||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

出張、作ってくれてありがとう

1週間位前に、
どらむ(息子)から出張でこちらにくるので
金曜夜にうちに来て1泊して土曜の最終で帰るとLINEが。

ひゃ~~~どらむが帰ってくるのはお正月以来だ。
さっそく娘にも召集をかけた(笑)

日曜は私の誕生日、
これは私のために出張を作ったのかも(笑)

金曜夜8時頃に駅に着くといい、ぴえが車で待機、
ところが商談が長引いているとやらで30分ぐらい遅れてやってきたそう。

その頃、私はふだんはぴえ任せの晩御飯を取り仕切り(笑)
どらむ受け入れ準備で大わらわ。

9時半ごろになってようやく息子&ぴえ到着。
娘もすでにきていて、早速家族4人そろっての晩御飯~

昔は当たり前だった家族での晩御飯、
今では、


こうして半年に1回あるかないかなんですよね。
結婚してからのどらむはすっかり穏やかになって、

昔はいっつも悪態ついていじめてた妹にも優しく、
妹のカレシについての話なんかの恋愛談議までして、和やかに談笑。

土曜の朝、どらむが起きてきて、
「母さん、誕生日おめでとう!」と。
「誕生日は明日だよ~」
「そっか~じゃ、また明日言うわー」って(笑)

で、朝食食べた後は、お客さんとのアポがあるとかで
私の車で出かけていきました~
はじめて息子が仕事に行く姿を目にした~(笑)

お昼過ぎに「あと20分位で帰る」とLINEが来たので、
夫ともに待機して、3人でランチへ。
その後は皆で大型書店へ。

夫が、「好きな本あったら買ってやるぞ~」と言うと、
「え?本当にいいの?嬉しいな~」と息子。

普段から気になる本の情報をiPhoneに入れてるそうで、
「なんにしようかな~ワクワクするな~」と言いながら、
この本を持ってきた。

この世で一番おもしろい統計学――誰も「データ」でダマされなくなるかもしれない16講+α
この世で一番おもしろい統計学――誰も「データ」でダマされなくなるかもしれない16講+αアラン・ダブニー グレディ・クライン 山形 浩生

ダイヤモンド社 2014-01-31
売り上げランキング : 1870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今年の2月に転職したばかりで、
それも大手企業から30人のベンチャーに移った息子、
年収もダウン。

本はなるべく図書館で買うようにしてるけど、
手元に置いておきたい本もあるようでリストにしてるし(笑)

ぴえが、「1冊でいいのか?他にはないのか?」と聞くと、
「え?まだいいの?じゃあ~」と言って、今度はこれを、

ビジネスモデルの教科書: 経営戦略を見る目と考える力を養う
ビジネスモデルの教科書: 経営戦略を見る目と考える力を養う今枝 昌宏

東洋経済新報社 2014-03-28
売り上げランキング : 10053


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


帰宅後は、息子、
物置からグローブ2つとボールを出してきて、
「おやじ、キャッチボールしようぜ~」と。

2人、うちの前の公園へ。
59歳の父と29歳の息子のキャッチボール。

私は、、、
うちの2階の公園が見える部屋の窓から二人の様子をしばし見てた(笑)

ここ1年ちょっと断捨離中の私は、
息子の部屋の物を整理したくて、帰ってきた息子にちょっときて~と声をかけ、

中学高校時代のサッカー関係のユニフォーム類や私服、
それに、机の中のものをどうしようか?と相談。

引っ越しを何度も経験してる息子は判断も早く、
ぱぱぱっと仕分けしていく。
ほとんどが全捨て(笑)

で、息子が「いらない」と捨てる方の箱に入ったものを、
「え?これはいるでしょ~」と取り返す私(笑)

机の引き出しの整理に入った時、
「わ~手紙類とかは困ったな~ま、でも基本、全捨てで」と。

私がちょっと用事で下に降りてきて戻ってくると、
息子が捨てるつもりだった手紙を順番に読んでいたようで(笑)

「これは捨てられないわー。いいこと書いてあるし、持って帰る」と。

誰からの手紙?とちらっと見ると、
封筒の裏に、

「母より」
とあった(驚)

え?母さんからの手紙?と聞くと、
「そう。おれが中3の受験前の一番辛かったときにもらったやつ。
いいこと書いてあるわーーー。」と。

へ~~~私、何書いたんだろう?
でも、そう言って持ってってくれるんなら嬉しいなー。

小学校1年から大学受験まで使ってた机の引き出しには
どらむの思い出、歴史がいっぱいつまっていて、

その引き出しを全部整理することで、
写真1枚1枚見たり、ひどい成績表に驚愕したり、手紙や年賀状を読むことで、

なんだか、また思うことがあったのか、
整理した後に、リビングに行って、父親に、

「おれって、まだまだ父さんと母さんの子供だなー」って。

ぴえが、

「おれだって、まだまだじいちゃんとばあちゃんの子供だよ」と返すと、

「そうか、そんなもんか」と息子。

結婚して一人前になったつもりでも、
そりゃ、いつまでたっても私たちにとってはまだまだ子供ですよね~

夜になって、また娘がうちに来た。
娘も今年の春に転職したので、

息子と娘で名刺交換(笑)
すると、息子が、「あれ??おまえもチーフかー」と。

なんと、息子は営業チーフで、
娘は(ホテルの)フロントチーフ。
そうか、2人の子供たちはチーフなのかー(笑)

楽しい時間はあっという間で、
ノンアルコールですませたぴえがどらむを駅まで送っていき、
最終の新幹線で彼は帰っていきました。

今回の出張は、やはり「作ったらしい」
でも、「何も買ってこなかった~~」と。

私にとっては、こうして顔を見せてくれたことが
そして家族で一緒に晩御飯を食べることができたことが
何よりのプレゼントでした。
関連記事

| 息子 | 2015-09-21 | comments:0 | TOP↑

COMMENT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT