||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英検1級面接レポ①スピーチ編

初挑戦の去年11月の面接でのスピーチは、短すぎたからか自己採点よりも2点低い点数で大ショックを受けましたが、今回は思いもしない10点満点をとることができましたので、私のスモールトークとスピーチについてここでシェアさせて頂きます。

面接官はとっても感じのよい日本人の紳士とネィティブの女性の二人でした。

最初のスモールトークでは、「あなたについて教えてください」と言われ、昨日~から京都に来て御所の前のホテルに1泊したこと。大学で留学生に日本語を教えてることなど話しました。

留学生は世界中から来てるの?
やはり一番難しいのは漢字か?
など聞かれました。

2時間も待って、すごくドキドキしていたのに教室前で待ってるときにヨガの腹式呼吸をしていたためか、教室に入ってからはとても落ち着いていて、面接官お二人もとても感じのいい反応をしてくださったので、リラックスできました。

〇トピックカード
1番目は覚えていません。
2番目は、「日本の大学教育は改革(reform)すべきか」でした。

3番目はSNS関係で、これまでレッスンでさんざんやってきたので2番目と迷いましたが、大学教育なら質疑応答でも答えやすいと思いこれにしました。

自己紹介でも大学で留学生に日本語を教えているということも話しておいたのでその点も併せてこれに決めようと思いました。

〇スピーチ
「日本の大学教育は改革すべきか?」


時代は変わってきています。過去の常識や経験は現代社会では必ずしもあてはまらなくなってきています。私は一大学教員として、大学は時代の変化に応じて変革すべきだと考えます。なぜ私がそう思うかについてこれから説明したいと思います。

第一に、今グローバル化が急速に進んでいます。このような環境において、大学はもっと英語教育を重視する必要があると考えます。(以下略)

第二に、これまでの講義中心の授業スタイルからディベートやディスカッションを主体とした論理的思考をcreateする授業スタイルに変えるべきだと思います。(以下略)

結論として、

In conclusion, と言ったところで時間切れ。ここで、「以上の意理由から大学は変革すべきだと思います」と突っ走って言ってしまいたかったのですが、「続けてください」とも言われてないので、そのまま、In conclusionでやめました。

結論は中途半端に終わりましたが、そこまでの序論、本論で自分の意見が言えたのでよかったのではと思うことにしました。

全体的に、相手の反応を見ながら落ち着いて話せたと思います。とにかく私にはこれ以上ないというお題で本当にラッキーでした。

以下略というのは何を話したかよく覚えておらず、序論と2つのポイントのみ記憶に残っています。振り返ってみて、結論まで完結はしてなかったものの、序論の中ではある意味結論的なことを話してるのでよかったのかもしれません。

しかし、まさかこのスピーチで10点満点がもらえるとは。。。

今回一番気を付けたのは話すスピードです。
前回は舞い上がって、一方的に畳みかけるような感じで話していたので、今回は聞き手の反応を見ながら、語り掛けるようにしっかりポーズをとって話しました。

次の質疑応答でも言えることですが、前回私は発音点がひどい点数だったのは、個々の発音というより、「聞きやすさ」を改善すべきだと考えました。日本語でも英語でもマシンガントークなので、聞き手は私が何を話してるかわかってない。つまり、聞き手を意識して話すことをしていないということに気づきました。

そこで参考にしたのが、平昌オリンピックでの選手たちのインタビューです。

質問に対する答える「間(ま)」や、ちゃんと聞かれたことに答えるという点で、これは日本語英語関係なく、大事なことだと思いました。また、聞き手が関係者じゃなくても理解できるようなスピードや語彙の選び方も大事だと思いました。

こういうひとりよがりの一方的な話し方からちゃんと言葉のキャッチボールを楽しめるようなコミュニケーションのしかたに気づかせてくれたのも、前回の不合格があればこそのことでした。

それだけに、スピーチ、質疑応答の満点はとっても嬉しいですし、発音が8点になったのもとっても嬉しかったです。次、質疑応答編に続きます。
関連記事

| 英検1級 | 2018-03-02 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT