||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

白無垢と色打掛で前撮り終了

梅雨のあいまを縫って娘の前撮りが無事終わりました。

娘は、結婚式&披露宴では洋装で
白とカラードレスを着ることになっているので、

前撮りは和装で、
白無垢、綿帽子、色打掛で撮ることにしました。

この日は、私も夫も仕事を休み、
1月に交通事故にあった母もリハビリをがんばり、
無時、娘の晴れ姿を見ることができました。

写真 2017-06-29 14 12 27

髪飾りは、
お婿さんのお母様が作ってくださいました。

以前、お花屋さんで働いていて、


アレンジメントをされていたそうで、
結婚式当日のブーケも作ってくれるそうです。

さて、前撮りは、
まずはフォトスタジオで着付け、白無垢でスタートです。

写真 2017-06-30 8 53 54

通りかかった方々からも、

「きれい~」
「おめでとう~」
「congratulation!」

と言われ、幸せいっぱいの私たち。
ここで、新郎さんのご両親も合流されました。

娘を見た瞬間に、お父様が、

「うわぁ。。にゃるちゃん、きれい・・・」

と、まるで実の娘を見るような
慈しみのある笑顔で目を細めていらしたのが
とっても嬉しかったです。

お母様は白無垢用の髪飾りから
色打掛用にアレンジしなおしてくださり、
華やかなものになりました。

その間に、娘は綿帽子をかぶせて頂きました。

その姿に、、、、
私も、
母も、

胸にぐっとくるものがあり、
必死に涙をこらえました。

写真 2017-06-30 8 45 19

色打掛になると、
急にぱ~っとお花が咲いたようで、
娘の笑顔も満開に。

新郎さんと、
紙風船を飛ばしポーズをとります。

写真 2017-06-29 14 16 04

くぅ~~~~
本当は二人の晴れ姿、
正面向いててくっきり映ってるのを
お見せしたいのですが、

ま、このあたりが限界ということで(笑)

次のロケ地でも、
いろんな観光客の人から声をかけてもらい、

モデルさん?
雑誌の取材ですか?
どの雑誌に載るんですか?

いえいえ、娘です。
9月に結婚するんです。

なんて言いながらも、
嬉しくて舞い上がる私(笑)

外国人もカメラを向けたりするので、
そこで、私、職業病で(笑)

しなくてもいいのに、
英語で、日本の和装について説明(笑)

イスラエルからや
イタリアからの方が熱心に聞いてくれて、
たくさん写真を撮っていかれました。

新郎さんのお宅にホームステイしてる
アメリカからの留学生も途中で合流して
一緒に写真を。

たくさんの方にいっぱい祝ってもらい、
幸せな1日でした。

私、夫、そしてスタッフさんが娘のiPhoneで
何と全部で400枚の写真!!

いい思い出になりました。

PS:
Fried Green Tomatoes今朝読了しました。
映画にもなかった500ページを超える大作で、
アメリカ南部のいろいろな人間模様を描いた素敵な本でした。

Fried Green Tomatoes at the Whistle Stop Cafe: A Novel
Fried Green Tomatoes at the Whistle Stop Cafe: A NovelFannie Flagg

Ballantine Books 2016-09-27
売り上げランキング : 36388


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事

| 娘の結婚 | 2017-07-01 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

本当に美しいです!

では、もう1度コメントさせて頂きます。どのお写真もそれぞれ違った雰囲気でいやはや本当に素敵です!必死のパッチで写真を大きくして「お顔お顔、あともうちょっと~」と絶叫しながら見てました。でも可愛くて美しいのはじゅうぶん分かりましたよ。雑誌の撮影と間違われても、ほんとおかしくないです。綿帽子はなんなんでしょうね、胸にぐっときますよね。それから、ぴあのさんが外国の方々に英語で説明されてる姿を想像して微笑ましくて顔がほころびました。皆さんきっと「この花嫁さんのお母さんは英語ができて凄い」と思われた事でしょう。
お式は9月でしたか?ぴあのさんのお父さんもお母さんも元気に出席されますように。では良いお写真見せて頂きこちらも嬉しい気持ちになりました。ありがとうございました。

| お米ぱん | 2017/07/01 21:28 | URL |

お米ぱんさん

丁寧に見て頂きありがとうございます。
本当ならもっとはっきりわかる写真をUPしたいところなのですが、ブログなのであえて、ぼんやりとした、でも雰囲気が伝わりそうな写真をUPしました。

外国の方々はやはり日本の着物に興味があるようで、自然に人垣ができていました。で、私はやはり、日本語講師という仕事柄、どこか、「日本の伝統文化を伝えねば!!」みたいな使命感があって、ついつい英語であれこれ説明をしてしまっていました。

今年になって、母が交通事故で1月、2月、そして父が肺膿瘍で4月、5月と入院が続きましたが、ふたりとも娘の結婚式をとても楽しみにしてくれていて、それがリハビリや回復の源になっているようなので、どうかこのまま無事9月の式&披露宴に出席してくれればなあと祈るような気持ちです。

綿帽子はやはり、厳粛な感じで、日本の持つ伝統美というか、胸に迫るものがありました。私の思いを、共に感じて頂き、とても嬉しいです。ありがとうございました。

| ぴあの | 2017/07/01 21:54 | URL | ≫ EDIT

はじめまして。偶然こちらのブログを見つけました。
娘さん、おめでとうございます。こんな素敵な写真を撮れることお幸せですね。本当に雑誌のグラビアみたいでステキです。観光客の方たちもラッキーでしたね。洋装もラクでお姫様気分を味わえますが、綿帽子いいですよね。厳かな気持ちになります。

私もフライド・グリーン・トマトの映画を見てしばらくしてから原書を読みました。南部の英語が多少でてきましたが、映画とはまた違った展開で楽しめました。

| 人見知り | 2017/07/07 17:18 | URL | ≫ EDIT

人見知りさん

初めまして。温かいコメントありがとうございました。
結婚式では白とカラーのドレスで洋装なので、前撮りは和装にしたようです。

初めは白無垢に洋髪でしたが、旧家に移動した際に綿帽子をかぶせて頂きました。おっしゃるように、とってもおごそかで、娘の姿を見た瞬間、胸にぐっとこみあげてくるものがありました。

人見知りさんもフライドグリーントマト、映画も原書もご覧になったんですね!私が映画を見たのはもう20年以上前でほとんど覚えていなかったからか、原書は結構苦労しました。

その前にThe Helpを読み、南部なまりはそうでもなかったのですが、登場人物の多さと時代が行ったり来たりして話の展開がよくわからず、途中挫折しそうになりながらもなんとか読了しました。

人見知りさんも洋書を楽しまれているのですね。これまで読まれた本でおすすめなどありましたら是非教えてください。

これからもよろしくお願いします。

| ぴあの | 2017/07/07 18:05 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT