||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英文が「読める」ようになるために

伊藤和夫先生の「ビジュアル英文解釈」を使っての学習を始めました。

ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)
ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)伊藤 和夫

駿台文庫 1987-12-10
売り上げランキング : 2051


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


きっかけは、英検1級の問題集をやっていても、オンラインレッスンでTIMEの記事を読んでいても、いっつも感じる、「読めているようで実は読めていない」という感覚です。

何かが欠けている

その「何か」が何なのかをずっと考えてきました。


英文解釈の技術100を再学習してもみました。

基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)
基礎英文解釈の技術100 (大学受験スーパーゼミ徹底攻略)桑原 信淑 杉野 隆

ピアソン桐原 2008-12
売り上げランキング : 1346


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


確かに私の知識のかけている部分がたくさん書かれていましたが、そこまで高度なことではなく、何かもっと基本的な部分で私にかけている部分があると思いました。

英検問題でいると、大問2のような問題が苦手
TOEICの文挿入問題にも時間がかかる

そんな時、たまたまyoutubeで伊藤先生の授業の様子を目にしました。



感銘を受けました。

わかりやすい講義内容
それに裏打ちされた知識の深さ
教師としての姿勢

この先生の書かれた本で、もう一度基本に立ち返って、英語を勉強しよう!と思いました。

基本に立ち返るためにはどの本がいいかを大型書店で実際に手に取って検証した結果、このビジュアル英文解釈に決めました。パート1とパート2の2冊からなるのですが、まずはパート1からすることにしました。

ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)
ビジュアル英文解釈 (Part1) (駿台レクチャーシリーズ)伊藤 和夫

駿台文庫 1987-12-10
売り上げランキング : 2051


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ビジュアル英文解釈 (Part2) (駿台レクチャーシリーズ)
ビジュアル英文解釈 (Part2) (駿台レクチャーシリーズ)伊藤 和夫

駿台文庫 1994-08
売り上げランキング : 7701


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


part1の「はしがき」の言葉を引用します。

「参考書」と授業はちがいます。目の前に相手がいる授業では、相手の学生のレベルから出発し、くり返しをいとわずに相手の成長を待たねばなりません。その方針を「参考書」という次元で貫いてみたい、教師ではなく学生の立場に立った参考書を書いてみたいというのが、この本の執筆を志した最大の動機なのです。

英語である以上、「これ以外の解釈はあり得ない」とする自信を持った読み方ができるようになること、それが英語の仕組みが「見える」と言うとき、私が考えていることなのです。

この本は、大学受験と無関係でも、英語が読めるようになりたいと願う人たちに、そのための骨格となる知識を提供し、そのための訓練の場となるものと考えています。


教師としての誇り
威厳
真摯な姿勢
静かな、それでいて熱い情熱

それらがストレートに伝わってきます。

・主節が親、従属節が子、従属節の中の従属節は孫にあたる
・英文は左から右に、上から下に読む


などという視点、

・前置詞のついた名詞は文の主語になることはできない

などという英文のルールなど、実に明快です。
さらに、解説の中にある、

・英語はこういう釣り合いを重んじる言葉なので、釣り合いのとれる読み方が成立するかぎり、それに従うのが英文解釈の約束なのです。
・大切なのは、錯覚のために文が読めなくなったとき、それに気づいて、ハッと驚けることです。驚けること、そしてパッと頭を切りかえられること、それが学力なのです。
・訳せたから読めたんじゃない。読めてるから、必要な場合には訳せるんだ。


こういうキラリと光る文言に出会うたび、
学習者として、そして言語を教える教師として、襟が正されるような思いです。

この教材をpart1,part2と進めていくうちに、
きっと、私に足りない何かが見つかり、かけている部分が徐々に埋まっていくのではないか?

そんな予感がしています。
関連記事

| 教材 | 2016-10-16 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

たしかに、この伊藤先生の本で英文読解に対する姿勢とか開眼したんよね。。。

ちっちゃなことだけど、「前置詞のついたものは主語になりえない」など、細かなルールとか。

あと英文の中で、コンマがでてきて~INGなどの読み解き方を教えてくれたのもこの先生だわ。

ゴリゴリ英文を読み解く修業って時間かかるからつい、先送りになるけど、基礎をつくるしね~。

健闘祈ります~!!!

| 大阪の主婦 | 2016/10/16 15:41 | URL |

大阪の主婦さん

コメントありがとう♪
おお!!この本、やりましたか~

なんかね~実戦形式の英検過去問とかTOEICの問題集とかやるより前に、しっかりと土台を固めて、自分の抜けてる凸凹を埋めよう!それには、いまだ!!と思ってね、土曜の午後、書店に1時間半ぐらい居座って、どの本でいくか吟味しました。

知ってるようで知らなかったことや、なんとなくはぼんやりわかっていたけど、論理だって説明できないようなことが次々クリアになっていって、やってて楽しいです。

主婦さんのお墨付きなら安心してこの本、突き進んでいけるわ~。洋書、ドラマ、レッスンの3本立てはそのままだけど、勉強部分の英語は、パス単以外はすべてストップして、この本やりきるわ!!

最近の主婦さんの勢いがいい波動となってこちらまで刺激もらってます。ありがとう!さ、ウォーキング行ってこようぅ~

健康あっての英語だから、ラジオ体操、ウォーキング、ジムの3点セットもしっかりやるようにしてるの。

| ぴあの | 2016/10/16 17:11 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT