||| admin || NewEntry |||
FC2ブログ

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なぜ落ちたのか?英検1級2次

火曜に英検1級2次不合格を知ってから

いったい何が悪かったのか?
なぜ落ちたのか?

そこをずっと考え続けてきた。
それがすっきりしないと前に進めないと思ったから。

2次についての準備期間は10日
できることは限られていた。

でも、多くの人から
とにかく沈黙なく喋りとおせば大丈夫!

専門家じゃないのだから、
面接官のどんな質問にも持論を展開し
コミュニケーションができれば大丈夫!

そんな意見を聞き、
とにかく今回は自分の英語力でいけるところまでいこうと思っていた。

そして、本番、持てる力を振り絞って
1秒の沈黙もな喋り倒した。

が、
落ちた。

なぜだ?
どうして???

スタプラでの多くのコメントを総合すると、
きっと、喋れてはいても、
「英検が求める英語」ではなかったのだと思った。

そんなとき、


4~5年レギュラーで習ってた先生が
私の今回の結果を知り、
好意でレッスンしてくれました。

私が今回面接で選んだテーマは「言論の自由」で、
賛成の立場で論じました。

質疑応答の最初の2問は、
・言論の自由に賛成であればヘイトスピーチも承認するのか?
・ネット上の匿名による無責任な意見も言論の自由に賛成の立場にたてば肯定するのか?

という質問でした。
今日のレッスンでは、私がしたスピーチと
最初の2問の質疑応答を再現し、それに対するフィードバックをしてもらいました。

先生から言われたのは、

・流暢さ、スピードは相変わらずすごい
・文法、語彙、アイディアもOK
・発音は日本人に共通の問題はあるが、全体的には大きな問題はない

という前提で問題点、改善点としては、

・話すときにポーズをとるといい(私はダダダ~とマシンガンのように話す)、抑揚や強弱などを付けることで説得力もまし、与える印象もよくなる→やっぱり音読、シャドーイング等で英語のリズムを学ぶことが大事ですね!

・スピーチやQAではもっと深く掘り下げたほうがいい。また引用する具体例は自分自身のことなど狭い範囲や推測(たぶん~なるだろう)ではなく、もっと視野を広くしてreal happning(実際に起こっていること)を取り入れた方がインパクトがある。たとえば、ヘイトスピーチなら日本における在日韓国人へのもの、言論の自由に言及するときは日本のような民主主義国家におけるものと中国での現状などを比較してもよかったのでは。特に日々留学生から得てる知識をここで使わないのはもったいなかった。

・今回のテーマだと、言論の自由におけるresponsibilityやlimitationなどのキーワードで言及することも必要だったのでは。

・最初のスモールトークは内容はよかったが、あまりにそれが流暢によどみなくできたがために、厳しい質問がきたのではないか?彼女の他の英検1級受験者はこれほどタフな質問を受けてる人はこれまで聞いたことがない。

・スピーチは時間を気にしすぎていた。無難にまとめて浅い内容で結論まで言い切るよりは、たとえ途中で時間オーバーで切られ結論に達してなくてもそこまでに十分なstatementが述べられていれば大きなマイナスにはならないのでは?

・何より、5つのトピックが理解できないほど緊張が問題。Don't panic!(笑)

などの指摘を受けました。レッスン後には、Thank You Piano san. It would be my pleasure to help you and hope you won't be discourage just based on the results. Keep going and do your best all the time.というメッセージまできて感謝感激。

大学の同僚や仲良しの准教授の先生も
私の今回の結果に一緒に衝撃を受けてくれて、
昨日は、一緒に原因を分析したのですが、

今日得たこのフィードバックを昨日一緒に反省会をした准教授とシェアしました。

さらに、別のこんどは男性講師に
日本語でではあるけど、
同じテーマでのスピーチと質疑応答最初の2問をしてもらいました。

さすが!!!と思える内容ですごく刺激を受けました。
特に2問目の関しての彼の答えは、うなるほど見事でした!

やっと納得がいった。
自分の足りないところ、
なぜ落ちたかがわかりました。
と同時に何をすべきかも。

そして、知的教養ゲーム感覚で、
楽しんで次に向かえそうな気もしてきました。

まわりの先生たちも
2月まで一緒に考えてくれるといい、
本当にありがたいです。

4技能の中では一番スピーキングができるという
おごり、慢心がありました。

ふだんの力が出せれば
受かるだろうという甘えがありました。

次回、2月に向け
やっと前向きにまた頑張ろうという気持ちになれました。

この環境と
周りの支え、サポートに心から感謝です。
関連記事

| 英検1級 | 2017-11-16 | comments:6 | TOP↑

COMMENT

すごーーーーーーーーー。

そんな流ちょうにしゃっべてもあかんのん。。。
なんか新形式になって、
二次合格のハードルがあがったとは聞いたけど。。。

私のしゃべって合格したネタなんてほんと、そこらへんのおばちゃんみたいな話やってんけどね。。。(汗)

次回はきっと受かるようなそんなきがする(笑)

ぴあのさん、がんばれ~!!

| 大阪の主婦 | 2017/11/17 21:07 | URL |

大阪の主婦さん

コメントありがとうございます。

昨日、英検から結果の詳細レポートが届いたけど、見て愕然としたわ。。。発音がびっくりするほど低かったv-40

どうも去年からの新形式(採点法)になってから、1次は受かりやすくなったけど、2次は厳しくなったみたいで、ただ喋ればいいというものではないみたい。。。

これじゃあ、次も厳しいなあと。。
残り3回かけてやるつもりでと、これまで殆どやってなかった音読やシャドーイングで英語のリズムなどもちゃんと身に着けないといけないなと実感した次第。

ポジティブにとられば、こういうことでもなければ発音に向き合おうという気にはなれなかったので、「ただ(適当に)話せればいい」というと意識を改革する機会をもらったと考えることにします。

ということで、修行の道は続きます。
あ~あ、またあれ受けるのか~(笑)

ではでは、よい週末を!!

| ぴあの | 2017/11/18 09:02 | URL | ≫ EDIT

1級2次は『相性』という要素もあり得るのでは?

通りがかりの者です。

経験上、英検1級の2次試験は、1) トピック、2)面接官、
それぞれとの相性という要素も大きいのではないかと感じています。

私の場合、2次試験の試験中に既に
「この面接官、なんか話が合わないな」と感じていて、
案の定、落ちました。

面接官も人間なので、そういう心理的な要素も無関係とは言えないはずです。

しかし、1次試験を合格している段階で、
一定以上の英語力があることは十分に証明されているので、
今回に限っては「相性が合わなかった」ということで区切りを付け、
後ろを向くのではなく、次回に向けて前向きに進めば
次こそは合格されるだろうと想像します。

私もそのように切り替えた上で、改めて対策を講じた結果、
2回目にリベンジできました。

参考にしていただけると幸いです。駄文を失礼しました。

| 通りがかりの者 | 2017/11/19 17:54 | URL | ≫ EDIT

通りがかりの者さん

コメントありがとうございました。
お気遣い頂き感謝申し上げます。

面接官はネィティブと日本人(60代ぐらい)の男性二人だったのですが、初めからネィティブの方は穏やかで好意的な笑顔や反応があったのですが、日本人の面接官は反応もなく、なんだかとっても緊張してしまいました。

内訳をみると、ショートスピーチと発音のスコアが予想よりかなり低い点数でした。私は時間オーバーになってスピーチが途中で打ち切られると精神的ダメージが大きいと思い、理由も二つにしてしかも緊張からくる早口で話したので、おそらく1分30秒かそれよりも短かったのが大きな原因かと思っています。

次回に向けて、いわゆる対策本にて面接で使える表現の強化と、発音対策をそれぞれ1冊ずつ本を買い、学習をスタートさせました。そういう意味ではこれまできちんと向き合ってこなかったことをこの機会に初心に戻って学習できる機会をもらったと前向きにとらえることができました。

自分の中に、「この程度話せれば合格できるだろう?」みたいなおごりや慢心もあったと思いますので、次は面接官の人にもちゃんと認めてもらえるように準備して臨もうと思います。

アドバイスありがとうございました。

| ぴあの | 2017/11/19 18:58 | URL | ≫ EDIT

2次試験体験談

ぴあのさん、お邪魔いたします。
2次試験発表後しばらく経ってからブログの記事を拝見し、その際はコメントを残さずに失礼してしまいました。
ぴあのさんのブログを拝見し「スピーキングが他技能と比べて好き」という(私もそうです)印象を勝手にもっていましたので、今回の結果には私も驚きました。
他の方も書かれていらっしゃるように、トピックとの相性、面接官との相性、現場の雰囲気が関わっていることで、ぴあのさんのスピーキング力は十分に合格を勝ち取るレベルにあると、、、、お話したこともないくせに何故か自信たっぷりに宣言できます。

対策についておきくださっていました。少々長くなりますが軽くご一読ください。
私は1次試験で「やってしまった」と思ったので、対策は合格発表があってから始めました。ライティングで書き溜めた原稿がかなり役に立ちました。
勉強法は、ぴあのさんの勉強法とほぼ同じだと思います。2分はかってのスピーチ、これをひたすら繰り返しました。

当日についてのアドバイスなんですが、ぴあのさんは面接何番目でいらっしゃいましたか?
私は1番目に受けました。待機する部屋で3番目だったのですが、部屋が3部屋ほどあったらしく、トップバッターでした。
トップバッターでよかった点は「緊張する時間がなかった」ことです。待ち疲れなかったのは、精神的にかなり良かったと思います。

最近はインターネット(ブログやら何やら)から遠ざかってしまい、こうしてタイピングするのも本当に久しぶりです。

ネット検索してみたら、私の体験談よりもっと中身の濃いブログを見つけました。
ご存知かもしれませんが、参考までにリンクを貼らせていただきます。

http://ken-channel.com/archives/661553.html

英検1級についての分析など、うんうん成程と頷きながら読みました。

面接の練習を重ねることで、今以上にスピーキング力がアップされることと思います。
あの独特の雰囲気、私はとてもはまってしまったのですが、、、あの筆記試験にまた合格するのはとんでもない大仕事のような気がして、このままだらけてしまいそうです。
努力を怠らないぴあのさんのご活躍、遠くから応援しております。
ぜひ吉報を聞かせてください!
楽しみにまたお邪魔させていただきます。

長文失礼いたしました。

| Emi | 2017/11/21 18:41 | URL | ≫ EDIT

Emiさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
先ほど、2次面接の詳細レポを4回に分けてアップしましたので、よければお気づきの点などありましたらまたご意見いただけたら嬉しいです。

私は14時集合で、受付開始は13時10分でした。受付開始前から並んでいたので、一番最初だったのですが、控室から面接の教室に移動したときには、私の前には12時50分集合組の方がいらっしゃいました。

なので、面接官は午後の12時50分集合組から14時集合組まで休みなしでされていたのかなと思います。

私自身、長い間、4技能の中ではスピーキングがいちばん好き&得意だと思っていただけに今回の結果にはかなりのダメージがありました。が、心のどこかでいつも、こんなスピーキングではいけない。ちゃんと基本に立ち返ったスピーキング力をつけないといけないとも感じていました。

そういう意味では、今回の不合格という結果が、基本に立ち返りスピーキングを見直すきっかけになっているとも思っています。

次回に向けてはすでに、「英検1級面接大特訓」「英語耳」の2冊を中心としたスピーキング力と発音の強化、さらにはオンラインレッスンを利用してのコミュニケーション力のアップにつとめています。

私にとって1次合格はまさに奇跡なので、1次免除の間に2次合格をすべくがんばっていきたいと思っています。

| ぴあの | 2017/11/21 21:40 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT