||| admin || NewEntry |||

今日を楽しく♪

今日も楽しくこつこつと英語学習しています!

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本日のレッスン回顧録

Rとのレッスンは毎週木曜、金曜に受けていますが、
木曜は1週間ぶりなのでフリートークになることが多いです。

今日も、どうしてた?という話から始まったので、
前回記事にしたように、「お盆に感じた母の老い」について話しました。

最近、私の英語はつくづく、
ワンパターンだな~と思っていたので、
今日は単文ではなく複文で!

そして思ったことをただスピーディーに言うのではなく、
時間がかかっても頭の中で英作文しながら
正しい文型や構文を意識しながら話すようにしました。

いや~当たり前のようですが、
日本語ではさらっと言えることでも英語だと言えませんね(笑)

以下は、今日私が話したことを備忘録のために記録しておきます。


まずは、6月に父がアクセルとブレーキを踏み間違え、
お店の壁に車をぶつけたことを機に運転をやめたという話。

この「アクセルとブレーキを踏み間違えた」
こんなことがさらっと出てこない。

しかもアクセルって英語だとacceleratorになるなんて知らず、
普通に日本語英語でアクセルと言ってたら直されました。

He stepped on the accelerator insted of the brake by mistake.


で、車の損傷はもはや修理できるものではなかったので廃車にしたというくだり

The damege to his car is beyond repair.

beyond repairは言えたのですが、damage of と言ったらtoに直されました。
辞書で調べると、確かに 

「damage to: ~への損傷」となっていました。

で、父は車を廃車にし、運転しないことに決めたのですが、
「両親は公共交通機関の便利なところに住んでるんだ~」という英語。

They live in a location with convenient public transportation system.

これは、彼らは(~所に)住んでる⇒便利な⇒公共交通機関がある
と頭から付け足していく感じでできました。

そこから、車がない両親を私たち夫婦が載せて墓参りに行き、
そこで、「いかに母が年取ったかを感じた」というところ。

この「いかに母が年取ったか」という部分かなり苦戦して何度も言い直しました。

I've noticed how much older my mother has become.

これ、実は私は過去形で言ったのですが、
現在完了形に直されました。
こういう時制の感覚がやはり苦手です。

「気づいた」の部分もrealizeを使ったけど、noticeに直されました。
realizeとnoticeの違い、使い分け、次回聞いてみよう~

で、母の老いは感じたものの、
父は元新聞社勤務でニュースに明るく、
何事にも興味を持ち、スマホでLineやtwitterもしている。

「そんなライフスタイルだからいつまでも若々しい」という部分は、

Such a lifestyle can make him remain youthful.

これはしゃべりながら、頭の中で
「え~っとこれはSVOC構文だから、makeの後はhimで、
その次は形容詞がいるぞ~youngか~」なんて考えながら言ったら、

youngじゃなくて、youthfulと直されました。
はじめ、youthfulと聞いたときは、

は?useful????
役に立つ?
なじぇ???
と思ったら、youthfulだったー(笑)

youthfulなんて単語、知ってはいても使ったこともなかったー
辞書でチェックすると、

youthful:わかわかしい、溌剌とした

と出ているので、やはり今の文脈ではこの単語がいいですね。
本当にRonは瞬時に私の言いたいことをくみ取り、
コレクションしてくれるので助かります。

で、いよいよ会話の締めの部分(笑)
日曜に母の老いを感じ悲しくなったものの、
火曜に娘がドライブに連れて行ってくれて、
それがすごく楽しくて、

運転してくれたり、さらっとおみやげを買ってくれたりする
そんな娘の成長が嬉しくて、

「両親が老いるということは、一方で(同時に)私の子供たちが大人になり成長しているんだ!そんな事実に気づいた」と言いました。

I realized the fact that my parents have become much older and at the same time how much my own children have grown up.

新聞記事やニュースなどについてのディスカッションもいいけど、
こうした普段の生活の中でなにげなくおこること、
そこから感じたことや心の動き、

そういうのも、丁寧に伝えることで
すごく自分自身の勉強にもなったし、

それをきちんと受け止め、
共感してくれることで、
さらに信頼関係が深まったような気がしました。

私のストーリーの後には、
Rが大学時代に1年半ぶりに帰省したときに、
あることがあって、初めて感じた母親の老い、
その瞬間(the moment)について語ってくれました。

なんか、その話を聞きながら二人でしみじみ。
そして、あと10年後とか20年後とかには、
私の子供たちがきっと私のことでそんな風に感じる瞬間がくるんだろうな~

なんて話でまたしみじみ。

かと思ったら、こんな風に私が脳を使って
英語を話してれば、dementia防止になるよね~で二人大笑い。
「レッスン後は脳を休めてね~」とも言われた(笑)

二人、時間を忘れて話し込んでいてふと時計をみたら
すでに55分もたっていて、今日も記事はできなかったー

「でも、いっぱいcorrectionしてくれてありがとう~」と言うと。

That's my job!

と。かっこええ~~(笑)

彼女とは2011年8月からの付き合いだから、
もう丸4年!来月からは5年目がスタートか~
ありがたいことです。
関連記事

| A&A | 2015-08-20 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

豊かですね

ぴあのさん、
素敵な記事をありがとうございました。
心がほんわかしました。

ぴあのさんとR先生との関係、本当に素敵ですね。そして、「老い」ですが、ぴあのさんが、様々な人たちとの関係を大切に生きていらっしゃることが、ぴあのさんのこれからの生活をますます豊かにしてくれるのでは?と思いました。

私自身あまり友人が多い方ではないのですが、こうやって縁あったぴあのさんはじめ、ぴあの塾のみなさんと切磋琢磨しながら老いても良い関係性を築いていけたらいいなと改めて思いました。

| ryutao | 2015/08/20 13:38 | URL |

ryutaoさん

嬉しいコメントありがとうございます。
studyplusでもやりとりはしているけど、やっぱりこうしてブログでコメントもらうと、なんだか心が通じ合ったような感じで嬉しいです。

今日Rとも話していたのですが、母の老いについては、頭ではわかってるのです。年齢的にも、父82歳、母79歳ですから、頭ではわかっているのに、心では受け入れられてないのだと思います。

今年は2期生募集はしたものの、その後、夏祭りのような形での1Dayレッスンの募集などもしてないので、(塾生からのメンテナンスレッスンはご要望があるときにやっていますが)、ちょっと塾としての勢いがないかな?と思っていたのですが、ryutaoさんが、そんな風にぴあの塾や塾生とのつながりを大事に思ってくれてることがわかりとても嬉しいです。

私の壮大な夢のひとつは、私の大好きなハワイでぴあの塾のオフ会をやることなんですよ~。それぞれが家族でとか友人ととか、ひとりでとかハワイ入りして、オフ会のひと時だけは、塾生みんなでシェアし、一緒に私の大好きなハワイの風に吹かれる~みたいな。

いつか、これが実現したら嬉しいな~
あ、このこと、さっき提出した今月のお題の最後に書いてこよう~(笑)

こちらこそ、せっかく頂いたこのご縁、いつまでも末永くよろしくお願いします!

ryutaoさんが、今後、英検準1級、TOEIC900、英検1級とステップアップしていく姿、ずっと見守り、応援していきますよ~

| ぴあの | 2015/08/20 14:08 | URL | ≫ EDIT














PREV | PAGE-SELECT | NEXT