||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Best Kept Secret読了

クリフトン年代記の第3巻Best Kept Secretを読了し、今、静かな余韻に浸っています。

Best Kept Secret: Book Three of the Clifton Chronicles (The Clifton Chronicles series 3) (English Edition)
Best Kept Secret: Book Three of the Clifton Chronicles (The Clifton Chronicles series 3) (English Edition)Jeffrey Archer

Macmillan 2013-03-14
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読書期間:2015年月10月11日~11月98
語数:101,000語
読書総時間:15時間9分
実質読書日数:23日
購入金額:863円(2015年10月現在)
難しさ:☆☆☆
おもしろさ:☆☆☆
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
総計:75冊 3,609,874語

このシリーズ第二巻目があまりにおもしろかったため、アマゾンレビューでは、3巻目、4巻目で失速という声がありました。しかも、こともあろうか、翻訳本のレビューを読んでいたときに、思いっきり3巻目の結末が書かれてるものがあって、それを知ってしまっていました。。。なので、3巻目にいくかどうかはかなり迷いました。

が、


2巻目がまたまた、「え??ここで終わるのかーーー」という、
アーチャーお得意?の終わり方だったので、

とりあえず、kindleで3巻のサンプル版を無料でダウンロード←頭いい~(笑)

それで、2巻目のえ??どうなるの?の結果はわかったのですが、
そのままの勢いで3巻も購入してしまったのが始まりでした。

感想はというと、
正直、やっぱり1巻、2巻目に比べると中だるみ感はありました。

というのも、中盤は、選挙がらみと株関係の話がかなり続き、
登場人物もなんだか次々増えて、
もう、どの人がどの政党の候補者でそれぞれがどんな立場なのか、

また、株もいろんな駆け引きや
香港ディーラー?なども登場し、
それを陰で操る人やら思惑やらで、

私の英語力では、ついていけない部分もあって、
1巻や2巻のただただ純粋に

ハリーの出生の秘密やら
エマとどうなるの~~

みたいな、人間模様以外の部分では、
興味があまりないだけに、英語力の足りなさも手伝って、
少々間延び感が出てきてしまったのです。

それでも、やっぱり随所に、きらりと光る表現があったり、
何より、一緒にこの本やシリーズを楽しんでる仲間の存在に助けられて最後まで読むことができました。感謝!

3巻を読む人は、いろいろ人物が出てきますが、
ずばり、主要人物は次の4人だと思います。

セバスチャン、フィッシャー、ビクトリア、マルチネス

この4人とそれを取り巻く人々の動向に注意していれば筋はおえます。

フィッシャーは1巻から登場しますが、
そのときは、さほど注目もしておらず、
単なるチョイ役だと思ってましたー(笑)

なので、1巻を読んでる人は、
ちょっとこやつが、そのうち3巻で中心人物になるよという目でマークしておくといいかと思います。

ネタバレすれすれで書くと、
このビクトリアによって、某男性が堕落していくのですが(その後復活!)、女性によってかくも男というのは、落ちていくのかと思いました(笑)

あと、主要人物ではありませんでしたが、
ジャイルスやエマたちの母親であるエリザベスに共感を覚えました。
同じ母という立場で読みました。

彼女の取った行動には胸のすく思いでした!
なのに、、、以下ネタバレにつき自粛。

そして、マルチネスの登場によって
セバスチャンやバリントンファミリーの運命が大きく変わるのですが、このアルゼンチンの大物、

悪役だけどなかなかの頭脳の持ち主です。
ナチスと手を組んであくどいことをやっていたり、
ある有名芸術作品に仕掛けを、、、ネタバレ自粛

とにかく、こうして書いていると、
巷のレビューでは失速と書かれてはいるものの、やはり振り返ってみるとかなり楽しめたと思います。

翻訳本のレビューを見ていると、
「こんな本を原書で読める人がうらやましい」とありました。

私の理解度はおそらく70パーセントぐらいかと思いますが、
そういう意味では、翻訳者を通さず、
著者の語り掛けを直接受け止めながら読めるって幸せなことだと思います。

さ~て、次どうするか?です。
実は、12月TOEICも申し込んでしまったし、、、

でも、洋書を読むことで英文読むのの抵抗なくなったので、
これは、リーディングスコアにも広い意味でいい影響があると思いたい(笑)

で、洋書を読むとして、
このまま4巻に行くか、別の本にいくかです。

いったん他の本でスパイス注入したい思いと、
続けてよまないとそれまでのストーリー忘れそう、、という不安もあるし、

何より、3巻の結末についての、
他の人々の反応(←という言い方しかここには書けない)も知りたいので

とりあえずは、4巻のサンプル版をダウンロードしてみます。
で、また、きっとそのまま購入になるんでしょうねー(笑)
関連記事

| 多読 | 2015-11-08 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

読了おめでとうございます~。
これ何巻まであって完結なの?

すごいな~クリフトンシリーズの専門家になれそう(笑)

このジェフェリーアーチャーは「ラブネタ」入ってる?(爆)
ラブロマンスか、残酷描写ないと、最後まで読めないのよ私(爆爆)

私もジェフェリーディーバーのリンカーンライムシリーズの専門家になりたい思ってるけど、キングに行ったりとか(汗)

洋書を楽しめるこの余裕がたまらんね。。♪
お互い来週もがんばりましょう~♪

| 大阪の主婦 | 2015/11/08 18:27 | URL |

大阪の主婦さん

コメントありがとう~
読了後にこうして、おめでとう~と言ってもらえると嬉しいわ^^

読み終えた後って、ちょっとした高揚感があって、私はいつも読んだ後、多読王国とブクログで更新した後、読了直後の本のレビューを読みに行って、人それぞれの感想を読んでは自分の余韻にも浸るパターン。

このシリーズは、現在出てるのは5巻で、著者の当初の構想では5巻の予定が予想以上に長くなりそうで、どうも完結するには7巻までかかるみたい。

1920年から2020年の100年について書きたいみたいで、今がやっと1959年だったかな?ちょうど私が生まれた年だわ(笑)

ラブネタは多少は入ってるけど、肉弾系(爆)は皆無。割とおとなしめなラブネタ(笑)残酷描写は、私が読んだ中では、2巻中盤あたりに1か所のみかな~でも、そこまで残酷じゃないよー猟奇的でもないし。

というか、ラブネタはともかく、残酷描写好きなの?主婦さん??キングはそういうのおおそうだもんね。

そうそう、洋書って心身ともに余裕がないと読めないので、今の環境は恵まれてると思うわ。勢いで12月TOEIC申し込んでしまったけど、洋書だけは途切れさせず続けたいな~

はい、お互いいい一週間を!

占いによると、今週は特別なうれしいことが飛び込んでくるらしいんだけど、なんだろう~占いあたりますように!

あれ以来、いつものリップつけるときも、「これって、エスティーローダーなんだ!」って思うと誇らしい気分(爆)いいこと教えてもらったわ~というか、私って、コスメうとすぎですよね(汗

| ぴあの | 2015/11/08 22:37 | URL | ≫ EDIT

5巻まで読みました

こんにちは、お久しぶりにおじゃまします。

わたしは5巻まで読みました。ぴあのさんとは本の好みが合うわーと勝手に思っております。
確かに1.2巻と比べると少し勢いが落ちますが、やっぱり面白いです。もうすっかり登場人物に感情移入してしまい、君たちの行く末は見届けるよ・・・という気持ちになって、発売前から予約注文していす。たくさんの人にこの本の面白さを知ってもらいたいですね。

| ぽりりん | 2015/11/10 15:03 | URL |

ぽりりんさん

わ~~ホント、ぽりりんさんとは、本の好みあいますよね~グリシャム本や、kindred、それにドラマもデスパ妻でも気が合いましたよね~

本当は3巻でいったん、休憩で別の本に行こうかとも思っていたのですが、ぽりりんさんも5巻まで読んだというし、私も、ハリー一家の行く末を、まるで近所のおばちゃん感覚で見届けたい!見守りたい!!という思いもあって、今日4巻をダウンロードしました。

4巻、1時間ぐらい読んだだけですが、もう息をもつかさぬ迫力とおもしろさで、やっぱりアーチャーってすごいな~と思いました。5巻はさらに面白いらしいので楽しみです。

もう、こうなったら今年の後半はすべてアーチャーに捧げますわ!!studyplusでは、次々仲間の輪が広がり、このクリフトン年代記を読み始める人が増えてきて、お互いに感想を語り合いながら読めるのが、新しい多読の楽しみとなっています。

ぽりりんさんも、スタプラやってたら、ぜひお友だちになりましょう~そして、ぴあのブック倶楽部にもぜひご参加ください!!

| ぴあの | 2015/11/10 23:23 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT