||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ヨーロッパ一人旅の助走

ヨーロッパひとり旅デビューを考えてる私ですが、なんとも魅力的な2冊な本に出合いました。同じ著書による、

2015年に書かれたこの本と、


と、2017年に書かれたこの本です。


著者は私とは同年代(同年齢?)で、30代なかばからヨーロッパ一人旅を30数回されている方です。

1冊目では、予算20万円でヨーロッパ一人旅をするコツを、2冊目では具体的に著者が旅した旅行記を旅のおこづかい帳とともに記しています。

2冊を通して思うのは、まず彼女の書く日本語が実に品があって美しいということです。なんというか、大人の女性の品格を感じひかれました。

そして、20万という予算の中、女性がひとりで満足できる旅の楽しみ方を、ホテル選び、オーナーとの信頼関係を結ぶコツ、レストラン選び、コンサートの楽しみ方など実に具体的に書かれています。

以下はこの2冊を読んで私の印象に残った箇所の引用です。

******
ここに自分を連れてきてあげられた自分自身をねぐらい讃えたいような気持さえこみあげた。(ミラベル宮殿でのコンサートで)

大丈夫、誰かが、あなた自身の力が、きっとあなたを助けてくれる。

人に、自分に、世界に「驚きつづける」ことは、この世に生まれて味わえる最も良質な幸せのひとつだと思う。

せっかく生まれ、なんとか大人になり、ようやく自由に旅ができる環境にたどり着けたのに、憧れの町をこの足で歩くことなく人生を終えるなんて、「死んでも死にきれない」とも思ってた。

へたりこんだら誰かがきっと助けてくれるから。そんな依存的な、と思われるかもしれないけれど、その、「開き直り力」こそ、非力な自分がひとり旅を続けられる最大の理由だと思っている。

すばらしい景色、音楽、アート以上に、それに向き合った時の感情、すれ違った人日のふとした表情、思いがけずに差し出された優しや親切の記憶がいつまでも心を去らないのは不思議なほどだ。

ひとりだから、そして旅をただ旅としてだけ味わえる年齢になれたこそだと、それができる人生の僥倖をしみじみと抱きしめつつ思う。

**** 引用ここまで ****

昨日、今日と立て続けにこの2冊を読み、私もできる!やってみたいと心から思えました。

そうそう、洋書の記録が滞っていたのですが、多読100冊めとなるアーチャー本を読了し、


さらには、101冊めとなるこの本で750万語超えました。


この本はいまでも122円で、お勧めです!

今は、↓を読んでいるのですが(現在32%あたり)、洋書を読むのが最近とみに楽しくなってきました。

関連記事

| 本の紹介 | 2018-11-11 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

初めまして。突然のコメント失礼いたします。英検1級2次試験を2回不合格になってしまった者です。独学での難しさを痛感していたところ、ぴあのさんのブログに辿り着きました。「英検1級の受験を通して英語力を高めたい」「自分の言葉で語りたい」というお言葉にとても共感します。ぴあのさんのブログを励みに頑張りたいと思います。普段、英語で話す機会が皆無の生活なので、やはり話す練習ができる機会を作る必要があると思い、オンライン英会話を考えようかと思っています。ぴあのさんは活用されているとのことですが、お薦めのところなどありましたら、教えていただけましたら、幸いです。オンライン英会話をやったことがなく、不躾にこんなことをお聞きして申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

| Mayu | 2018/11/14 10:58 | URL |

Mayuさん

初めまして。コメントありがとうございます。
私の英検1級受験のスタンスに共感して頂けて嬉しいです。

私はTOEIC900は何がなんでも取りたかったのですが、1級に関してははるかにそびえる富士山のような気高さで自分には到底登れないとずっと思っていました。

それだけに是が非でも合格したいという思いよりも、1級を目指すことで自分自身の英語力を伸ばしたい。1級を通してこれまでしてこなかったこと、(社会問題に目を向けるとか、論理的に書く、話すなど)に目を向け、英語を通して教養を深めたいという思いで受験を始めました。

なので、教材にあるエッセイを暗記したり、モデルスピーチを暗誦するといったやり方ではなく、遠回りになっても、自分で自分の思いを伝えるという方法でやってきました。

おそらくMayuさんも同じ思いの方なんだと思います。そういうスタンスであれば、やはりオンラインレッスンでも実際のスクールでも、やはり自分が書いたスピーチ原稿を添削してもらったり、本番形式でスピーチを聞いてもらい評価、アドバイス、そして質疑応答という流れでのレッスンは有効かと思います。

私はNative Campというスクールで、スピーチ、質疑応答の練習をしました。残念ながら1級面接について知っている先生が少なかったので、毎回のように先生たちに1級2字の形式を伝え、本番と同じように5つのトピックを提示してもらい、時間も1分測ってもらい2分スピーチするという形をとりました。

スクールとしては、A&A Englishがいいかと思います。そこのAlex先生は英検1級に精通していて、これまで何人もの生徒さんを合格に導いています。まずは体験レッスンを受けてもいいですし、初めてでご不安があれば、スクールを主宰している、あっこさんに問い合わせてもいいかと思います。

あっこさんとはブログを通して長い交流があり、実際にも何度かお会いしてるので、問い合わせる際は、私から紹介を受けたと名前を出してもらっても構いません。

これまで2回受けたということは、あと2回チャンスがありますね!ぜひぜひMayuさんなりのスタイルで進んでください。応援しています!!

| ぴあの | 2018/11/14 17:52 | URL | ≫ EDIT

ご丁寧なお返事をいただき、感激でした。ありがとうございます!
改めまして、私、中学生の息子と小学生の娘がいる40代です。
仕事との両立もあり、なかなか英語の勉強に没頭できてはいません。

「英検1級を目指すことで自分の英語力を伸ばしたい、英語を通して教養を深めたい」というぴあのさんの真摯な想いで努力される姿に頭が下がる思いでいます。

私はこれまでどちらかというと英語が専門でやってきたのですが、スピーキングが一番苦手かもしれません。だからこそ、英検1級の二次試験に向けて努力することで、その壁を乗り越えられたらと思っています。今回の不合格でかなり落ち込みましたが、もしギリギリでも受かってしまっていたりしたら、成長できないままだったと思いますし、ピアノさんにも出逢えていなかったと思うと、これで良かったのだと思いますし、感謝したいと思います。

これまで、孤独な独学でしたし、英検1級の学習に関しては相談できる人がいなかったので、ぴあのさんからお返事をいただいてとても嬉しかったです。頑張ろうと思います。
スクールもお勧めいただきまして、ありがとうございます。お言葉に甘えて、まずはあっこさんにお問合せさせていただこうかと思っています。

ぴあのさんのブログもこれからゆっくりと拝読させていただきたいと思っています。よろしければ、今後ともよろしくお願いいたします!

| Mayu | 2018/11/15 10:45 | URL |

Mayuさん

そんな風に喜んで頂いて私の方こそ嬉しいです!
小学生と中学生のお子さんがいて、かつお仕事も持っていての1級チャレンジ頭が下がります。

あの面接の独特の雰囲気、心臓が口から飛び出るぐらいの緊張感、やっとスピーチが終わったかと思うと次々に痛いところをついてくる質問。やっと終わったと思って出た結果がが不合格、、私も経験しましたが、なんともいえない敗北感というか、私は自分の人間性まで不合格になったような気がしたものです。。

私は4技能の中でスピーキングに一番自信があって、1回目の時は、とにかく1秒の沈黙もなくしゃべり倒したので、内心受かった!!と思い満足感でいっぱいでした。それが、、、不合格で、それも各項目とも自己採点より2点ずつぐらい低く、自分のおごりと自信過剰ぶりに冷や水を浴びせられたように思いました。

それだけに結果を受け入れるまでに2週間ぐらいかかりました。ちょうど1年前の今頃です。そしてそこからはとにかく真摯な気持ちで1から向き合うことにしました。

英検1級はただ話せればいいというのではなく、なんというか大人としての「品格」のある英語が求められると気づきました。「どうだ~~~」みたいに機関銃のように話すのではなく、相手の目を見て、反応を見ながら、きちんとポーズをとって話すという姿勢、論理的なポイントをついて話すということが大事だと思いました。

そこから2か月でかなり勉強しました。それだけに、2回目の挑戦で、自分でもこれ以上はない、これで落ちたら私はもうこれ以上のことはできないというパフォーマンスができ、単に合格という結果だけではなく、ショートスピーチも質疑応答も両方の項目で10点(満点)もらえ、つくづく、1回目でギリギリで合格せずよかったと思いました。

英検ってやはりその「過程に」大きな意味があるのだと思いました。あの2か月は私にとって本当に貴重な時間でした。

studyplusというSNSはご存知ですか?そこには真摯に英語学習をされてる方がいっぱいいらっしゃいます。やはり一人での孤独な勉強には限界があります。私もスタプラの仲間から大いなる刺激を受けました。

あっこさんには先ほど、「Mayuさんという方から問い合わせがあるかもしれないのでよろしくお願いします」と連絡を入れておきました。頑張ってください!

| ぴあの | 2018/11/15 18:17 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT