||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さくら

熊本地震から一週間が過ぎました。
被災されたすべての方に、心からお見舞い申し上げます。

私の大事な友人、
そしてぴあの塾のメンバーも被災し、
避難生活を余儀なくされています。

友人は益城町に住んでいて、
今はテントの中で避難生活を送っています。

心配する同級生たちを気遣ってか、
facebookにキャンプ生活だよ~とか、
ご飯ができたよ~など、
明るい写真を載せてくれています。

先日などは、
倒壊した家の中からウェッジウッドのカップを見つけ、
それでコーヒーを入れての朝ごはんの写真。

そして、ご主人が大切に育てていた
一輪のバラが咲いたよと
復興のバラの写真。

大変な中、
少しでも生活を明るくすることを見つけ、
ポジティブに前に進もうとしている姿に
逆に私たちの方が励まされています。

ぴあの塾の大事な塾生も被災されました。
ここに詳しいことは書けませんので、
塾生の方はどうか掲示板に行って
私の立ち上げたスレッドを読んでみてください。

何もできない私たちですが、
少しでも彼女を支え、力になれたらと祈っています。

さて、私の方は新学期から2週間、
まだまだ学生のレベル移動など落ち着きませんが、
それでも、仕事に行くという生活にはだいぶ慣れてきました。

4月上旬のある日のこと、
9連勤中の娘(一人暮らし)が、
突然夜うちに帰ってきて、

「さ、母さん、夜桜見に行くよ!」と。
そして、自分の車の私を乗せて、きれいな夜桜を見せてくれました。

ホテル勤務の娘は、
連日、満室続きで忙しいのに、
わざわざそんな中、勤務を終えて私を夜桜に。

2016-04-04 22.04.32

満開の桜を見ながら、
「今年も見れてよかった」〜という私に、

「2年前(闘病中)桜見た時、母さんが、来年はみられないかもって泣いたから、絶対毎年見せる!ってあの時決めたの」って娘。

ありがとう。

そういえば、広島から帰ってきた時、
テーブルに一輪の桜が。
夫もさりげなく桜を飾ってくれていました。

2016-04-03 10.11.23

私自身も、宮島で原爆ドームで、ホテル近くの川辺で、それはそれは、きれいな桜を見ることができました。

2016-04-01 16.20.34

2016-04-02 11.10.33

2016-04-02 12.38.05

どの桜も、それぞれにとても美しかった。
桜にこめる家族の思い。
私の思い。

大病をしたときは、
もう桜は見れないかと覚悟もしたけど、
こうして、1年、1年、また1年ときれいな桜をめでることができました。

もちろん、来年も再来年もず~っと見ますよ!!

熊本、大分で震災に合われた方々も、
来年の桜の頃には、

少しでもいい状況になっていますように。
少しでも、心癒されていますように。
関連記事

| こころ | 2016-04-24 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

スタプラでぴあのさんの書き込みを読んで、とても気になっていました。
テレビでもたくさん取り上げられている益城町の塾生さんがいらっしゃるんですね。
大きな地震が2回続いた後も、何度も何度も地震があって、ずっと地震情報を見ていましたが、こんなにも大きな被害を受けた人たちが、どうして何度も何度も怖い目に合わなければいけないのか…

私は岩手県の内陸に住んでいます。
東日本大震災の時は、内陸ですので、大きく倒壊した建物も津波の被害もありませんでしたので、被災したというほどのことではありませんが、たった3日間の停電でも、心細く、このままどうなってしまうんだろうとと不安で仕方がありませんでした。

家が倒壊して、テントや車での生活をしている熊本の方たちの不便さと心細さを思うと、本当に心配です。

私たちは、できる限りの寄付をしながら、日常を送るしかできない毎日ですが、東日本大震災同様、忘れず、支援を続けて行きたいと思います。

| maci | 2016/04/25 09:27 | URL |

maciさん

こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

私の友人は益城町に住んでいて、今もテント生活を送っていますが、塾生は別の地域です。今、ぴあの塾掲示板では、次々と塾生たちから応援メッセージが寄せられています。

何もできない私たちですが、こういう時こそ力を合わせ、「一人じゃない」と感じてもらえればと思っています。

maciさんも東日本大震災の時は、3日間もの停電を経験されたのですね。今の私たちの生活は電気に頼っている部分が大きいので、3日間も電気がなかったらと想像するだけで、不安になります。

東日本大震災の復興もまだまだという段階での、今回の熊本、大分での地震、自分の無力さを感じてしまいますが、自分にできることを粛々と続けていこうと思っています。

| ぴあの | 2016/04/25 22:14 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT