||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英検1級面接形式を日本語の授業で取り入れてみた

2月の英検1級面接突破を目指して日々学習する中で、
これは、私が担当するB大の上級会話クラスでも
使えるのではないかと思い、

今学期からスピーチの授業をすることにし、
今日は第一回として、

「貧しい家庭の大学生への支援はもっと必要か」

というテーマで1分考えてもらい、
それぞれが2分スピーチという活動をしてみました。

ちなみにこのクラスの留学生は22人で
ほぼN1(日本語能力試験1級)合格か合格相当レベルです。

いや~もう、学生たちからでた意見(理由)の内容にびっくりしました。

一部紹介すると、


賛成(支援すべき)の理由
1.社会にとっての長期投資になる
2.いい社会を作るために教育の平等が必要
3.学生が勉強に集中できる環境が必要(経済的ストレスをなくす)
4.貧困の世代から世代への悪循環を断つ
5.貧しさが社会への嫌悪に結びつく
6.ハングリー精神で学習意欲が高い
7.いろいろな経験をしていて能力が高い

反対(支援すべきじゃない)の理由
1.一度社会で働き収入を得てから大学に入ればいい
2.勉強は大学以外でもできる
3.支援が無駄になるかもしれない
4.お金を得ると学習意欲が低下するかもしれない
5.本当に貧しいかどうかを判断するのが難しく偽証の可能性もある

これらの中からより論理的で説得力のある理由はどれかを全体で話し合い、2つめのテーマ(テロは撲滅できるか?)について3人でのグループワークにしました。

1人はタイムキーパーで、1人は発表者、もう一人は面接官で、発表者が終わるごとにフィードバックをし、順番に担当を回していきます。こちらもいろんな意見が出て活発な活動になりました。

老いては子に教えられではないですが、学生から教えられることが多く、今後スピーチ授業はシリーズ化し学期末口頭試験につなげていく予定なので、

こういう授業を大学の日本語の授業でするヒント、きっかけになっただけでも英検2次を受けた甲斐がありました。

授業後、ひとりの学生が、私のところに来て、黒板に以下のようなことを書き、

20670970.jpg


「先生、社会問題を考えるときは、経済、政治(政策、政府)、個人、団体の4つをリンクして考えると全体像が明確になると思います。面接官は1つ1つの深い知識ではなく、社会全体として見る広い視点での関連性のある意見を求めてるのではないでしょうか?」と。

優秀な学生たちに囲まれ、私は幸せです。

留学生たちがグループ活動で、1分の準備時間で日本語でスピーチしてる姿に熱いものがこみあげてきて、私もがんばろうと思いました。
関連記事

| 日本語講師 | 2017-12-04 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

いや~ぴあのさんの生徒もすごいけど、ぴあのさんの授業展開の工夫もすごいね!!!
さすがやわ~。

その日本語N1レベルというので思い出したが、
今月から参加する国際交流協会の翻訳で、英訳と、やさしい日本語に直す作業があってね。

その日本語のレベルが N4-5にする

ていうてた。。。全くそういう知識ないわ(汗)先輩方に聞いて、みんなで検討しながらやるらしいけど、

ここにきて、日本語にも精通しなあかんかったか!みたいな(爆)

英検二次対策、日々忙しい中、がんばってると思うけど、
どうぞお体に気をつけて♪

またきます~♪

| 大阪の主婦 | 2017/12/04 22:05 | URL |

大阪の主婦さん

主婦さん、こんばんは~
主婦さん、どんどん活躍の場を広げていて、あのおしゃれな赤いストールでのファッションもあいまって、輝いていてとってもまぶしいです!!

日本語能力試験は、昔は1級、2級、3級~というような分け方だったんですが、数年前に改編があって、N1からN5までにレベル設定されました。

各級の目安はこんな感じです↓
http://www.jlpt.jp/about/levelsummary.html

私は能力試験対策では長年N1の聴解対策をしてきましたが、A大学では初級レベルも教えているので、難しい日本語をN4やN5レベルの日本語に通訳?するのも得意です。

特に関西では阪神大震災があった後、外国人のために災害時や避難のための日本語を「やさしい日本語」にする必要があると聞いたことがあります。主婦さんが今後担う中では、語彙はもちろん、文型など、ぜひぜひ日本語初級者にもわかるような日本語での対応ができれば学習者にとっても大きな助けになると思います。

もし、参考にということであれば、スリーエーネットワークから出ている、「みんなの日本語」ⅠとⅡを初級前半、後半の目安にされるといいと思います。

主婦さん、よかったら今後のためにも、以前あっこさんも取得された「日本語教育能力検定試験」を視野に入れるのもいいかと思いますよ。

http://www.jees.or.jp/jltct/

私は2月の1級2次に向けて、発音とスピーチに特化して日々邁進してます。知らないことがいっぱいで、私って、よくもいままでこんなにも何も知らないで生きてきたもんだと、あきれてます(笑)

でも、こうして2次に落ちたおかげで根本から見直し、授業にも活用でき、落ちた経験を最大限にいかしてるので、結構たくましいかな~と(笑)

こちら、実は身辺にいろいろあって、来年は激動の年になりそうです(汗

| ぴあの | 2017/12/04 22:22 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT