||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ご報告♪(加筆あり)

実は実は、
ずっとずっと言いたかったんだけど、
書きたかったんだけど、我慢してきた。

でも、でも、もう大丈夫かな?
と、思ったので、

思い切って、書くことにします。
実は実は、


私、11月におば~ちゃんになります!!

どらむ&どらみちゃんのところに
赤ちゃんが授かりました。

実は実は、、、、
どらみちゃん、ずっと赤ちゃんを望んでいたのだけど、
なかなか授からず、

3月に仕事を辞めて、
不妊治療に入る予定でいたところ、

奇跡的に、
自然に赤ちゃんを授かることができたのです。

いろいろ事情を聞いていたので、
自然には難しいと思っていたし、
もしも授からなければ、それはそれで息子たち夫婦の人生で、

二人で、たとえ子供がいなくても
仲良く暮らせればそれでいいんだと

そう思ってきた。
というか、
そう自分自身に言い聞かせてきた。

それでも、
2月にセブ島に行った時に、

セブで一番古い教会、
そしてマゼランクロスで、
初めて訪れる人がするという
キャンドルを買って奉納?し、祈祷してもらった。

2016-02-20 11.08.10

2016-02-20 11.08.27

この女性たちが、
♪ぴあのファミリーが幸せに~~~♪

と、歌いながら踊りながら祈祷してくれたからか、
はたまた、

息子夫婦も、
子宝に恵まれるという神社に詣でたからか、
わからないけど、

3月に、
「赤ちゃんができた」と電話を受けたときは、

嬉しくて、
幸せで、
胸がいっぱいになり、
泣きそうになり、
叫びそうになった。

ただ、

妊娠初期は自然流産も多いということで、
とにかく、家族以外には言わないようにと
息子に釘をさされていた。

どらみちゃんは、
つわりも重く、毎日朝から吐きっぱなしで、
大変な日々を過ごした。

それでも、
2か月、3か月、4か月と、
時を重ね、

最初は、心音が聞こえた!
身長は9mmだよ!!と聞いてた赤ちゃんが、

今では、6か月半の安定期に入り、
体重も500グラム以上あるらしい。

そして、
たぶん、たぶん、
おそらく、

男の子だろう

とのこと。
家族が増える。
大事に大事に育ててきた息子が、

大事に大事に育ててもらったどらみちゃんと結婚し、
そして、赤ちゃんを授かることができた。

しかも、しかも、
胎児の大きさから推定される予定日は、

なんとなんと、
私が、病名を告げられた日。

こんな奇跡ってある?
私が、自分の命が終わるかもしれない、、、
そう覚悟したその日から3年後に、

新しい命が誕生するかもしれないなんて。

今年の5月の術後2年半の検査の日に、
主治医に、

「先生、今年の11月まで私、生きてられますよね?
あの病気が発覚した日を予定日として、孫が誕生するんです!!」

と告げると、
先生、笑いながら、

「何も予定日に生まれてくるとは限らないから」と。

そして、先生も、看護師さんも、スタッフも、
今、薬も何も飲んでいなくて、
健康そのものの様子の私が、

「11月まで、私生きていられますよね?
何が何でも生きていて、孫の顔が見たいんです!」

と、真剣に訴える私を見て、
温かい笑いで包んでくれました。

何を心配してるの~
11月までって、
そんなの生きてるに決まってるでしょ~って。

5月のGWは、
息子はこちらに帰省。
そして、どらみちゃんは地元に帰省していました。

その時はまだ3か月後半、
4か月に入るかどうかという時期でした。

息子と一緒に、
ベビーショップに行って、
犬印本舗の腹帯を買って、
どらみちゃんに持たせました。

5月TOEICを受験した日。
TOEICの時間直前に、息子からLINEが。

「戌の日のお参りに行ってきたよ。
母さんにもらった腹帯もお祓いしてもらったから。
ありがとう」

私の母は、
赤ちゃんができたと聞いた日から
毎日のように、

近所の氏神さまに詣でて
無事生まれるようにと、
お百度参りのようにしてお参りしてくれてるようです。

家族が増える。
私に孫ができる。

私がおばあちゃんに?!
夫(ぴえ~る)とは、時々、ふざけて、お互いを

ぴあば~ちゃん、
ぴえじ~さん、

なんて、呼んで楽しんでいます(笑)

どうか、どうか無事に生まれてきますように~
心から心から祈っています。

息子からもらった
赤ちゃんの超音波画像を見ながら
にやけている私です。

☆☆7月13日加筆☆☆

これ、息子が生まれた日の写真です。

1986.jpg

この子が、
無事健康に育ってくれて、

30年たって、
お父さんになるなんて
感無量です。

そして、私自身も「おば~ちゃん」になるなんて、
なんだか不思議でびっくりで、だけど嬉しくて自分が愛おしくもなります。

洋書も読めて、
英語も話せて、
そして、英検1級にもチャレンジして、
たま~にTOEICも受ける(←ほんとか?笑

そんな、
カッコいいば~ちゃんを目指します(*^^*)

私の両親は、
「ひ孫」に会えるのを、待ちきれない様子。

いろんな幸せを運んでくれる赤ちゃんです。
関連記事

| 息子 | 2016-07-12 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

おめでとうございます♪

うわ~よかったですね~! おめでとうございます!! ぴあのさん、かっこいいおばあちゃんになりそうですね~。

息子さんが生まれた日の写真を見て、お医者様のおっしゃるとおり男の子なら、赤ちゃんもきっと鼻が高いハンサム君なんだろうな~なんて想像してますが、もし予想がはずれて女の子でも、健康であればどちらでもかわいいですもんね! ほんと、楽しみです。

ぴあのさんも、ご自身のお体のこと、どうしても気がかりに思ってしまうこともあると思いますが、お医者様のおっしゃるとおり、産まれてくる赤ちゃんに必ず会えると思いますし、お孫ちゃんパワーで、もっともっと元気になってると思いますよ(^^)

暑い時期に向かい、おなかが大きくなるどらみちゃんは大変だと思います。きっと息子さんがしっかりサポートされるのだとは思いますが、体に気をつけて、ゆったりした気持ちで過ごせるといいですね。

| あい | 2016/07/13 11:00 | URL |

あいさん

ブログ開設当時から、ずっと読んでもらってるあいさんから、こうしてお祝いコメントを頂き、とっても嬉しいです。このブログを始めたときは、まだ息子は大学生でしたが、すったもんだのあげくに卒業でき、社会人になり、どらみちゃんと出会い、結婚し、とこれまでの流れをずっと見守ってきてもらっていますものね。

まだ、男の子と、はっきりわかったわけじゃないのですが、この前の検診の後、(毎回、息子も同行してるようです)、息子から、「男の子っぽい」とLINEがきました。

偶然なのですが、妊娠が分かった後、どらみちゃんのお母さんも、私も、なんと二人がほぼ同じ時期に、男の子が生まれる夢を見たんですよ!男の子だと母親に似ると言われますので、どらみちゃんに似て、カッコいい子になるのでは~と期待も高まります(笑)

どらみちゃんはつわりがとっても重く、ずっと吐きっぱなしだったようで、なんと息子が家事を引き受けてたらしいです。クックパッドを見てお料理も作っていたようで、だんだん慣れてくると、「料理はクリエィテイブで楽しい♪」とまで言ってました。

GWに帰ってきたときに、「母さんも、どらむの作った料理って食べてみた~い」と言ってみたのですが、あっさり、「む~り」と却下されてしまいました(笑)

どらみちゃんは、つわりもおさまり、体調もずいぶんとよくなってきたので、なんとかこの暑い夏も乗り切って欲しいと思っています。ホント、子育て、あっという間でした~。あいさんちもあと10年もすれば~息子さんがご結婚とかお孫さん?!なんてこともあるかもですね~。

| ぴあの | 2016/07/13 17:59 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT