||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

母が交通事故に

遅くなりましたが、
みなさま、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昨年末は嬉しいことが続き、
年があけても、

ミニどら君は無事、
どらみちゃんの里帰り先から
横浜に戻り、3人家族での新生活が始まり、

娘も彼のお宅を訪問し、
ご両親から温かく迎えられ、
来月、両家顔合わせの日程も決まり、

私達は夫婦で、
「君の名は。」の聖地巡礼旅行を楽しみ、

と、いいことづくめだったのですが、


昨日の夕方、
母が交通事故にあいました。

横断歩道を歩いていたのに、
車にはねられたのです。

呆然とする加害者さんを前に、
後続車や対向車の方々もすぐにかけつけてくれて、
母をみんなで歩道へと抱えて運んでくれ、

後ろの車の方が、
救急車を呼んでくれて、
病院へと搬送されました。

頭部打撲
膝打撲

私が病院へかけつけると、
たまたま病院近くで新居探しをしていた
娘と婚約者が先に到着していて、
母に付き添ってくれていました。

83歳の父も、
気丈に警察等に対応していました。

主治医の先生からの説明は、
娘の婚約者も含め、みんなで聞き、
一番冷静な彼もまじえ今後について話し合いました。

その後、かけつけてくれた夫は、
先方の保険会社の対応をしてくれて、
家族総力線です。

加害者のご主人、
警察の事情徴収が終わった本人は

申し訳ありません
と、ずっと頭を下げ、

私達もみんな車を運転する身、
一歩間違えれば反対の立場にもなりうるので
そう責めることはできません。

それでも、大事な大事な母です。
つい、このまえの大晦日も郷土料理いっぱい作って
みんなをもてなしてくれていた元気な母が、

ベッドで横たわり、
痛い痛いと、
歩くことはもちろん、座ることもできません。

頭も打っているだけに
今後も心配です。

こうなると、
もはや、

英語学習どころではありません。

つくづく、
英語は自分のみならず
家族の健康があってのことだと思い知らされます。

母が入院イコール、
父が一人暮らしになるわけで、

父は去年、運転免許も返納しているので
車も運転できません。

食事のサポートも必要です。

一瞬にして、
いろんなことが変わってしまいました。

母には、3月に帰省するどらむの息子、
母にとっての初曾孫との対面をさせてあげたい。
抱かせてあげたい。

にゃるの花嫁姿を見せてあげたい。
はたからみると、80歳のおばあさんかもしれないけど、
私達にとっては大事な大事な家族です。

去年の後半位から、
不思議と何十年も抱えていた
母に対する葛藤が少しずつ薄れ、

それどころか、
私が娘を嫁がせるという立場になり、

自分がこれまでしてもらったこと、
特に婚礼の支度を思い返すと、

もう、
感謝しかなく、

これから、
今までの分を取り返すつもり

大事にしたい。
一緒にいたい。

やっと、
やっと、

そう思えた。
そんな矢先の出来事でした。

仕事は休めませんが、
それ以外の時間は、

これまでの贖罪というと
大げさかもしれませんが、

できるだけのことを
母と父にしたいと思っています。

どうかどうか、
単なる打撲ですみ、

元のように、
自分の足で歩き、

多少、憎まれ口をたたいてでも
元気な母になって欲しい。

ただただ、そう願うばかりです。
関連記事

| 母と娘の葛藤 | 2017-01-08 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT