||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

生き方の目標

来月で手術から丸2年になります。
幸い、体調もよく最近ではすっかりもう病気は治った気でいました。

ロンドンも元気に行ってこれたしね。
もう2年になれば大丈夫って!

でも、それでも、この2年、
毎晩、毎晩、寝る前になると
まるで習慣のようについつい読んでしまうのです。

同病の方の闘病ブログを。

闘病ブログというのは、
元気になった方よりも、今なお闘病されてる方が日々の思いを綴っているものがほとんどで、

時には、しばらく更新が途絶えた後、
ご家族の方が、


〇月〇日、旅立ちました。

と、綴られていることもあって、
いたたまれない思いになることもあります。

それでも、私は、いろいろな生活改善のかいもあって、ここまで順調で、術後は風邪ひとつひくことなく、元気に暮らしていて、このごろでは、家族も同僚も友人も、もうすっかり、私は治ったものだと思ってくれてもいるようです。

でも、なぜか今日、
帰宅後、なんだかとりつかれたかのように
何時間も何時間も時間をかけて、

mixiの病気のコミュニティを読んだり、
闘病ブログを次々と渡り歩いて、

まだまだ、術後2年というのは、
安心できる時期ではないということがわかりました。

かなり、治った気持ちでいた私には、
現実をつきつけられたような気持ちがして、

命のリミットとか、
家族のこととか、
そんなことを考えていたら
いてもたってもいられない不安がどどっとおしよせてきました。

先日、結婚記念日を迎えたのですが、
実は、両親と私たちは同じ結婚記念日で、
その日も母から、

「お互いに元気で結婚記念日が迎えられて良かったね。ますます夫婦円満で。私は八十路を前にボケずに心とお肌を磨きます((笑)」

という何ともお茶目なメールがきました。
今日になって、そのメールを思い出し、

あーー絶対に、両親より先には逝けない。
絶対に絶対に両親よりは長く生きないといけない!

そう思いました。

この年になると、
自分の弱音や愚痴ってそう簡単に吐きだす相手がいません。

闘病中は、夫や娘には随分、弱音を吐いて助けてもらいましたが、もうあれから2年、2人も私はすっかり元気になったものと思っています。もうこれ以上、心配をかけたくはありません。

もちろん、年老いた両親には、不安のかけらも見せるわけにはいきません。

なんだか、今日はひとりでいっぱいいっぱいになっていて、夜は、ぴえも不在だったので、ひとりでご飯を食べながら、今日のドラフトの特番、「お母さんありがとう」みたいな番組を見ていたら、

高校2年にお母さんを亡くした選手が、お母さんとの二つの約束、「甲子園に出ること」「プロ野球選手になること」についてのドキュメンタリーがありました。

サッカーをしていた息子とその選手がだぶって、胸がつまり、涙がポロポロ流れてきました。

ちょうど息子に用事があったので、LINEで連絡をとると、

「今、北海道ー」
「出張で」
「寒いよー」

に続いて、なんとなんと、

「そろそろ2年か?」って。

びっくりしました。
私の今日の心の動きをまるで知ってるの???

そして、それに続いて、息子から、

「いつまでも俺の『生き方の目標』でいてくれ」
「親父と一緒に!」

って。。
もう、泣けましたーーー
心が通じ合ったようで。

まだまだ、私は、やりたいこと、行きたい所、みたいこと、食べたい物(笑)、いっぱいあります。

どらむ達の子供が生まれるのだって見たいし、にゃるの花嫁姿だってみたい。

ましてや、あの、どらむに、俺の生き方の目標でいてくれなんて、ありがたいお言葉を頂戴したのだから、まだまだがんばらないとーです。

秋の夜長、ちょっと感傷に浸った夜でした。

関連記事

| 息子 | 2015-10-22 | comments:4 | TOP↑

COMMENT

生き方の目標か~。読んだわ。。。
子供に支えられるってことあるよね。。。。

自分自身が「どう生きていくか」を考えるときあるんだけど
結局答えでないわ。

滅私奉公のように、息子の命を輝かせるのに必死で(汗)

目の前の日々をこなすのが精いっぱいなのが現状でね。(汗)
まだブログ書ける余裕があるからましだな(爆)

お互い一日一日。。。

| 大阪の主婦 | 2015/10/23 16:05 | URL |

大阪の主婦さん

コメントありがとう~
しかも、コメントしづらいだろうこの記事に。感謝!

実はね、私も主婦さんの真似して、1週間ぐらい前にコメント承認制にしたんだけど、だれから~もコメントなくて、どんなふうになるかわからなかったんだけど、今日の主婦さんで承認コメント第一号!!ちょっとこれでしばらくやってみますわ~

子供、29歳と26歳になって、いつのまにか子供の発言に教えられることいろいろあるようになったわ。特に入院してたときとか、「え?いつのまにそんなこと考え、言えるようになったの??」とその成長にびっくりしたな~

で、昨日、息子に「生き方の目標」と言われ、私、そんな目標になるようなことしてるのか?と自問自答。そして、母親にいまだ素直になれてない自分を反省し、今日は、思い切って、本当に思い切って、私から母親をランチに誘いでかけてきました。

なんか勝手にずっと自分の中にわだかまりがあってね。。。ずっと二人っきりになるのを避けてきたけど、今日、すごく喜んでくれてね。ランチの帰りにパン屋とスーパーに寄って、パンやら野菜やらお花やら買ってもらいました(笑)

親孝行とかって、そんな大げさなことじゃなくて、こんな身近なことでもいいんだなーと再認識した次第。息子の発言で背中押してもらって思い切って母を誘って本当によかったわ。

お互いこうしてブログを続けてることで、こうして笑ったり、語り合ったりできること嬉しいよね~。特に主婦さんのところは、記事だけじゃなくて、コメントの応酬からもいっぱい学ばせてもらったり、笑わせてもらったりして感謝だわ~。

ホント、1日、1日。その積み重ねだね。いろんなことに。

お互い、いい週末になりますように~~。
私もボキャビルとPB楽しみます~

| ぴあの | 2015/10/23 16:51 | URL | ≫ EDIT

わかりますよ、そのお気持ち。
って私が言うとリアルでしょ?(笑)

私は、もうこれで大丈夫!と完全に安心しきることはきっとないんじゃないかと思います。
一度身を持って体験すると、「人生いつ何があるかわらんもんだ」と思うし、それは私だけでなく全ての人に言えること。
ただ、それに気付いているかどうかの違いがあるだけ。

闘病ブログ、私もたまに読みますが、私が読みに行く方は治療後も元気にされていたりします。何ならパワーアップされてるような方も。闘病記もなぜかカラッとした明るさがあったりして悲壮感があまりない。そりゃまあ、落ち込むこともあるでしょうが。

最近、ごく身近な人が実は同じような病気に罹患していることがわかってびっくりました。たまたま私が自分の病気のこと話したので、「私も」となって。彼女にいたっては、余命宣告までされたそう。治療法があまりないようで今は無治療。経過観察だけのよう。でも、生き生きと人生送ってるように見える、すごく明るい女性です。たぶん、私もそうですね。傍から見れば、好きなことして輝いてるように見えるだろうな。

でも、やっぱり心の内には色んな葛藤を抱えています。彼女もそう言ってました。人にはあまり見せないけれど。

「人生何があるかわからない」というのは良い意味でも悪い意味でも真実。青天の霹靂のように病気宣告されることもあれば、治療を乗り越えてダンスしてたり、新しい仕事にチャレンジしたり。予想外の展開もありあます。

私たちは皆、プラスの可能性もマイナスの可能性もはらんだゼロの地点で生きている。ただ心が揺れ動いて、不安に駆られ、マイナスの方に自ら向かっていってしまうことがある。そんな時はもう一度ゼロ地点を思い出して、ニュートラルにいられたらと思います。

長いコメントになってしまいました。
来月の検査、良い結果だといいですね。
そしたら一度、一緒に祝杯をあげましょう。

| lady green | 2015/10/26 10:04 | URL |

lady greenさん

こんばんは~
lady greenさん、先日の検査結果がいい結果でよかったですね!読み逃げでコメントもしませんでしたが、よかったな~と思っていました。

確かに、人はそれが意識の中にあるかないかに関係なく、ある意味平等にゼロの地点で生きているのかもしれませんね。術後1年たたない間は、どこか自分で自分を悲観して、回りが普通に使う、未来の言葉にとても敏感になってる時期もありました。

でも、今2年近くになって(今日で術後1年11か月です)、私自身も無意識に、「来年は、~」とか「3年後には~」なんて言葉を発してることに驚いたりもしています。嬉しい驚きです。

私のように病気をしたり、抱えたりしてなくても、ある日突然事故にあうかもしれないし、去年、御嶽山の噴火のときには、元気に登頂した人が何人もなくなって、まさかこの人たちは、その日、自分が亡くなるなんて想像もしてなかっただろに、、、と思いました。

そういう意味では、私のように、どこかで覚悟しながら、日々、楽しく、大事に過ごしてる人生も悪くないのかもとも思えました。

そうですね。どこまできたから、これで安心という境地には到達できないのかもしれませんね。いったん罹患すると。でも、これをマイナスではなくプラスに受け取って生きていきたいなと思います。

少なくとも病気をする前の私より、病気をしてからの私の方が、自分で好きだし、今がすごく幸せだとも感じられていることが嬉しいです。

来月の検査結果が旅行で無事3年生になり、いつか卒業できるといいな~と思っています。本当にいつか、一緒に祝杯があげられる日がくるといいですね。

コメントありがとうございました。lady greenさんも、いろいろなことにチャレンジされてて、刺激を頂いています。

| ぴあの | 2015/10/26 21:41 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT