||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新形式TOEIC公式テスト1結果と感想

10日ほど前に重い重い腰をあげてテスト1のRをやってみました。

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編
TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編Educational Testing Service

国際ビジネスコミュニケーション協会 2016-02-18
売り上げランキング : 9


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


前にやったリスニング(記事はこちら)と合わせて結果や感想など綴ります。

L 95問正解 445-495
R 88問正解 380-455
---------------------
合計 825 - 950点


それぞれの内訳は、


◆リスニング
パート1 6/6
パート2 25/25
パート3 37/39
パート4 27/30
---------------
合計 95問正解

◆リーディング
パート5 27/30
パート6 15/16
パート7 46/54
----------------
合計 88問正解

リスニングについての感想は前の記事に書いたので、今回はリーディングの感想を書きます。まずは、時間の流れですが、

パート5は1時45分から56分まで(所要時間11分)
パート6は2時6分まで(所要時間10分)
パート7は3時まで(所要時間54分)

パート7を解いた順番は、147番から始め、SP最後の1セット(171から175)を飛ばし、DP、TPへ行き、残り3分位でSPの171からに戻りましたが、時間が3分しかなく、一応はマークしましたが、172と175はほぼ塗り絵状態で、その2問とも間違えました。

聞きしにまさるハードさでした。
読んでも読んでも終わりませんし、トリプルパッセージなどは、いったいどこから手を付けていいのかまったくわからず、戸惑いまくりでした。

模試直後に連続ツイートしたので、それをここにコピペします。興奮ぶりが伝わると思います。

・新形式公式問題集Rもやってみました。結果含め連続ツイートします。Lは95問(6,25,37,27)正解、Rは88問正解(27,15,46)で推定スコアは、Lが445-495, Rは380-455合計で825-950でした。直近のスコア(1月)が930なのでほぼ妥当かと思います。

・Rの印象は「ハードだけど、戦えないことはない。楽しかった」です。パート5は易しく感じました。私が27/30で初見で90%以上だなんて今までにはないことですから。ただ、1月TOEIC前に900点特急を5周した効果が出てきたのだとしたら嬉しいです。所要時間11分でした。

・パート6の所要時間は10分で15/16問でした。ある文章が本文中のどこに入るのかという問題が新傾向でした。中学、高校時代の国語の試験をちょっと思い出しました。ただ全体的には特に戸惑うことなくできました。

・一番面食らったのは、やはりパート7です。模試の時はいつも時計をRは1時45分に合わせて開始するのですが、パート7に入ったのは14時6分でした。つまり、54分で54問をやるのでちょうど1問1分の計算になります。LINEやチャットのような問題は楽しかったです。が、余裕はそこまで。

・後半のトリプルパッセージがきつそうだったので、SP最後のセット(172-175)を飛ばしてDPに入りました。DPはよかったのですが、やはりトリプルはきつかったです。一体どういう順番で取り組めばいいのかわかりませんでした。このあたりの戦略が必須だと思いました。

・基本パート7は全文読みでこれまで来ましたが、今回はかなり急ぎつつスキャンしつつ、トピックセンテンス以外はかっ飛ばして、それでも残り2,3分でやっと200番が終わったので、SPラストに戻り、4問中2問はほぼ塗り絵に近い形(実際その2問を間違えた)で終えました。

・とにかく新傾向(パート3,4図表、6,7の文章挿入、7のトリプルパッセージ)への慣れが必要で、あとやっぱり「読む力」「読み取る力」が必要だと思いました。Lではめげましたが、Rで楽しかったと感じられたことが一番の収穫でした。引退せずに5月受けようかな?と思えました。以上です。

・模試解いただけでも、こんなにも高揚感があるのだから本番だともっとだろうなー5月、やっぱり受けようかなあ。


と、つぶやき、結局はスコアは度外視して、10年にいちどあるかないかのTOEICの変わり目という「歴史的瞬間」(笑)をお祭り気分で体験するためにと割り切って、5月TOEIC申し込みました。

パート3,4の図表を使った問題、
パート7のトリプルパッセージなどは、
慣れておかないといけないと思いますし、
かなりの訓練も必要だと思いますが、

この新傾向TOEICは、
より実際の会話場面や
実際遭遇するであろう場面に近づいたと思うので、
この試験の勉強をすることで英語力そのものを引き上げることができるとも思いました。

やはり、公式問題集をみっちりやりこむことからかなぁ。
なんか、紙が薄くなって裏がうつっていたり、
書き込みしにくい感じで、ちょっと残念な感じですが、
通勤とかで持ち運ぶ人にはきっと軽くなって便利でしょうね。

今月中にテスト1とサンプル問題をやりこんで、
あとは、新傾向問題ばかりを集めた教材を何か1冊やりたいと思ってます。

中村澄子先生とキムデギョンの共著が一番の候補かな?
関連記事

| 模試結果 | 2016-04-16 | comments:1 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。
PART6について、「文章挿入」と書いてますが、そうじゃなくて「文挿入」ですよね?
英語が得意な人って、どうして「文」と「文章」をごっちゃにするのか不思議です。

| YK | 2016/04/17 22:15 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT