

今回のmauiさんの一人旅のご様子に大きなパワーを頂きました。ブログの方も読ませて頂いているのですが、ここのところいろいろあって、コメントしそびれていてごめんなさい。

mauiさんは次はイタリアにされますか?私はとりあえずは来月、神戸&奈良一人旅に出かけます。震災の鎮魂の灯であるルミナリエを一度見てみたいと思っていたのです。

また、ブログの方にもゆっくりおじゃまさせていただきますね。お忙しい中、コメントありがとうございました!

| ぴあの | 2018/11/29 19:50 | URL | ≫ EDIT

フォローリクエスト

フォローリクエスト送りました。
よろしくお願いします。

奇跡の教会に行って、私もメダルを買いたかったのですが、ちょっと時間が足りなかったです。是非次回は行きます。パリは狭いのですが、観光スポットがいっぱいあるので、まだ見ていないところがたくさんあります。なので、私の一人旅はきっと次回もフランスだと思います。まず、フランス語とフランスを制覇するのが50歳まで、この2年間の目標です。

その次は、スペイン語か、イタリア語またはドイツ語かなって思ってます。そして、少しだけ勉強も始めてます。そして、多少言葉が理解できるようになったら、フランス以外の国にチャレンジする予定です。ちなみに、イタリア語検定はローマまたはミラノでも受験できるので、心惹かれてます。

ルミナリエ、私も一度見てみたいです。
なかなか北関東人には見る機会がないです。
私は3月に我が母校が春の甲子園に出ると思うので、関西に1人甲子園応援に行くのが1人でお出かけの予定です。

| maui | 2018/11/30 10:06 | URL |

mauiさん

さっそく、リクエストを送って頂きありがとうございました。無事、twitterでもつながることができて嬉しいです。

実はパリ一人旅は2月末を予定していたのですが、今日になって娘が2月に手術を受けることが決定したため、入院や療養期間、娘の子供(0歳児)をみなきゃいけないので、今回は見送ることにしました。

パリは来年9月に仕切り直しのつもりで、その前に3月中旬ぐらいに、どこか近場の海外でも一人旅で行けないかな?と頭を切り替えて計画しようと思います。

あと、イタリア、スペインも行きたいのですが、夫もそのあたりなら一緒に行ってくれそうなので、一人旅の候補地は、オランダ、ベルギー、プラハです。

あのヨーロッパ一人旅本にあった、ベルギーのブルージェ素敵でしたよね~。その奇跡のメダルをくれた後輩も、フランス人の間でもブルージェは大人気だと言ってました。

mauiさんは旅する前にきちんとその土地の言語を勉強してという姿勢が素晴らしいですね。以前、ドイツやザルツブルク(オーストリア)に行ったとき、やっぱりヨーロッパは英語よりドイツ語が強いな~と思ったことがあります。

フランス語は私は大学で2年、第二外国語で勉強したのですが(先生はベルギー人で英語での授業だった)すっかり忘れてしまってと、大学の研究室で言っていたら、例の後輩がテキスト貸してくれたので、旅行にそなえて少しずつ勉強してみようかとも思っています。

甲子園で母校の応援いいですね!
国内外とわず、ひとりで気軽に出かけるって、大人女子♪の楽しみですよね。

| ぴあの | 2018/11/30 16:52 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT