||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「伝説のヨガマスターが教えてくれた究極の生きる智恵」読了

長いタイトルですが、この本(笑)読みました。

伝説のヨガマスターが教えてくれた 究極の生きる智恵
伝説のヨガマスターが教えてくれた 究極の生きる智恵龍村 修 やました ひでこ

PHP研究所 2013-06-10
売り上げランキング : 12394


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


沖ヨガの道場で先生について長く修行されてきた方と、
断捨離で有名なやましたひでこさんの共著です。

各章で、同じテーマについて
二人がそれぞれの視点で書いています。

主に瀧村さんは教えそのものや概念について、
やましたさんは、それを断捨離の例などあげつつ
わかりやすく、書いていてストンストンと消化できていきます。

一番心に響いたのは、


「出し切る」ということかな?

この「出し切る」というのが、すごく大事で、
呼吸でもしっかり吐ききらないと入ってこない。

食事をとってもきちんと排泄することとか、
エネルギーも出し切らないとリラックスや休息がおとずれない。

疲れたからと身体を休めるのではなく、
力やエネルギーを出し惜しみせずに出し切る、やりきることで
たとえば深い眠りが訪れたり、リラックスしたりできる。

本著の中では、
「自分の力を最大限に出し尽くすことができれば、最大限にくつろぐことも同時に達成できます」と書かれていました。


そのほか、印象に残った文をこの本から引用します。

*****

・釈尊の時代から「怒り」は心の毒と教えられてきました。

・「部分即全体、全体即部分」
すべてのものごとの原因は、必ず目に見えることに表れている。

・ヨガ的な考え方を身に着けていくと今までバラバラにとらえていたものが自分の中で統合されてきます。そうすると細かい議論を戦わせる必要がなくなって、本当に大事なことだけが浮かび上がってきます。そういった体験を重ねると「自分軸」ができていきます。

・「生命即神」:生命という神をいかに喜ばせるか。

・「自分自身に訊く」つまり「ものごとの選択決断する力」が「人生を生きる力」になる

・「どうしたらいいのでしょうか」と周りに訊いてしまうのは、自分の大切な選択決断の範囲に他人が介入することを許してしまっている。

・とことん自分に訊く。人に左右されない自分を作っていく!

・自分に訊けば自由になれる。

・生死はどうにもできぬこと。ただし、健康は自分でどうにかできる領域なのだからそこは全力を尽くせ。

・潜在意識の中をきれいに保って、深いレベルの欲求を感知すること

・ヨガは声明を喜ばせる方法

・嫌悪感(他人の言動やものごとが自分の価値観とあわないから)は、すべて自分が感じ生み出している。

・嫌悪感があるときは、「これは自分の価値観を見直すきっかけになる」と瞑想で振り返り気付きを得る。

・人は私とは違う価値観で、そのひとなりの人生を歩んでいる

・「とらわれるな こだわるな はからうな」

・「はからう」とは、人のためによかれと思ってすること。それは実は私の期待どおりにしなさいということ。
⇒その人の選択決断の領域に不用意に踏み込んだりせず、その人が自由な意思で選択決断んできるよう距離をおくこと


読んでて、断捨離の「自分軸」とか、アドラーの「課題の分離」とか、共通するな~と思いました。


関連記事

| 本の紹介 | 2018-07-24 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

ぴあのさん、おひさしぶり~。ツイッターでは時々近況しってるけど(爆)

なかなかパソコンに向かってじーっとする時間がなくなってきたわ。。。ていうか、年々、自分の動作とか記憶に自信がなくなってきて、確認作業したりとか
息子の世話も負荷がかかってきて、家事が押すわけ。。。(汗)

てきぱきできなくなってきたで。。。

また思索の深い本読んでるわね~(笑)

最近、洋書も読まない日々が続いて、夏休みにはいり、もっとあかんわ(汗)
今日は息子の卒後の 日中生活施設の見学に。。

10歳くらいまでです。
といわれて17歳よ~(汗)

20歳の成人式のこと考えなあかんわ。。嬉しい反面、
自分の健康不安もあるし、
複雑ですわ。。。

てことでまたきます♪
おまごちゃん続きでこの夏は大忙しですね(爆)
お互いなんとかこの猛暑乗り切りましょう~!!!


| 大阪の主婦 | 2018/07/24 18:35 | URL |

大阪の主婦さん

コメントありがとう~~
昨日は平日休みで、娘&孫2号君も帰って久しぶりの一人時間、時計の音がカチカチと聞こえるような静けさにびっくり(笑)

で、なんかしみじみして、自分が病気になってからのこの4年8カ月の間に子供たちが二人とも結婚し、孫が3人になり、英検1級もとれ、TOEIC930、L満点も取れて、病気したことで人生開けてきたぞ~なんて感慨にふけってたわ。

そして、病気発覚から入院、手術のときの主婦さんとのやり取りメールをなぜか遡って読んでて、いかに支えてもらったか、ありがたいな~と思っていたところでした。

それだけにコメントが嬉しいわ!←前置き長すぎ(笑)
僕ちゃん、10歳までと言われながらも17歳、それもここ数年は体調本当に安定していて、いまや3泊とか4泊とかお泊りもできるようになって、これってひとえにすべて主婦さんの献身的な日々の賜物よね!!

とはいえ、この猛暑の中でのお世話、私なんかでは想像もつかない大変さがあると思うわ。3キロぐらいの新生児のお世話でさえも、お風呂入れたり、夜中も起きたりで悲鳴あげそうになる瞬間あったもの。

今、大学が両方とも学期末で試験やら成績だしやらで佳境です(笑)これが終われば夏休み!!!を楽しみに乗り切ります。

主婦さんも最近は病院での医療通訳とかもされてて、先輩からも刺激もらって益々、世界広げてますやん!輝いてるよね~。知らない世界が知ってる世界になっていくって嬉しいよね。

うちの留学生たちもしょっちゅう病院のお世話になってるから、主婦さんたちみたいな通訳の方々がいればどんなに助かるかと思うよ。

最近はSNSは短文が主流で(笑)、いかにタイムリー化というスピード感も大事みたいだけど、こうやってゆったりブログでコメントやりとりできるほうがやっぱり心が通じ合える気がするね。

夏バテしないように乗り切りましょう!
あれ?そういえば、主婦さん、受験生の母でもあるんだよね?(笑)主婦さんはガンガンいく教育ママと違って、子供の能力信じて見守ったり環境整えるタイプだろうから、娘ちゃんものびのび力が発揮できるんだと思うわ。

| ぴあの | 2018/07/24 18:54 | URL | ≫ EDIT

またまた返信(爆)
ぴあのさんとはネット上のおつきあいなんだけど、
なんだかそれぞれの人生を見てきたような気がするわ~。。(笑)

ほんと、ぴあのさんも大変なときがあったからこそ、今ゆったりと下気持ちで過ごせることのありがたさを痛感しますよね。。。

私も、バリバリ働いてる女性に比べたら微々たるものだけど

すこしづつ、社会とつながり、自分のやりがいや達成感を小さくても味わいたいなと思ってます。。

介護だけで終わる人生はどうしてもきついなと思うしね。次、親の介護はいってくるでしょ。この年代から。。。

娘の高校受験も塾任せなんだけど、やはり来年2月の私立受験、3月府立入試を考えると 受験パターンなど本格的に考えねばならず、
いろいろあるわ~(汗)

どうぞ、お互い健康で。人生日々楽しめますように(笑)

これだけ長いのは ツイッターで書けないよね(笑)
ではでは~♪

| 大阪の主婦 | 2018/07/25 16:37 | URL |

大阪の主婦さん

おはよう~
再度のコメントありがとう!
こちら学期末で、昨日は夜9時近くまで仕事してた~
試験の採点と評価、今日がB大は最後の授業なのでフィードバックもあるし、60点未満が2人出たので再試も作らねばとバタバタよ~

ほんと、まだ会ったことはないけど、主婦さんとは表でも裏でも(笑)いろいろ人生を語り合ってきたよね~。会ったことがないから、日常会う機会がないから却って話しやすい、聞いてもらいやすいこともいっぱいあって感謝してます。

日常に会う人だと、「大丈夫?」「がんばってね」とか励まされても、自分が本当に心身元気じゃないときはそういった言葉に反応し、返すだけの元気もなかったりするしね。

主婦さんが絶対に介護だけでは終われないと、自分を磨き(内外とわず 笑)、発信していく姿に、私のみならず多くの人が影響受けていると思います。

そうそう、例のAERAは見たくて書店も周り、大学図書館、地元私立図書館も行ったけど、結局どこにもおいてなくて、どんだけ田舎や~~~と嘆いたわ。それだけが心残り(笑)あのページ写メってメールで送って~~(笑)

受験は11月ごろまでは、結構平気なんだけど、やっぱりお正月が近づいたあたりから、体調管理のことやら手続きやら志望校の絞り込みやらで家族会議したり、郵便局や銀行行ったりと忙しくなってくるわ。

ただ、受験勉強の弊害が叫ばれている世の中だけど、やっぱり受験を通して身に着くことっていっぱいあるし、親子で家族で真剣に進路とか将来とか話し合うって機会がいやおうなくあって、自分が思ってる以上に子供がしっかりと自身のこと考えていることに感心したり、親それぞれが自分自身の人生振り返ったり、夫の意見に感心したりと、家族の歴史になったように思うわ。

と、朝から熱く語ってしまいました(笑)
では、B大最後の授業行ってきま~す。
すでに暑い。

| ぴあの | 2018/07/26 09:17 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT