||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ナイストライ

浪人している甥っ子(弟の息子)の京大の合格発表、今日の正午にありました。
両親(祖父母)は先週からそわそわ(笑)

私は昨日までは、
すでに慶應にも受かってるんだから、別にいんじゃないの?と思っていたのですが、

朝になって、弟とLINEしていて、弟が「祈ってます」なんて送ってくるもんだから、私までがだんだん緊張してきました。

そんな中、朝9時過ぎにLINEの着信音が。
これまた浪人している4年前の教え子の「とし」からでした。

彼は去年、神戸大を受けて不合格となり、
その時、「先生、おれ1年がんばって浪人します!」と報告してくれていて、私もここ2,3日前からどうなったかな?と気になっていたのです。

「先生、久しぶり」から始まり、
なんとなんと、


今朝9時に発表があった、大阪大学に合格しました!と。
浪人してよかったです。と。

よかった本当によかった。
はじめは、おめでとう~とかお祝いスタンプとか送っていたのですが、

いてもたってもいられなくなって、
としに電話。

4年ぶりに聞く声。
とし!!!!よかったね~と祝福。

彼は3兄弟の3男で、
3人とも私の英語教室に来てくれていました。

一番上がうちの息子と同級生だったこともあり、お母さんと仲良し。
長男は首都大東京、次男は京大、そして3男が阪大とは、見事です!

長男が小学校5年の時、
「先生~~おれんちに今日、弟、生まれたぞ!」と教えてくれてただけに、としが生まれた日から私は彼を知ってるのです。

去年、「めげることなくがんばります!!!来年はいい報告します」と言ってくれたとし。今年はセンター利用で立命館、同志社、一般入試で早稲田にも合格したんだそうです。立命にも早稲田にも入学金払ってしまった~と笑うとし。

ご両親にとっては、それらが無駄な入学金になっても、それ以上に阪大に合格したことを喜んでおられるでしょう。

としが、合格したことももちろん嬉しかったけど、もう4年も前に私の英語教室卒業しているので、こうして忘れずに報告してくれることがもっと嬉しかったです。

としがFacebook始めたら、友達になろうね~。は~いで電話を切りました。

さて、甥の京大の発表の時間が近づいてきました。
去年は、としも甥も神戸大不合格で浪人していたので、
としにあやかって合格するといいな~と思いつつ、
「その時」を待ちました。

甥は、小学校の時から高校3年の夏までずっとずっと野球少年で、
小中高校とすべて公立です。

高校では、放課後に加え、
朝5時に家を出て朝練習の日々、
野球一筋でせした。

浪人が決まった時、
「おれ、京大に行くから!」と宣言し、
これまでの野球への情熱を勉強に向けてがんばりだしたら、

勉強の奥深さ、
特に化学のおもしろさに目覚めたんだそうです。

今年のお正月、弟に甥へのお年玉をことづけると、
お礼のLINEがきました。

「お年玉ありがとう~」
「今はセンターに向けて勉強しまくっています。」
「期待しといてー笑」

と、頼もしい言葉が!!
そのセンター試験では全科目平均85%以上とり、京大はB判定。

ただ、京大は2次の比率が高いため、
2次力がないとかなり厳しいことは予想されました。

それだったら、もう2浪はできないんだから、
1次の比率が大きい神戸大は?と勧められたそうですが、
「京大へ行くために浪人したんだから」と初志貫徹。

センターがよかったので、
センター利用で、東京理科大、明治大、立命館大などには合格。

これで、大学生になれます!
さらに、記念受験のつもりで受けたはずの、慶應大学にも一般試験で合格しました。

そして、今日がいよいよその京大の発表でした。
本人が発表を見に行き、結果がわかったら弟から連絡がくることになっていました。

12時半を過ぎたころ、弟からLINEがきました。

「京大、残念でした。でも、ナイストライでした。応援してくれてありがとう。」

いや~立派なトライだったと思います。
そして、本人が母親に、

「おれは、やりきったし、何のダメージもない」と胸を張って言ったんだそうです。泣かせるぅうぅ。

親バカならぬ、叔母バカですが、
甥、立派だと思います。
誇らしいと思います。

そして、もう慶應受かってるんだから、受験終わりでしょ?と思ったら、

これまで国立大を目指して浪人したんだから、中期(受験済み)、そして後期日程も受けると。最後までやり切って、そのうえで、どこの大学に行くかを決めると。

おれ、今年は全勝だった!と胸をはる、とし。
やり切ったからダメージないと言い切る、甥。

19歳の若ものからパワーをもらいました。
チャレンジする若者の姿って、美しい。

だとしたら、私は、やっぱり、うちの若者⇒娘のチャレンジも応援してあげないといけないのかな?と、そこでまた娘のことを思いました。
関連記事

| こころ | 2016-03-09 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/03/10 09:36 | |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2016/03/10 22:42 | |














PREV | PAGE-SELECT | NEXT