||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

4年生になりました!

3年前の11月26日に手術をしました。
それ以来、毎年11月はフルコースでの検査の日々。

あ~今日は病気を宣告された日
今日は診断が確定した日
今日は上司に告げ、涙ぐまれた日
今日は入院した日

家族が帰った後の個室で手術の不安に耐えた日
手術前日に担当ナースの言葉に涙した日
両親、夫、娘、兄、兄嫁に見守られ手術した日

術後の痛みに耐えながら
点滴棒を持って初めてトイレに行った日

などなど。
11月は、紅葉が美しければ美しいほど、
悲しいほど美しさが目に沁み、

辛い思い出がいっきに蘇り、
苦しかった過去と
あるかわからない未来への不安で
胸がつぶれるような

そんな月でした。
11月は。
3年前から。

それが、
今年は一変。

まるで、オセロゲームで
黒から一気に白に塗り替えられるように

その11月が
ミニどら君の誕生とともに、
愛と希望と優しさに満ち溢れた月になりました。

14266165.jpg

だってね~
こんな目で見つめられるんですもの。

生れてまだ2週間足らず。
無垢な瞳をきらきら輝かせて
小さな手足をバタバタさせて

大きく伸びて
ミルクを飲んで
泣いて
笑って
あくびして

生きてる

そんな、小さな命。
私と夫から始まった家族のバトンが
息子、娘、
そして、

どらみちゃん
ミニどらくん

さらには、婚約間近な
娘のカレシさん

と、私達の家族の輪が
どんどん大きくなっているのです。

息子たちは子供は3人欲しいんだそう。
今回、最終候補で敗れた名前は
「次男」に残してあるんだとか(笑)

娘からは、
まだ婚約も結婚もしていないのに
すでに、里帰り出産のときはよろしくと、
頼まれています(笑)

3年前、
消えかかった命が
息を吹き返し、

1日1日が積み重なり
1週間1週間が1か月、2か月となり
1年が1年半、2年、3年となり

ここまできました。
あと2年で卒業を迎えるその日まで、
そして卒業を迎えたあとからも、

こうして
家族で笑ったり
慈しみ合ったり

なにげない日常を大事にしながら
丁寧に心豊かに暮らしていけたらなあと思います。

来年の両大学での仕事もすでに決まっています。
アーチャー本の最終巻である第7巻も読み始めました。

CxYwkChUsAAGAPj_20161128230343493.jpg

病気をする前の人生は
いつも忙しすぎて、
なんだか偉そうで

自分へのコンプレックスの裏返しで
背伸びをしては自分をよく見せたいと思っていた。

病気を得て、
忘れていた大事なことや
見えなくなっていた周り、

ありふれた風景の中にある
空の青さとか
空気の心地よさとか
野花の美しさが

目に入り
肌で感じ、
幸福感を味わえるようになった。

病気になったことは
辛かったし、
周りにもいっぱい心配もかけたけど、

それでも、
もし選べるとしても
病気ごとの今の人生、生活、私の方が好き。

まだまだ、安心はできないし、
ここで気を緩めることもできないけど、

3年たったことが
ちょっぴり自信になり、

もしかしたら、
うまくいけば、

私の人生、
年単位じゃなく、
5年単位、10年単位で
未来を考えてもいいのかも。

60代はもちろん、
70代だって
80代だってあるかも!

なんてったって
負けず嫌いの私が、
平均寿命を大幅前にして、
あまりに不本意だし悔しいと思ってたんだよね(笑)

何より、
親よりは前にはね、
絶対にね、
そんな親不孝はしたくないもの。

検査の日、
朝起きたら、テーブルに1枚のメモ用紙があって

「今日は絶対に大丈夫!
ミニどら君もついてるよ!」

と、夫からのメッセージが。
メモの上にはお菓子も(笑)

子どもたちが巣立った今、
これからは夫婦での時間だものね。

明日からもまた、
1日1日を大事に丁寧に暮らしていきたい。

ミニどら君、11月を希望の月に変えてくれてありがとう。
どらむ、どらみちゃん、私をおばあちゃんにしてくれてありがとう。

私の人生、まだまだこれからです!
関連記事

| 健康生活 | 2016-11-28 | comments:5 | TOP↑

COMMENT

やっときました。読んでたけどコメント入れるとこまで行ってなかった(爆)

ぴあのさん、4年生おめでとう。本人にしかわからないつらさとか覚悟があるだろうし、家族に支えられ、孫にささえられ(笑)
日々元気にすごせてるぴあのさんを
北大阪の空より応援しています!!!!(笑)

こちら。。。忘年会の準備雑務に追われています(汗)英語がほったらかしに。。。。(汗)

| 大阪の主婦 | 2016/11/30 20:50 | URL |

大阪の主婦さん

ありがとう。ありがとう。
この3年間は、常に心の中で「覚悟」を持って生きてきました。いつ、どこでゲームオーバーになるかわからない。だからこそ、日々を楽しもうと、1日1日、瞬間、瞬間、私なりの覚悟を持って暮らしてきました。

主婦さんには病気発覚当時から支えてもらい、主婦さんの書いてくれる言葉や1文に大きな力をもらい、本当に感謝しています。

3年前の今頃はまだたくさんの管につながれての入院中で、自分の命の期限がいつ尽きるか、そんな不安と恐怖と、それでもなんとか生き延びてやる!!というふり絞るような気概、日々戦っていました。

あれから3年、まさか自分の孫をこの腕で抱くことができるなんて、夢にも思いませんでした。特に病理検査の結果が出た時の絶望感、入院中、後にも先にもあのときだけは号泣しました。娘がすぐに駆け付けてきてくれて、、、本当に家族には多大な心配をかけてしまった。

特に娘には、母親を失うかもしれないという大きな恐怖心を味わわせてしまった。私の前では涙ひとつ見せなかった娘だけど、手術前の1週間、私の母と娘は毎日電話で泣きながらお互いを励まし合っていたと後で聞いたわ。

話がしめっぽくなってきたー。
とにかく、あれから3年、こうして薬もなんの治療もなく、好きなものを食べ、飲み、旅し、大好きな仕事もし、英語も楽しみ、夢のようだわ。当たり前だと思ったらいけないよね。日々感謝の気持ちを持って生きなければと改めて思ったわ。

忘年会、大盛況のようで何より!今年は大きなイベントをいくつも主婦さんは主催してきて、僕ちゃんの体調次第では参加できないかもということで、毎回、メイン幹事は別の方が担当されてるかもだけど、なんといっても主婦さんの存在感と陰での大きなサポートがあるおかげで、どれも大成功に終わったのだと思うよ。参加者の皆さんは、主婦さんに会いたくて、話したくて参加されるのだろうしね。

私も来年からはもうちょっとフットワークを軽くして、あと、あまり臆病に考えずにネットの世界とリアルの世界をちょっとずつ近づけていくのもありかなと思っているよ。忘年会の成功、祈ってます!!

| ぴあの | 2016/11/30 22:40 | URL | ≫ EDIT

4年生お疲れ様

ぴあのさん、何時からコメントしていないかな?
以前TOEICの事聞いてからだから3年位?
私も色々(自分自身の病気ではありませんが)ありでも逞しく自分らしく生きています、直接メールとかは送れないのですかね。

| 友さん | 2016/12/08 09:49 | URL | ≫ EDIT

追加

大阪に居たなら英語教わりたかった。

| 友さん | 2016/12/08 09:50 | URL | ≫ EDIT

友さん

友さん、こんにちは!

以前、お互い、息子の金遣いが荒いなんて話をしてたこともありましたよね(笑)

息子が結婚する前だったからやっぱり3年前ぐらいかなぁ?

友さんって大阪の方でしたっけ?
私は大学がお休みのときは英語のレッスン(ぴあの塾)やってるんですが、対面じゃなくて、スカイプを使ってのレッスンなので、熟成の皆さんも東北から九州まで幅広いところからレッスンを受けてくださってますよ^^

直接のお話は、ツイッターのDMをご利用ください。
今朝頂いていたようですよね。
今日はこれから出かけるので、明日にでも返信しますね。

| ぴあの | 2016/12/08 17:51 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT