||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

忘れてもいい、むしろ忘れた方がいい

先週のRonとのレッスンでTIMEのおもしろい記事を読みました。

Why Your Bad Memory Can be a Good Thing, According to Science

どうでもいい詳細までいつまでも覚えていて、
家族、友人、同僚からも記憶力がすごすぎると言われ続けてる私にとってこれは衝撃的な記事でした。

1級語彙などは覚えようとしても覚えられないのですが、
人との会話、出来事、経験などに関しては、
いつも、異常な記憶力だと驚かれてきました。

自分でその理由を考えてみると、
2つのことに思い当たりました。


1つは、家庭環境です。
小さいころから我が家では夕食時、その他、会話の中で誰かがたとえ些細なことでも忘れていると、ひどくバカにされました。

忘れることは恥ずかしいこと
忘れることは叱られること
忘れることは責められること

という感覚が知らず知らずのうちにしみつき、
いつのまにか、忘れることを恐れながら暮らしてきたように思います。

2つ目は自分の存在証明です。
記憶力、特に日付や出来事詳細をよく覚えてるため、
「人間カレンダー」と呼ばれることがよくありました(苦笑)

「よくそんなこと覚えてるね」
「すごいわ、その記憶力」

そう言われることが、
自分の中ではまるで褒められてる錯覚がありました。

自己評価が低く、コンプレックスの固まりだった(←あえて過去形)私にとって、「記憶力」というのは唯一の自分の能力(?)を証明できるもので、どこかそれが自分の存在を証明できるように感じてきました。

特に、周り中そうそうたる高学歴の職場においても、
記憶力だけは一目も二目もおかれていました(と、感じていました)。

時としてそれはコンプレックスにさいなまれそうな状況の中でも、そこだけは自分でも自信が持てるものでした。

それだけにこの記事は衝撃でした。

忘れてもいいのです。
むしろ忘れた方がいいのです。

以下、いくつかの英文を記事から引用します。

、~that forgetting things is not just normal, it actually makes us smarter.

え?忘れるって普通のことなの?そしてそれが我々をsmarterにするの?!

~that the goal of memory is not to transmit the most accurate information over time. Rather, they say, it's to optimize(最適化する) intelligent decision-making by holding onto what's important and letting go of what's not.

記憶のゴールって、そうだったんだ・・・

as new brain cells are formed in the hippocampus(海馬)those new connections overwrite old memories and make them harder to access.

ということは、いつまでもなんでも覚えてると、脳は海馬は上書きされず、容量がなくなるのか・・

Our brains also help us forget specifics about past events while still remembering the big picture, which the researchers think gives us the ability to generalize previous experiences and better apply them to current situations.

私はむしろ反対に、枝葉的なことまで事細かに覚えていても、big picture(全体像)がみえてなかった。

“cleaning out” your memory system on a regular basis by doing regular gym workouts." (中略) “but they’re exactly those details from your life that don’t actually matter, and that may be keeping you from making good decisions.”

これが結論部分です。

そうか・・・そうだったのか・・・
だから私は決断するのにすごく時間がかかり、優柔不断だったのか。

忘れてもいいんだ。。

Ronとのディスカッションでは、私は忘れるためには、自分で自分に「忘れてもいい」という「許可」を与えないとできないみたいところがあったというと、

「ぴあのは、無意識に記憶し、忘れるのは意識的にしないといけなかったんだね」

と言われました。

もう、どうでもいい細かなことや、ネットで調べればすぐにわかること、そんなことは覚える必要ないですよね。

むしろ、big pictureつまり、全体を俯瞰してとらえておけば、賢い決断ができるだと思います。

忘れてもいい
忘れればいい

そして、「え?忘れたの?」と言われれば、「うん、忘れた」と言ってもいいのです。

私は何を恐れていたのでしょうね。
別記事にしますが、最近、心屋さんのポッドキャストを聞くようになり、

今日はこの本、読了しました。

ゲスな女が、愛される。-あっという間に思い通りの恋愛ができる!
ゲスな女が、愛される。-あっという間に思い通りの恋愛ができる!心屋 仁之助

廣済堂出版 2015-08-13
売り上げランキング : 6995


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


一見、恋愛指南書のように見えますが、
がまんせずに楽に生きていくコツが満載でした。

できない自分
わからない自分
覚えてない自分

そんな自分でもいいのだと思いました。
また、改めてこの本の感想、記事にします。
関連記事

| 英文記事 | 2017-08-21 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT