||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私はなぜTIMEが読めないのか?

現在二人の先生と、TIMEのA strong muslim identity is the best defense against extremismという記事を読んでいます。

内容はとっても興味があるのですが、とにかく読めない。もちろん、語彙は辞書で調べるし、文構造なんかも考えながら時間もふんだんにかけて予習・復習しているのですが、それでもしっくりこない。

そこで、
1.ピナスの先生と読む
2.B大学のボス(S先生)と一緒に日本語で考える
3.Ronと読む
4.すっきりしたことをS先生に伝えシェア

みたいな流れで、ようやく3段落まできました。
なぜ読めないのか?どんなところでひっかかっているのか?などを書いてみます。

今日の記事はかなり長くなると思うので興味のない方は適当にスルーしてください。



◎1段落目
Since 9/11, “reforming” Islam under the guise of combatting extremism has become increasingly financially lucrative. More than $57 million has been spent to promote fear of Islam and Muslims. And it seems like everyone’s an expert—including those who have no actual education or scholarship on Islamic jurisprudence.

1)まずは、“reforming” Islamというのがどういうことを指すのかがピンときませんでした。ピナスの先生に、eliminating, changigと言い換えてもらってようやく理解。

2)under the guise ofというのは、「~のふりをして」「~を装って・~と称して」という意味。Ronが作った例文は、Her in-law gets involve with her family too much in the guise of helping them raise their children.なるほど~あるある!

3)scholarshipというのが、奨学金という意味しか思い浮かばなかった。辞書で調べると、「学識」とあった。Ronには、1st meaningはこっちのほうで、2nd meaningが奨学金だと言われた。

4)そして、なんとか1段落の「表面的な」意味はとれたが、なぜ、reforming Islamがlucrativeになるのかがよくわからない。S先生と、いろいろ話し合って、たとえば、自称専門家の人たちが、本を出版したり、講師としてレクチャーしたり、何かキャンペーンをして儲かるってことかな?と思いいたる。Ronには、それに加え、たとえば何か基金を作ったりと、寄付を募ったりとか、そういうことでも収益がでるといわれた。

この1段落でわからなかったことから私の課題を分析すると、
1)文脈判断ができていない
2)熟語の知識がない
3)語彙の1つの意味を知っていてもそれ以外の意味をしらない
4)表面的には読めても実際のところの内容が理解できていない。

特に、この4)が私の場合は深刻です。もちろん背景知識の問題もあるのでしょうが、英文は一応読めていても、それが何をいわんとしているかがわからない。理解できていない。だからモヤモヤ感が残る。この4)が大きな課題です。

◎2段落目
In a 2012 study analyzing the top 25 most popular anti-Muslim activists in America, the Muslim Political Action Committee (MPAC) found: “Only 1 out of the 25 individuals examined have qualifications that would make him/her an expert on Islam.” Perhaps most relevant to combatting extremism the report rightly concluded: “Relying on individuals who lack academic qualifications about the subjects, one which they claim to be an expert, has severe negative consequences for our national security.” In other words, pseudo-scholars don’t stop extremism—they can create extremism.

5)antiはアンチと発音すると思ったらアンタイという音だった。

6)Only 1 out of the 25 individuals examined have qualifications ~の部分のexaminedを、はじめ動詞?と思ったが次にhaveがあるので、これは後置修飾で後ろからindividualsを修飾しているのだとわかった。ただ、長い語句なら後ろから修飾はあるものの、なぜ、一語なので25 examined individualsにしないのか?と思った。Ron曰く、数字とセットの場合は、「数字+名詞」が基本なので、形容詞的に使うexaminedを後ろに置いたのだろうとのこと。なるほど!

7)Perhaps most relevant to combatting extremism the report rightly concluded: この部分が本当にわからなかった。苦戦した。ここだけで30分以上は悩んだ。まず、ピナスの先生に、extremismの後ろに「,」を入れるといいといわれた。なるほど!Perhaps most relevant to combatting extremism, the report rightly concluded:ならカンマの前までが副詞的に使われてるのか!と思った。が、次にmost relevant toの意味がとれない。「最も関連していること?」その後、先生にリフレーズしてもらって、ここは、importantという意味で、「最も重要なことは」という意味だとわかった。それぐらい自分で理解できるようになりたい。

8)Relying on individuals who lack academic qualifications about the subjects, one which they claim to be an expert, のone which というのがわからない。individualをwho以下とone which以下で説明してるのなら、なんでwhichが出てくるの?とか混乱。Ronの説明で、ここはsubject(つまりはイスラム)を修飾していると判明。

9)最後の In other words, pseudo-scholars don’t stop extremism—they can create extremism.の部分、「つまり、偽物の学者たちは過激主義をとめるものではない。むしろ、過激主義を作り出しているのだ」というのが、なぜ??と思ったら、次の段落に具体例があった(笑)

この段落での課題をまとめると、
5)発音がわかってない←リスニング時に問題になる
6)形容詞の次に名詞という固定観念に縛られている
7)長い文になると、前後の接続や関係がわからない
8)関係代名詞が複数でてくると迷子になる
9)理解を急ぎすぎている

◎3段落
For example, a recent TIME piece argues that New Atheism, which emerged post 9/11, is the solution to extremism and violence in the Muslim world because it allegedly speaks “honestly about religion.” This empty rhetoric obfuscates that throughout their so-called “honest” advocacy, the most prominent New Atheists have spoken from a position of ignorance to promote ideas and policies that have fostered extremism. For example, Christopher Hitchens advocated for the Iraq War—which has left more than 500,000 civilians dead, a region in disarray, and as President Obama admits, led to the rise of ISIS. Ayaan Hirsi Ali has advocated for a military destruction of Islam by “any means necessary.” Not a destruction of radicalism, but of Islam itself. Richard Dawkins has also slammed Islam: for example, in a 2013 tweet, he wrote: “Haven’t read Koran so couldn’t quote chapter & verse like I can for Bible. But often say Islam greatest force for evil today[.]”

10)New Atheismというのを「無神論者」と思って読んでいたら迷子になった。これは、グループ名だと先生に教えてもらって、なるほど!「なぜ大文字になっているのか」考えるようにと言われた。こんなシンプルなことに気づかないなんて。。

11) it allegedly speaks “honestly about religion.” のコーテーションマーク内だけを切り取って考えていたので理解できなかった。これは記事内で表現されている文を引用し、著者が強調するためのマークだった。

12) ここにfor exampleと、4つの例が書かれているが、私ははじめ、この例はすべて、2段落で述べられた、25人中1人のみが本物専門家であとの24人は知識のない偽専門家だったといわれていることに対する例だと大きな勘違いをしていた。2番から4番目の例は、New Atheismのメンバーの例であるとようやくわかった。

13) そもそも最初に述べられてるargueということによる因果関係がよくわかっていなかった。3段落でこの記事の著者が、ある1つの別のTIME記事内で述べられていることについて、(New Atheismがsolutionであるという)異議をとなえているスタンスだという考えが見えてなかった。

14) 3つ目の例のAyaan Hirsi Ali has advocated for a military destruction of Islam by “any means necessary.”がすっきりしなかった。まずは、a military destruction of Islam はどっちによる破壊?と思った。Ronにthey use military to get rid of Islamと教えてもらい、さらにany means necessaryという部分は、何をやってもいい、手段を選ばず、たとえば殺しても、施設を破壊してもということで、別の例でいえば、たとえば、指の1本の1部分にがんがあるから、指全部を切除してしまえ!みたいな発想だと。これこそが、この意見こそがextremismだと。なるほどね~~

15) 最後の例、コーランさえも読んだことのないリチャードさんのツイート。“Haven’t read Koran so couldn’t quote chapter & verse like I can for Bible. But often say Islam greatest force for evil today[.]”これは、ツイートだからたくさんの省略があることに気づいた。正しい文法でいくと、。“ I haven’t read Koran so I couldn’t quote chapter & verse like I can for Bible. But I often say that Islam greatest is force for evil today[.]”となる。

この段落の課題をまとめると、
10)大文字だと固有名詞だという判断が抜けている
11)"" 内は引用や著者の意図、強調などで切り取られてる場合が多い
12)全体の流れがわかっていない
13)因果関係が理解できていない
14)具体的にどういうことを言ってるのかが理解できていない
15)会話文やSNSなどの文における省略がわかっていない

ということで、これら1)から15)をもう一度並べてみると、私の「課題一覧」ができました。

1)文脈判断ができていない
2)熟語の知識がない
3)語彙の1つの意味を知っていてもそれ以外の意味をしらない
4)表面的には読めても実際のところの内容が理解できていない。
5)発音がわかってない←リスニング時に問題になる
6)形容詞の次に名詞という固定観念に縛られている
7)長い文になると、前後の接続や関係がわからない
8)関係代名詞が複数でてくると迷子になる
9)理解を急ぎすぎている
10)大文字だと固有名詞だという判断が抜けている
11)"" 内は引用や著者の意図、強調などで切り取られてる場合が多い
12)全体の流れがわかっていない
13)因果関係が理解できていない
14)具体的にどういうことを言ってるのかが理解できていない
15)会話文やSNSなどの文における省略がわかっていない


ということで、2週間ぐらいかけてやっと3段落が終了し、昨日のピナスの先生レッスンでは4段落が終わりました。が、これもS先生やRonとさらに検証する予定です。

なぜ私はこういう記事が、英文が読めないのか?をRonに聞いたら、

私は文法や構造に注目しすぎていると。書くときは文法は重要だが、読むときは、まずはideaや流れ、そしてconnectionに注目し、それでもわからなかったら、そこで文法を考えるといいとアドバイスされた。

なるほど。私は1字一句にこだわり、これが主語でこれは主動詞でこれはこれを修飾とかそういうことばかりにこだわり、木を見て森を見ずになっていたのかもしれない。

旅行でもそうだ。夫や娘は、感覚で、まずはこのあたりかな~と動いてみて、ダメなら地図を見る。私はガチガチで事前にガイドブックや地図、あるいは人に聞いて、装備してから動く(笑)

Ronに、この記事は英検1級レベル?と聞いたら、real Gread1で、合格するだけだったら、Japan Timesレベルでも大丈夫と言われた。この記事、何度よんでも難解で、わからないところをピナスの先生やRonに聞くのだけど、聞くといっても自分のわからないことを英語で聞くわけで、そしてその答えもまた英語なわけで、リフレーズしてもらったり、パラフレーズしてもらったり、語彙を別の言葉で言ってもらったりしてもそれでもわからないということが多々あった。

そもそも、自分が何がどうわからないのかも英語で伝えることが難しい。で、伝えればどの先生も熱心に私がすっきりするまで説明してくれるが、それでもすっきりしないとき、さらに質問を重ねる。もういいか・・・これ以上は無理・・・と思いながらも、S先生と日本語で検証する機会も支えとなり、何より、パズルを解いてるみたいなチャレンジングな感じが楽しく、もっというと、

学ぶというのはこういうことだな!

と思える瞬間が何度もあってそれがモチベとなり、もっと知りたい!わかりたい!読めるようになりたい!!という気持ちにつながった。そして、そこから、「私もいい授業がしたい!」と大学での日本語の授業への意欲も意識も高まった。

なんだか、久しぶりに熱い記事になりました。
先日のトレイルランのレースで、夫が年代別の6位に入りました!

平日は毎日10キロ、週末は20-30キロ走り、好きで走ってるのかと思ったら、走りたくない日もあるけど、それでも走るそう。大会は緊張もするし、数日前からは炭水化物を取ったり、アルコールを抜いたりいろいろ準備もして大変だけど、やっぱり大会に出た後は結果に関係なく、出てよかったと思うみたい。

やっぱり英語学習に似ているな~。彼にとっての大会は私にとっては試験かな?それも刺激になっていて、いくつになっても少し先や高みを目指すことにわくわくできる今は幸せだわ~と思えたのでした。今日もTIME記事と格闘予定です(笑)
関連記事

| 学習方法 | 2016-10-23 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

ぴあのさん、こんばんは。

TIMEを読んでいらっしゃるのは、Study Plus で知っていたのですが・・・この分析!すごい!
これだけ自分のことをわかっておられるとは、もうすごいとしか言いようがありません。
私も以前、「TIMEを読む」という講座に参加しましたが、一筋縄ではいきませんよね。
やっと読めても、クリアには理解できない。
そして意見を求められるのですが、何も言う意見がない、ということは理解できてないんだな、と思いました。

StudyPlus,参加してよかったです。
使い方つかめてませんが、勉強は以前よりも少しは継続できるようになりました。
教材も今日一つ追加。
自分は英作文の力がないと思っていて、少しずつでも力をつけられたくて、「例解 和文英訳教本」をやることに。
読解も得意とは言えないので、何かやりたいけれど、一度に増やすのは無理かな。何となく理解できるような気がしているけど、説明せよといわれるとできないというか・・・
それは文法についても同じことです。特に冠詞とか前置詞とか、あと、数に関すること(単数か複数かなんてことも)、難しいと感じます。

添削のバイトと、畑や庭仕事(かなりの面積)、母のお相手、ピアノに、和書も読みたいし、新聞も熟読したいし、来月からはスイミングも行く予定で・・・ちょっと欲張りすぎですね。
時間をどう確保するかが課題です。
添削のバイトは、予想以上に時間を取られてしまって、肩も凝るし、どうしようか考え中です。

そんなこんなで、また新しい週が始まりますね。
結婚記念日、おめでとうございます。
素敵なご主人と、お子様たちですね。
うちは3月に31回目の結婚記念日を迎えます。
この人と結婚して良かったのかな、とか、考えたことがないので、きっとよかったのでしょう。

来週も充実した日々でありますように!

| muffyduffy | 2016/10/23 21:10 | URL |

muffyduffyさん

コメントありがとうございます。
このTIME記事、私には本当に難解で、でもあきらめたくなくて、こうして二人の先生と、大学での同僚(ボス)との勉強会でなんとか1段落ずつ消化しながら進めています。

単に字面は読めても、結局のところ何を言ってるのか?ということがストンと理解できるには長い長いプロセスを経ないといけません。でも、あきらめたらそこで終わりだと思って、熱心な先生に甘え、食い下がってちょっとずつ前に進んでいる感じです。

muffyduffyさんのスタプラでのTLもいつも拝見してますよ!パス単頑張ってるな~とか、Kane and Abel快調に読んでらっしゃるな~とか、スタプラでは実際の学習内容がお互い手に取るようにわかるので自分のモチベもあがったり刺激されたりというのがいいですよね。おすすめしてよかったです!

結婚記念日は今年は特に区切りの年でもなかったので、今さらという感じなのですが、娘からのサプライズがあったので思わず記事をUPしてしまいました。娘からのプレゼント画像をFBにUPしたら、息子からは、「そうだった。おめでとう。俺から(のプレゼント)は孫ということで!」というコメントがありました(笑)

お互い、表には出せないところで、いろんな葛藤もあるかとは思いますが、「英語が好き」ということを原動力にしつつ、前に進みましょうね。

| ぴあの | 2016/10/23 22:04 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT